山形市山寺に伝わる、高橋由一の息子・源吉が描いた明治時代の油彩画を修復したい!

集まった支援総額
¥1,417,000
パトロン数
65人
募集終了まで残り
終了

現在117%/ 目標金額1,210,000円

このプロジェクトは、2017/09/20に募集を開始し、65人の支援により1,417,000円の資金を集め、2017/10/31 23:59に募集を終了しました

山形県山形市にある旧山寺ホテルは大正時代に建てられ、現在は有志によって管理・公開されています。その旧山寺ホテルに伝わってきた明治時代の油彩画《最上川(本合海)》は損傷が著しく、今回修復をしようとしています。絵の作者は高橋由一の息子・源吉。山寺の近代化の歴史に関わる貴重な文化財を、後世に遺します。

将棋むら天童タワーの高橋源吉作品

(高橋源吉《立谷川 対面石》明治44年)

(株)文化財マネージメントの宮本です。
今回は、山形市山寺のお隣、天童市に伝わっている高橋源吉作品についてご紹介します。


山形市から天童市へ向かう国道13号沿いに、「将棋むら天童タワー」はあります。

(将棋むら天童タワーの特徴的な外観)

 

人工知能や藤井四段の活躍、ひふみんの人気など、最近大きな話題を呼んでいる将棋ですが、実は天童市は将棋駒つくり日本一の町。
天童タワーはそんな町にちなんだ、巨大な将棋駒形の看板が目を引くドライブインです。
中に入ると、山形県の特産品やお土産をはじめ、将棋をモチーフにした民芸品などを買うことができます。
また、書き駒やそば打ちなど、天童ならではの観光体験もできる楽しいスポットでもあります。

将棋むら天童タワーHP

 

しかし、今回ぜひ注目してほしいのが、奥のレストランの壁に飾ってある高橋源吉の油彩画です。

(レストランの奥の壁に高橋源吉の作品が飾られている)

 

作品の名前は《立谷川 対面石(たちやがわ たいめんいし)》。
これも「山寺油絵展覧会」で展示されたものの一つです。

(高橋源吉《立谷川 対面石》明治44年)

 

遠く見えるのは「楯山(たてやま)」で、青白く光る「立谷川(たちやがわ)」をはさんで、手前には不思議な形をした巨岩の「対面石(たいめんいし)」が描かれています。

山寺を開山した慈覚大師円仁は、楯山の向こうの芦沢峠を経て山寺に入り、対面石の前で地元の狩猟民の長、磐司磐三郎(ばんじばんざぶろう)と対峙したといわれます。
山寺村長・伊澤栄次は、このような開山伝説がのこる場所を山寺の観光地として再生し、源吉に描いてもらうことで、観光客にアピールしたのだと思われるのです。


株式会社 天童タワー
〒994-0012 山形県天童市大字久野本1273-2

山形新聞に掲載

(株)文化財マネージメントの宮本です。


今回のプロジェクトに関する記事が、昨日の山形新聞に掲載されました。
《最上川(本合海)》はもちろん、イケメンな高橋源吉の顔写真も掲載されました。
昨日の掲載で恐縮ですが、山形新聞を購読されている方は昨日の新聞をご覧くださいませ。

油彩画修復について② 修復作業

(麻糸を1本ずつ接着してキャンバスの破れを補修している)

(株)文化財マネージメントの宮本です。
前回に続いて、中右恵理子先生にご執筆いただいた油彩画修復についてのコラムの続きを掲載します。
今回は修復作業についてです。


高橋源吉の油彩画は現状では状態がかなり悪いです。
画面全体に亀裂が生じ、所々絵具が剥落しかかっています。
また、キャンバスが木枠から外れかかって大きな変形が生じています。
このような状態の油彩画を修復するためには、絵具の剥落を防ぐ接着作業や変形を修正する作業が行われます。
構造的な強化の他に、埃が堆積した画面や裏面のクリーニング、絵具が剥落してしまった箇所に色を補うなどの美的な処置も行われます。
写真は大学で行っている他の油彩画の修復作業の様子です。

 

〇絵具の接着強化
剥落しかかっている絵具片を接着剤で固定します。
下の写真は接着剤を入れた後に、シリコン製のシートの上から電気ゴテを当てている様子です。
油絵具の塗膜は厚みがあり、硬く、変形していることが多いので、絵具を温めながら塗膜をしっかりと固定させます。


(接着剤を入れてシートの上から電気ゴテを当て、絵具を固定している)
                     

〇裏面のクリーニング
キャンバスの裏面には、経年による埃などの様々な汚れが積もった状態になっています。
虫の巣が発見されたり、カビが付着したりしていることもあります。
下の写真は修復作業用の小型クリーナーを使用して埃を除去している様子です。


(小型クリーナーで埃を除去している)

 

〇キャンバスに生じた破れの補修
木枠に張られた状態のキャンバスに物が当たると破れが生じることがあります。
昔は破れた箇所全体に裏面から布を接着する補修が多く見られました。
そうすると布の形に画面側に変形が出てしまいます。
下の写真は麻糸を1本ずつ接着して補強する補修方法で、強度もあり変形も生じにくいです。


(麻糸を1本ずつ接着してキャンバスの破れを補修している)

 

修復を行うということは、作品に何らかの手が入るということなので、何を重視してどこまで手を加えるかが大事になってきます。
描かれた当時の歴史的な情報も重視しながら、今後の保存や絵画としての見やすさなどを慎重に考慮しつつ、作業を行っていきたいと思っています。
皆様のご支援、どうぞよろしくお願い致します。

油彩画修復について① 調査

(油彩画のX線写真)

(株)文化財マネージメントの宮本です。
今回の修復を担当していただく、東北芸術工科大学講師の中右恵理子先生から油彩画修復について、他の作品を事例にコラムをご執筆いただきましたので掲載します。
まず今回は、修復に先立っておこなわれる調査についてです。

 

高橋源吉の油彩画修復を担当する中右恵理子です。
現在、山形市にある東北芸術工科大学の文化財保存修復学科で講師をしています。
高橋源吉は山寺にとても縁の深い画家で、地元で大切に保管されてきた源吉の油彩画を、より良い状態で長く保存できるよう、今回の修復作業に従事したいと思っています。

 

修復作業は東北芸術工科大学内にある文化財保存修復センターにて行う予定です。
通常、修復にあたっては、作品の材料や構造、損傷状態などを観察し、詳しく把握することから始めます。
お医者さんが患者さんを診断するときと同じような感じですね。
今回は大学病院にあたる施設でより専門的な検査が行われます。
一番の目的は油彩画の損傷を手当てすることですが、作品の状態を知るために、X線や赤外線を使った詳しい検査をし、絵に使用されている絵具などの材料についても分析します。
修復の機会に、高橋源吉の油彩画についての技術的な情報が明らかになることも期待できます。

 

赤外線では絵具の下に隠れて見えない下描き線などが見つかることがあります。
下の写真では、手すりの右側に細く写っている線は実際には絵具の下にあって見えません。
赤外線で観察すると、船の手すり部分の位置が変更されたことがわかります。
画家がどのように制作を進めたかを知るてがかりとなります。


(油彩画の通常写真・部分)


(油彩画の赤外線写真・部分)


つづいて、X線を当てて撮影するいわゆるレントゲン写真です。
絵画の見えない部分の構造や損傷がわかります。
下の写真は木枠に張られたキャンバス画で、端に木枠、釘が写っています。
釘の形がぼんやりしている箇所は金属の腐食が進んでいます。
絵に使用された絵具の材料や塗りの厚さによって明暗に違いが現れます。
技法の調査にも役立ちます。


(油彩画の通常写真・部分)


(油彩画のX線写真・部分)

高橋源吉の位置(1)_「美術」をつくった画家

(株)文化財マネージメントの宮本です。
今回は、高橋源吉について研究している山形大学教授の小林俊介先生から、明治時代の美術界における源吉の位置についての原稿をいただきましたので、以下に掲載します。
少し長いですが、ほかでは読むことのできないコラムですので、ぜひご覧くださいませ。

 

高橋源吉(以下、源吉)は、これまで《鮭》で有名な高橋由一の息子で、画家でもあったという程度の認識でも、あればまだ良い方だったのではないでしょうか。
しかし、実際には、彼は明治期に「美術」という「仕組み」や「考え方そのもの」を作った重要な人物のひとりだったのです。

 

例えば源吉が執筆した『高橋由一履歴』(由一の伝記)に以下のような有名な記述があります。
由一が西洋画にめざめたのは、幕末に西洋の写実的な石版画を見て、単に現実をリアルに描いてあるだけではなく、ひとつの“趣味”(taste)をそこに発見したからだと。
しかし幕末にはまだ芸術としての「美術」はおろか、その前提となる「趣味」という言葉も感覚もありません。
むしろ西洋画は「写真(photograph)」と同様、当時の言葉でいえば「真ヲ写ス」ための「技術」であり、白黒の写真を参考にそれ以上にリアルに描く、というのが由一生涯の仕事であり、目標でした。

 

今日由一は本邦初の本格的な西洋画家であり、「芸術家」のひとりとされています。
しかし由一のような(職人的な)西洋画家は、例えば五姓田芳柳・義松親子など、当時他にもたくさんいたのです。
源吉は『履歴』において、明治期にようやく普及してきた芸術家としての「美術」という考え方のスタートに由一がいた、ということを宣伝しているようにみえます。
大げさにいえば、実作者として、また今日風にいえばアートディレクターとして、「近代日本美術(史)」という考え方そのものを作り、そのスタートに由一を置いたのが源吉、といってもおかしくありません。

 

このことは、源吉自身の業績をみるとよく分かります。
彼は本邦初の本格的な美術団体である「明治美術会」の創立会員としてその活動をとりしきっています。
講演会や展覧会を行い、彼自身も同会で「tasteとstyleについて」という講演を行い、美術という「考え方」の普及を行っています。
英語が得意だった源吉は、イギリスの有名な画家アルフレッド・イーストの離日の際には、源吉は同会を代表してイーストに講演の礼を述べに横浜に赴くなど、同会の重鎮として活躍しました。
これらはすべて芸術としての「美術」の普及に関係することでした。

 

明治35年に明治美術会が解消すると、東京で発表の場を失った源吉は地方を放浪した、とされています。
しかし実際には、山寺ホテルにある《本合海》の存在が雄弁に物語るように、山形で制作活動を行い、明治41年に山寺で「油絵展覧会」を開き、大正2年に石巻で没するまで、生涯「美術」の普及を行っていたのです。
しかもそれは、山形における本格的な西洋画紹介の嚆矢というべきものでした。

 

源吉の業績をあげれば、他にも由一の開いた画塾「天絵社」での指導やその運営などキリがありません。
源吉は父・高橋由一の助手であり、共同制作者であり、伝記作者でした。
いうならば“本邦初の西洋画家、由一”という“看板”のもと、西洋画の普及と販売を行っていたのです。
東北地方の新開地を記録し、おそらく山寺の「油絵展覧会」でも展示された「三島県令道路改修記念画帖」(山形大学附属博物館蔵)は、由一の下絵(写生)を源吉が石版画に起こしたものです。
また由一晩年の作とされている作品のなかには、源吉が加筆・制作したと考えられるものもあります。

 

『高橋由一履歴』は口伝と伝えられますが、実際には源吉の脚色が相当加わっていると私は考えています。
作品制作はもとより、著作や展覧会で由一を「美術」の祖として宣伝すること。
それが源吉の「芸術」としての美術や西洋画を普及する方法であり、またそれは美術館や画商はおろか、「美術」という仕組みそのものが定着しない明治期における由一と源吉の「営業」の一環でもあったのです。

Back Next