おはようございます。

昨日で50日間の長い挑戦が終わりました。

5/26から開始したO.E.Tのクラウドファンディングはの結果は・・・

目標金額の109%、合計872000円

の支援を頂く事が出来ました!!

大大大成功です!!!

本当に感謝しても仕切れません。

O.E.Tに最高のスタート台を用意して下さった皆様、ありがとうございます!

そしてここからが僕達の本当の始まり。

まずは7/20、皆さんに最高の音楽を届けます。

そこで終わらずにこれからもっと大きなオーケストラを目指していきます。

これからも何卒よろしくお願い致します!

 

O.E.T代表 水野蒼生

こんばんは。当プロジェクトオーナー、O.E.T代表の水野蒼生です。

 

先の週末でオーストリアの首都であり音楽の都、ウィーンを訪れました。

理由は、ウィーン中央墓地の第32A区。楽聖ベートーヴェンのお墓参りです。

夏のベートーヴェンの作品にFeatureした結成記念公演"Opening"に向けて、少し時間が空いたのでザルツブルクから脚を伸ばし、代表として挨拶してきました。

ベートーヴェンはウィーンで1827年の3月26日、56歳で亡くなりました。

その葬式にはウィーンの市民2万人が駆けつけ(当時の人口から考えると更に凄い割合!!)、当時のスターであった彼を弔いました。

 

クラシック音楽の代名詞とも言われる「ベートーヴェン」。

今でこそスタンダードですが当時では若者に大人気のセンセーショナルな音楽で、まさに音楽の時代を切り開いた人物なんです。

だから、クラシックの入口のカギとして再びクラシックムーブメントを作るO.E.Tは、旗揚げ公演にベートーヴェンを選びました。

そんなベートーヴェンの音楽の持つエネルギーこそ僕ら若手オケであるO.E.Tのコンセプト、演奏の方向性的にもぴったりだと思いこのプログラムを選びました。

ベートーヴェン本人はこの石の下で眠っていますが、彼の音楽は200年近くの間世界中で生き続けています。そしてこの夏に僕らの演奏するベートーヴェンからクラシックの新しい時代を始めます。

 

当プロジェクトオーナーのブログにて、O.E.Tに関する記事が昨晩更新されました!

今回演奏する作曲家ベートーヴェンの最高傑作のひとつであり集大成的な作品、交響曲第9番(通称ー第九)の歌詞を現代的な日本語に超訳してみた記事ですが、なんとこの記事が大きな反響を呼び、24時間足らずで既に2300PVを記録しました!

 

ぜひご一読ください、そしてベートーヴェンの音楽が持つメッセージ性を感じ取ってもらえたら幸いです!

http://aoi-muzica.hatenablog.com/entry/2017/06/09/181748

プロジェクトを立ち上げてから最初の2週間が終わり、

これまでに21%の17万5千円のご支援を頂けました。

本当に、本当に、ありがとうございます。

 

そして昨日から3週目に突入、残りの期日も一か月を切りました!!

残り30日ですが、意外と時間はありません。

 

なんとしてでも残りの79%を集めプロジェクトを成功させ、最高の形でO.E.Tの船出を迎えたい!

そしてこのプロジェクトをきっかけに多くの人にクラシック音楽に興味を持ってもらいたい!

 

そのためにO.E.Tはこれからも全力を尽くしていきます。

そして是非今後も拡散など、お力添えをよろしくお願いします!

 当プロジェクトオーナーのブログにて、このプロジェクトを紹介する記事の第二弾がアップされました!

オーケストラのコンサートに行くという体験を魅力的に楽しむ方法を書いています。

梅雨が明けたばかりの夏の始まりの夜に、3000円で出来るちょっと魅力的な体験を、僕らO.E.Tと作りませんか?

 

「3000円の魅力的な使い方。」- 蒼い日々の中で

http://aoi-muzica.hatenablog.com/entry/2017/06/06/214456