「福島関連デマ」を撲滅する!――エビデンスベースの冷静な議論をするために

集まった支援総額
¥5,481,566
パトロン数
617人
募集終了まで残り
終了

現在274%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2017/04/04に募集を開始し、617人の支援により5,481,566円の資金を集め、2017/05/16 23:59に募集を終了しました

「デマ・差別」事例をデータベース化し、科学的知見をリスト化することで、「福島関連デマ」の撲滅をめざします!

シリーズ「不条理の壁を越えて」をスタートしました。

「STOP!福島関連デマ・差別」をご支援いただきありがとうこざいます。

本日は、シリーズ「不条理の壁を越えて」をスタートしたことをご報告します。

すべての子どもたちが福島に生まれたことを誇りに思えるように
南相馬・番場さち子さんに聞く / 服部美咲
http://synodos.jp/society/19619

福島の人びとを苦しめている、デマや偏見による理不尽な差別があります。このシリーズでは、そうした経験をひとつずつ丁寧に集めていこうと考えています。

すでにクラウドファンディングの目標金額は達成しましたが、わたしどものプロジェクトの拡大と持続性のために、ひきつづき拡散等のご協力をいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

シノドス国際社会動向研究所代表理事 芹沢一也

「STOP!福島関連デマ・差別」ツイッターをはじめました!

シノドスの芹沢です。「STOP!福島関連デマ・差別」プロジェクトにて、ツイッターを開始しましたので、ご報告いたします。

https://twitter.com/StopFdema

世に出回っている「デマ」と実際のところの「事実」を組み合わせて、ほぼ毎日更新していきます。

何らかのデマが拡散しているときには、「緊急デマ速報」を流したりする予定です。

また、「STOP!福島関連デマ・差別」からのお知らせ、新着情報はツイッターにて告知していきますので、ぜひフォローいただけますと幸いです。

少しずつ、できることから始めていきます。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

「福島関連デマ・差別対策基金」を設立します

みなさまからのたくさんの応援により、本クラウドファンディングにつきましては、予想を遥かに上回る勢いでご支援を頂いております。心より、厚く、厚く御礼申し上げます。 

この6年以上の間、伝えられるところもなく、かき消されてきた声。
一人ひとりの胸にしまわれたままの記憶。
圧倒的な力の前に、いくら事実を積み重ねても届かない想い。 

そうしたものを集めて記録とし、力に変えていきたい。
その一心で、これまで細々と活動を続けてまいりました。 

次世代に、廃炉のみならず偏見や差別の禍根までをも残してはならない。
それは、私たちの世代が今からでもやるべき、むしろ今を生きる私たちにしかできない使命である。 

当初、その足掛かりとなるデータベース作成を目指して、このクラウドファンディングを立ち上げました。みなさまからのご支援によって目標額を超えたいま、その資金で、次なる目標としていた「福島関連デマ・差別対策基金」を設立します。 

この基金の設立によって、「福島関連デマを撲滅する!」プロジェクトは持続的な活動を目指します。基金による活動として考えているのは、以下の3つです。 

・継続的な情報収集及び発信
・法律家を入れた被害への対応
・「福島関連デマ・差別」の撲滅と発生防止のための政治への働きかけ 

以上の活動によって、本格的に「福島関連デマ」の撲滅に尽力していきます。 

とはいえ、わたしたちは魔女狩りをしようというわけではありません。みなさまご存知のいじめ問題のように、具体的に発生しているデマ・差別による被害の不利益をなくすことが目的です。

どうかみなさま、引き続きご支援およびご友人、お知り合いへのご紹介のほど、重ねてお願い申し上げます。 

心からの感謝をこめて 「福島関連デマを撲滅する!」プロジェクトメンバー一同

Back Next