ついにクラウドファンディングの募集期間が終了しました。

ご支援していただいた皆様には本当に頭が下がります。ありがとうございました。

 

さぁ、これからはサービスの提供に向けて店舗の選定とWEBアプリケーションの仕上げが待っています。

 

ご支援いただいた皆様にオリジナルTシャツの配布を始めます。

まずはこちらから一度ご連絡を差し上げますので、サイズなど教えていただければと思います。

 

そして、ネクストスタンダードの経営に口出しできる権利を持たれている皆様を秘密のフォーラムにご招待させていただきます。

 

 

人気居酒屋が10万円で「生ビール一生飲み放題の権利」を販売開始 「710万円も得します」(痛いニュース)

実は、スナックうまい棒を経営している時にバズった事があります。

仕掛けは全ドリンク一生無料券を販売したことでした。

 

しかし、フリーランチプロジェクトはバズだけでは終わらせません。

飲食店革命を起こしたいと思います。

 

もっともっとフリーランチについて語る場所がほしいなー。

▼ホリエモングルメ祭り福岡に参加してきました。

 

なんとツイッター経由で堀江さんから直接参加依頼をされまして、今回福岡で初開催されるホリエモングルメ祭りに参加することが出来ました。

 

私の作り上げたコンテンツが一定の評価を得たのだなーとも痛感いたしました。

堀江さん、HIUの皆様本当にありがとうございました。

 

今後はフリーランチを拡大し、飲食店ビジネスに大きなインパクトを残せるように精進したいと思っています。

 

このクラウドファンディングに支援していただいた皆さんは、月額500円(税別)でサービスを受けることが出来ます。

 

サービスローンチ後は、以下の料金体系でサービス展開をする予定です。

是非この機会に参加ください。

 

Amazonがレジに並んだり、お金のやりとりをしなくなったりしたらもっと便利なのにという発想からただいまベータ版で運営しているAmazon Goっていうレジなしスーパーなんですが。

これって飲食店にも応用できますよね。

フリーランチの会員は月額会費を払ってくれたら無料ですから、有料のトッピングを追加しても支払いは翌月末なのでその場でのお支払はなしです。

食事が済んだら颯爽とその場をでていくことが出来ます。

 

フリーランチの大きなメリットにランチ代を節約できることがあげられますが、
一体どのくらい節約出来るでしょうか?

新生銀行のお小遣い調査によるとサラリーマンの平均的なランチ代は687円でした。
これは30日で20610円ランチ代に使ってることを意味します。

それが500円になります。
2万円の節約です。

年間24万円です。年に一回の家族旅行に行けます。
10年間で240万円です。新車が購入できました。

22歳から65歳まで働き続けて40年間では1000万円の節約になるのです。
4人家族で計算するとさらに多くのお金を節約することができます。

 

新時代が到来するのです、必ず私達の言ってるような未来が訪れます。

スウェーデンの現金使用率は2パーセントだそうです。

キャッシュレス社会が到来するのです。

参考:http://jp.techcrunch.com/2017/03/01/20170226cash-is-no-longer-king/

 

【経過報告】