パトロンの皆さま、こんにちは。

新年度から2人体制でスタートした忽布古丹醸造、

あっという間に4月が過ぎ去りました。

ブルワリー工事は、壁を壊したり、天井を抜いたり、床に穴開けたりといった解体工事はほぼ終了。

床や天井を仕上げたり、つい先日は大き目の冷蔵庫を設置したりと、少しずつではありますがブルワリー完成に近づいてきています。

GW明けには醸造設備の搬入を予定しているので、見た目も一気にブルワリーっぽくなっていくのではないかと思います。

 

ところで、上富良野のホップ栽培はGW期間中に集中した作業があるため、昨年同様、忽布古丹醸造も畑でホップ生産者のお手伝いをさせていただいてます。

 

ホップのお世話をして、ビールのお世話をして、

なまら楽しく充実した2018年の忽布古丹醸造になりそうです!

 

7月の醸造開始を目指して、引き続き準備を進めていきます。

それではまた次回の活動報告でお会いしましょう。

 

HOP KOTAN BREWING 堤野

※4月8日、パトロンの皆様にリターンについての確認メッセージをお送りさせていただきました。まだご確認いただいていない方、お手数ですがメッセージをご確認いただき「お返事」をいただけますでしょうか。よろしくお願い申し上げます。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

お陰様で忽布古丹醸造は、ブルワリー開業に向け忙しい日々を過ごしております。

 

今日は4月1日。

北海道の桜開花はまだ約一か月先、まだまだ名残雪。

それでも春です。新年度のスタートです。

 

HOP KOTAN BREWINGも本日から、新体制にてブルワリー開業準備を進めていきます。

先月、私(堤野)個人のSNSではお知らせしましたが、

改めましてHOP KOTAN BREWINGから皆様へお知らせいたします。

 

本日4月1日、HOP KOTANに強力なメンバーが加わりました。

新メンバー:植竹 大海

2月末まで「うしとらブルワリー」のヘッドブルワー(元COEDO BREWERYヘッドブルワー)だった植竹氏が、この度HOP KOTANに加入。
人気実力ともに国内トップクラスのブルワリーであるCOEDO&うしとらでビールを造り続けてきた彼の加入は、私にとっても心強くとても嬉しく思っています。

 

じつは、私にとって人生初のコラボレーションブリューのお相手が植竹氏。2013年の夏でした。(当時うえちゃんはCOEDO、私はNORTH ISLAND)
彼の技術、知識、センス、ビールと向き合う姿勢、そして人柄、勉強になることばかり。彼から受けた刺激が、今後私がHOP KOTANで造ろうとするビール、そして目指すブルワリーの方向性に影響を与えているのも事実です。

 

私がHOP KOTANで造りたいビール、伝えたいメッセージ、叶えたいブルワリーのカタチ、

私が思い描く理想のHOP KOTAN BREWINGの実現のために、彼の力はとてもとても強力な存在としてHOP KOTANの歴史に名を刻んでくれることでしょう。

 

現在、ブルワリーの工事、酒類製造免許の申請、その他、開業に向けた全ての準備を並行して進めております。

醸造開始は7月から、販売開始は8月からの予定です。

 

さあさあ、面白くなってきましたよ。
HOP KOTAN BREWING どうぞお楽しみに!!!

 

忽布古丹醸造株式会社

代表 堤野 貴之

 

2018.3.30 富良野市にて

2018.3.30 上富良野町(@HOP KOTAN BREWING)

活動報告

工事スタート

みなさん、こんにちは。

 

HOP KOTAN BREWING 堤野です。

 

パトロンの皆さまには今月上旬にメッセージをお送りさせていただきましたが、

忽布古丹醸造はブルワリー開業に向けて一気に動き始めます(動き始めています)

とは言え、いまだに一人ぼっちで全ての準備を進めているため効率性は何とも言えませんが・・・(でも4月1日には1人入社が決まってます。さらに5~6月に1人募集する予定)

 

さて、や~~~っと活動報告らしい情報発信ができるようになりましたのでさっそく。

 

昨日2月19日から、ブルワリー改修工事が始まりました!

場所は、

北海道上富良野町西8線北33号 深山峠

ブルワリーからの雪景色(2018.2.16)

大自然に囲まれながらも、おそらく世界一観覧車の近くにあるブルワリーになります(笑)

 

今回は既存建物の約4分の1のスペースを間借りしてブルワリーをつくります。

希望する面積をお借りすることができなかったため、理想の面積とは言えませんが、

今までの経験をもとに、省スペースでも美味いビールを造れる工場にするつもりです。

そんなこんなで、テイスティングルームもつくれないのですが、例えば月一でブルワリー解放デーのようなものを開催して、皆さんにビールを飲んでいただける機会を設けるつもりす(それ用のタップを工場に設置予定です)

 

工場改修工事費もかなり巨額で痺れる金額です。さすがに床や壁を自分でつくることは出来ませんが、配管の断熱材など、可能な範囲で積極的にDIYもやりつつ工事費用を少しでも抑えていこうと思っています。

ブルワリーからの景色①(2017.11)

ブルワリーからの景色②(2017.11)

 

今後、不定期にはなりますがブルワリーが完成するまでどんどん活動報告をUPしていきますね。

パトロンの皆さん、お楽しみにです!

そして改めてありがとうございます!!!

(※リターンについて近日中にメッセージ致します)

 

忽布古丹醸造㈱ 代表 堤野

 

【イベントのお知らせ】

久しぶりの投稿になります。

私、忽布古丹醸造・堤野は来年のブルワリー開業に向け、悪戦苦闘しながら準備を進めているところです。
思った以上に予定通りに進まない事も多く、焦りが募る日々ですが「なまら美味いビール」をお約束しますので、気長にお待ちいただけると嬉しく思います。(開業が少し遅れちゃいそうです...)
ベストなタイミングで活動報告ができずにいるのですが、9月上旬に終了した今シーズンの上富良野ホップ収穫についてや、ブルワリー開業準備の進捗についてなど、パトロンの皆さんに近況報告をしていきたいと思っています。

今回は10月15日(日)に上富良野で開催されるイベントについてお知らせいたします。
私が実行委員を務めるSapporo Craft Beer Forest 2017でも少しだけPRさせていただいたイベントです。

「摘みたてホップのできたてクラフトビールの集い in 上富良野収穫祭」

来年から忽布古丹醸造がビール造りをはじめる町、上富良野でクラフトビールが飲めるイベント。
忽布古丹醸造が使用するホップを栽培してくれるホップ生産者の発案で生まれた企画です。
ホップ生産者が北海道のブルワリーへ「収穫したてのホップをつかったビール造り」を提案したところ、5社のブルワリーが参加表明。生ホップで仕込んだブルワリーもあります。
忽布古丹醸造は今、開業に向けていろいろなホップなご縁の中で、上富良野産ホップの使用方法を色々と実験、検証しつつ「HOP KOTAN BEER」の構想を練っている最中。
サッポロビール以外で、忽布古丹よりも先に上富良野産”生ホップ”ビールが登場するのは、個人的にはなんだかちょっと複雑な心境でもありますが、イベント当日はどんなビールが揃うのか今からとても楽しみです!!!

<参加ブルワリー>
ノースアイランドビール (江別)
ニセコビール (ニセコ)
大雪地ビール (旭川)
帯広ビール (帯広)
薄野地ビール (札幌)
<場所>
上富良野公民館 (上富良野町富町1-3-25)
<時間>
ビール販売:13:00~16:00
バスツアー参加の方は14:00~15:30 (90分)
※16:00~19:00は上富良野町民優先の「ビール会」となるため、町民以外の方の参加は13:00~16:00をおすすめします。

「摘みたてホップのできたてクラフトビールの集い in 上富良野収穫祭」へのご参加は、
札幌からの日帰りバスツアーがとてもお得で便利です!!!
詳細はフライヤーをご確認ください。
また、ツアーの詳細&予約はCBツアーズのHPからお願いします。
http://www.cb-tours.com/programs/y0e089.html
ご予約はお早めに!

バスツアーについてのお問い合わせはCBツアーズへお願いします。
イベントについてのお問い合わせは下記メールアドレスへお願いします。
ypchf721_na@yahoo.co.jp (担当:稲葉)


10月15日、上富良野で乾杯しましょう!!!

活動報告

ホップの様子

みなさん、こんにちは。

昨日7/31は、忽布古丹醸造ブルワリー(工場)の改修工事の打ち合わせ、

その他諸々、上富良野にて大事な用事があった一日でした。

全ての用事を済ませて札幌に帰る前に、毎回恒例のホップ観察。

昨日は一日中雨でしたが、ホップは元気に成長していました。

10日前はまだ毛花だったのですが、

昨日は、やっと皆さんも見慣れた「ホップの姿」になっていました。

ホップの成長に負けぬよう、工場の準備も進めます!