活動報告

決勝レース報告

<活動報告8.3> 決勝レース報告

<FIM世界耐久選手権最終戦 "コカ·コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会>

決勝レース

 

スタートライダーはブルーの腕章、生形。スタートは上手くいきましたが、数周目で2回の追突にあってしまいます。それでも転倒からマシンを守り、走りきりました。...2スティント目、イエローの腕章、マーセル=シュロッター。マシンの修復に15分を要し順位が60位まで落ちたところからの走行。ここから追い上げを開始。

3スティント目、生形。1スティント目で追突された左ももにかなりの痛みあり。激しいダメージを負ったマシンで1時間近く走行したため、他にも痛みが出ている様子。

4スティント目、レッドの腕章、アレックス=カドリン。レース中のトラブルに動じない、冷静さを保ったメンタルは、さすが耐久チーム(SERT)の選手。

5スティント目、生形。脱水症状、体重減少とダメージが大きくなっています。

6スティント目、マーセル。レースも終盤に差し掛かった時間帯にもかかわらず、まるで予選のタイムアタックような速さで周回を重ねます。

7スティント目、生形4度目の走行。最後の力を振りしぼって走行します。この時点で順位は24位まで上がりました。

ラストスティントは、マーセルの体調に不安な要素が出現したため、アレックス。一気に暗くなり視界も変わってくる時間帯ですが、それでも最後に1つ順位をあげ、23位で無事チェッカーを受けました。

レース序盤からトラブルに見舞われ大きく順位を落とすことになってしまいましたが、メカニックの懸命な作業により、レースに復帰できました。

そしてマーセルの速さ、アレックスの安定感、生形の意地がなければ、ここまでの追い上げはできなかったと思います。絶望的な状況から、最後まで諦めず走り続ける姿勢は間違いなく一流でした。

順位だけで言えば必ずしも満足とは言えませんが、初出場で無転倒&完走。大きな成果です。

あらためまして、最後まで応援していただいた皆様、ありがとうございました!

活動報告

決勝レース

<活動報告7.29> 決勝へむけて

<FIM世界耐久選手権最終戦 "コカ·コーラ"鈴鹿8時間耐久ロードレース 第40回記念大会>

決勝レース

泣いても笑っても、今日がすべて。

力を貸してくれた2人のライダーと、チームスタッフと、力を出し切ります。

決勝レースは11:30〜です。

BS12でライブ中継もあります。
最後まで、どうか皆様応援よろしくお願い申し上げます!

活動報告

8耐予選

<活動報告7.28> 公式予選

いよいよ8耐がはじまりました!

チーム本体は水曜にサーキット入りで準備をし、木曜はFP(練習走行)、金曜公式予選とナイトプラクティス(夜間走行)、土曜にFPとトップ10トライアル、日曜11:30〜決勝レーススタートというスケジュールです。

 

曇りや霧雨の降る時間帯もありますが、午後にはやはり厳しい暑さとなります。

4時間耐久のレースが併催なので、スケジュールは分刻み、その合間にはピットウォークがあったり、ライダーはトークショー等のイベント参加、メカニックはピット作業の練習等もこなすので、体調に気を使いつつもバタバタと時間は過ぎていきます。

 

さて、木曜日、エスパルスドリームレーシングIAIには急遽第3ライダーが誕生しました。オーストラリア人のアレックス=カドリン選手です。普段はSERT(スズキエンデュランスレーシングチーム、スズキの世界耐久チーム)に属する選手で、背が高くフレンドリーな選手です。マーセル=シュロッター選手が負っているケガの状況もふまえ、参加してもらうことになりました。この日のチームベストは2'09"312で総合8位。

 

そして迎えた金曜の公式予選。第1ライダーの生形から3人それぞれタイムアタックをし、3人の平均値が予選結果(順位)となります。ここではおしくも0.09秒という僅差で11位となり、土曜のトップ10トライアルへの出走はかないませんでした。

 

トップ10トライアルとは、予選順位の上位10チームのみ出走がゆるされた、各選手ごと1周のタイムアタックを行い、チームのベストタイムで決勝レースの1〜10位のグリッド順を決めるというもの。ここへ進むこともチームの1つの目標であり、そのポテンシャルは十分持ち合わせていたので悔しい予選結果でした。

 

しかしここは、トップ10への出走がない分ライダーはコンディションを整え、メカニックは余裕を持って決勝レースへの準備作業ができる時間を得られたとポジティブに考え、予選の悔しさもすべて決勝レースにぶつけることにしました!

 

引き続き応援よろしくお願いいたします!

 

<活動報告7.19> 8耐参戦記念パーティー

7/15、チームの活動を日頃より応援して下っているスポンサー企業様、個人様にお集まりいただき、ホテルアソシア静岡にて「S-PULSE DREAM RACING・IAI 鈴鹿8耐参戦記念パーティー」を行いました。

タイトルスポンサー様である、株式会社アイエイアイの石田社長様をはじめ、株式会社小林製作所の小林社長様、株式会社ワースワイルの岡本社長様にもご挨拶いただき、非常に盛り上がりました。

またたくさんの励ましのお言葉をいただき、ライダー2名も、スタッフも、本番への覚悟がさらに深まりました。来週に迫ったレースに向けて、気を引き締めてがんばります!

<活動報告7.14> プロジェクトの募集期間終了

S-PULSE DREAM RACING IAIの鈴鹿8耐参戦につきまして

鈴鹿8耐参戦資金を募るため行っておりましたクラウドファンディングが、7/13をもってご支援の受付期間を終了しましたことをご報告申し上げます。

沢山の方々にご支援いただき、1,248,000円が集まりました。厚く御礼申し上げます。集まった支援金は、鈴鹿8耐参戦のための費用にすべて充てさせていただきます。