お金がなくて塾に通えない中学生に、みんなの力で「スタディクーポン」を届けたい!

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
集まった支援総額
¥14,053,500
パトロン数
731人
募集終了まで残り
終了

現在140%/ 目標金額10,000,000円

このプロジェクトは、2017/09/21に募集を開始し、731人の支援により14,053,500円の資金を集め、2017/11/30 23:59に募集を終了しました

【ネクストゴール1300万円挑戦中!!】お金がなくて塾に通えない中学生がいます。親の所得格差が子どもたちの教育格差につながってしまう社会、私は「スタディクーポン」を低所得世帯の子どもたちに届けることで、この問題を解決したいと考えています。みなさまの応援をクーポンに変えて、子どもたちに届けます。

4月1日から渋谷区の新中3生がスタディクーポンの利用を開始しました!(54名:1,080万円分)

この度、渋谷区の中学3年生が渋谷スタディクーポンの利用を開始しました!

クーポン利用者募集開始以来、たくさんのお子さんから問い合わせがあり、最終的に、定員を上回る54名のお子さんからクーポンの利用申込がよせられました。

今回、申込数が当初の定員50名を上回ってしまいましたが、2018年3月末までの予算執行状況や、2019年3月時点でのクーポン利用率の見込み等を考慮し、54名全員に年間20万円のクーポンを提供することといたしました。(発行総額:1,080万円分)

子どもたちは、4/1からクーポンの利用を開始し、事務局には、以下のような声が届いています。

・「春期講習を受けられないと思っていたけど、クーポンで受講できるようになった」
・「行きたいと思っていた塾に通えるようになって親子で喜んでいます」

クラウドファンディングにあたり、温かいご支援をいただいた皆さまには、改めて深くお礼を申し上げます。

 

◆クーポン利用先の教室について

3/26時点で、大手の学習塾から、地域に根付いた学習塾、訪問・通信型の教育事業者、特性のあるお子さんへ対応することができる事業者など、渋谷区および隣接区にある56の教育事業者がクーポン利用先として登録してくださっています。

登録事業者一覧はこちらをご覧ください

現在も、クーポンを受け取った子どもたちから「この塾でクーポンを使いたい」とリクエストが寄せられており、複数の事業者さまとお話を進めています。これからもクーポン利用先は増えていく予定です。

 

◆大学生ボランティア(ブラザー・シスター)について

今回、18名の大学生ボランティアが「ブラザー・シスター」としてスタディクーポンの活動に参加してくれることになりました。

3月3日に実施した、8時間にもおよぶ「大学生ボランティア養成研修」では、メンバーの真剣な顔がとても印象的でした。

大学生ボランティアたちは、4月14日以降、子どもたちと定期的な面談を通して、学習や進路の相談にのる活動を開始する予定です。



クラウドファンディングに寄付で参加してくださった皆さんのおかげで、こうして子どもたちはスタディクーポンの利用を始めることができました。温かいご支援をいただき、本当にありがとうございました。

年末のご挨拶とご報告

こんにちは、スタディクーポン・イニシアティブ代表の今井です。今年も残るところ、3日となりました。2017年は皆さまからの温かい応援、本当にありがとうございました。

本日は、本年中のプロジェクトの進捗について、ご報告いたします。
 

■渋谷区の子どもへのスタディクーポン提供

来年4月のクーポン提供に向けて、1月下旬から子どもたちとクーポン利用先の教育事業者の公募を開始する予定です。

12月1日以降、渋谷区役所の皆さんとイニシアティブ運営事務局で打ち合わせを重ね、利用者や事業者の募集要項や広報準備、そして事業評価の体制づくりなど、着々と進めています。

また、目標よりも多くのご支援をいただいたおかげで、当初の想定よりも多くの子どもたちにクーポンを届けることができる見込みです。

 
■自治体への政策提言

これまでに、全国の10以上の自治体からスタディクーポンに関するお問合せいただいています。12月以降も、関心を持っていただいている首長さん・議員さん・職員さんなどのもとに今井・安田が訪問させていただき、スタディクーポンの事業説明や地域の子どもたちの課題や取り組みなどについて意見交換をさせていただいております。

また、12/6には、子どもの未来を応援する首長連合(子どもの貧困対策連合)に同行させていただき、松山内閣府特命担当大臣と面会させていただきました。

私からは、塾代格差の問題やスタディクーポンの取り組み、そして「就学前教育・高等教育に加えて初等中等教育段階の子どもの学校外教育の格差(塾代格差)にも光を当ててほしい」という要望をお伝えしました。

[参考] 内閣府WEBサイト
http://www.cao.go.jp/minister/1711_m_matsuyama/photo/2017-012.html

 
■文部科学省の最新調査でも、「塾代格差」の実態が明らかに

文部科学省が12/22に公表した「子供の学習費調査」(2016年度)によると、公立中学3年生の通塾率は80%にもおよび、1人当たりの年間の学習塾費用が約32万円と過去最高水準となったことが明らかになりました。

そして、新聞各紙では、所得格差による塾代格差が生まれていることも取り上げられています。

私たちが投げかけている「塾代格差」という社会課題に対して、少しずつ光が当たってきていることを感じています。

[参考] 中高生かさむ塾代 公立高校生で年間10.6万円 | 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2497344022122017CC1000/

[参考] 高校生の塾費用、公立も年10万円突破 文科省が調査 | 朝日新聞
https://digital.asahi.com/articles/ASKDP5DNKKDPUTIL02V.html


 

一刻も早くこの「塾代格差」を解決するために、引き続きメンバー一同、渋谷区でのスタディクーポン事業と政策化に尽力してまいります。

なお、年明けには、改めて今後の渋谷でのスタディクーポン提供事業の活動計画についてご報告させていただく予定です。引き続き、活動を見守っていただけますと幸いです。

それでは、皆さま良い年末年始をお過ごしください。 2018年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 
スタディクーポン・イニシアティブ
代表 今井 悠介

◎クラウドファンディングが終了しました!たくさんの方からの応援、本当にありがとうございます!

こんにちは、スタディクーポン・イニシアティブ代表の今井です。

11/30をもって、スタディクーポンイニシアティブ第一弾プロジェクトのクラウドファンディングが終了しましたので、ご報告いたします。

今回、目標金額の1,000万円を大きく上回る、合計14,053,500円ものご寄付をいただきました。ご寄付をいただいた方の人数は731人にもおよび、日本中のたくさんの方から応援いただいたこと、心から感謝しております。

https://camp-fire.jp/projects/view/42198

  
また、クラウドファンディング開始後、渋谷区以外の自治体の方からも「うちの自治体でもできないか」とお問合せをいただいており、この仕組みのニーズの強さを感じています。

教育格差に悩む子どもは全国にいます。これから、みんなの力で子どもたちを支える社会ができるよう、引き続き全力で取り組んでいきたいと思います。

なお、来年4月のクーポン利用開始にむけて、今後渋谷区のご担当者さまとともに、参画してくださる教育事業者の申請方法や、子どもたちの募集要項などを固めていきます。進捗は、随時ご報告させていただきますので、引き続き、活動を見守っていただけますと幸いです。

 
この度、ご支援をいただいた皆さまには、重ねて心からお礼を申しあげます。本当にありがとうございました。
 
スタディクーポン・イニシアティブ
代表 今井悠介

◎目標金額の1,300万円を達成しました!たくさんの方からの応援、本当にありがとうございます!

こんにちは、スタディクーポン・イニシアティブ代表の今井悠介です。

本日、支援額が目標金額の1,300万円を達成しました!温かいご支援と応援の声をいただき、心から感謝申しあげます。

https://camp-fire.jp/projects/view/42198/

ご寄付いただいた673名もの方々に加えて、シェアやブログで取り組みを紹介してくださった皆さま、応援メッセージを送ってくださった方、イベントに来ていただいた方など、本当に多くの方のお力をいただいて、目標を達成することができたと感じています。

このプロジェクトに参加していただき、本当にありがとうございます。「応援して良かった」と思えるようなご報告ができるよう、1,300万円は大切に使わせていただきます。

 
プロジェクト終了まであと8時間を切りました。目標金額は達成しましたが、支援が必要な子どもはまだ多くいます。追加でいただいたご寄付についても、30万円で1人の子ども支援することができますので、1人でも多くの子どもにスタディクーポンを届けられるよう、引き続き、応援いただけると嬉しいです。

最後まで、どうぞ応援をよろしくお願いいたします!
 
スタディクーポン・イニシアティブ
代表 今井悠介

【あと3日】1200万円達成!温かい応援ありがとうございます!

こんにちは、スタディクーポン・イニシアティブ代表の今井です。

プロジェクト終了まで残り3日となった本日、支援額が1200万円を超えました。587名もの皆さまからの温かい応援、心から感謝しております!

https://camp-fire.jp/projects/view/42198


~様々な応援メッセージをいただいています~

「これからどんどん広がっていくはずのこの取り組みの、とても大きな最初の一歩に、ほんのちょっとだけ関われたら嬉しいな…という思いで、お気持ちだけ。 子どもを持った親として、この活動が社会に広く影響を与えていくことを願っています。」

「自治体との協働プロジェクトが成功し、一人でも多くの子どもたちがそれぞれの意思で進路を選択できるようになることを願っています。」
 

いただいたメッセージを読みながら、本当に多くの方が社会を変える大きな期待を寄せて、このプロジェクトに参加してくださっていることを実感しています。

より多くの子どもたちにスタディクーポンを届けるためには、残り約100万円のご寄付が必要です。どうか最後まで、ご寄付・シェアにて応援をよろしくお願いいたします!
 
スタディクーポン・イニシアティブ
代表 今井悠介

Back Next