障害のある人とごきげんに暮らせる社会を作るために、お米作りの環境を整えたい!

集まった支援総額
¥2,108,000
パトロン数
144人
募集終了まで残り
終了

現在105%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2017/10/27に募集を開始し、144人の支援により2,108,000円の資金を集め、2017/12/16 23:59に募集を終了しました

障害のある人たちが、耕作放棄地など使われていない資源を活用して地域に貢献し、ごきげんに暮らせる社会づくりを目指します。 まずは障害のある人たちと一緒に作った有機栽培のお米を、生産から販売まで一貫して行える環境を整えて、自分たちの手で地域に届けます!

残り6日、目標金額の80%を達成しました!

クラウドファンディングも残り6日となりましたが、皆様のおかげで目標金額の80%である160万円を達成することができました!本当にありがとうございます!

110人の方からの応援をいただきました。本当に嬉しいです。

このプロジェクト中に、たくさん頂いた質問が2つあります。

1つ目は、クラウドファンディングってなんなの?っていうことです。今回の私たちのプロジェクトが、たくさんの人にとってクラウドファンディングを知るきっかけとなることができました。うまく説明できていないかもしれませんが。笑

もう1つは、クラウドファンディングで何をしようとしているのか?です。それが分かるように文章を書いたつもりではあったのですが、ページを見てくれた人が忙しい中で全部を読めるわけではないということを知りました。思い返してみると自分がこれまでに支援した内容も、全ての文章を読んだわけではありませんでした。

他にもたくさんの学びがあり、それについては後日共有したいと思っています。

支援してくださった方が110人なのですが、僕たちのページは本当にたくさんの人に見てもらうことができました。これほどたくさんの人にシェアしていただけるとも思っていなかったので、とても嬉しく思っています。

最後の一週間、引き続き応援してもらえるととても嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いいたします!!

目標金額の70%を達成しました!!

プロジェクト残り12日時点で、70%を達成することができました。

92名というたくさんの方に応援をしていただき、本当に嬉しいです。

体験農園の利用枠が残り1枠となっていますので、ご関心のある方はなんでも問い合わせていただけると嬉しいです。

今回がごきげんファームとして取り組み初めてのクラウドファンディングです。

なんとか成功させたいと思っています。一人でも多くの方にご協力いただけるととても嬉しいです。残り12日間、どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

 

目標金額の60%を達成しました!

目標金額の60%を達成することができました。

支援していただきましたみなさま、本当にありがとうございます!

企業様向けの私たちの車両にステッカーを張るリターンも複数の企業の方が検討していただいている状況でとても嬉しいです。

私たちのお米袋も完成して、少しづつ販売を開始しています。

1年目の稲作なので、失敗もありましたが、

食べていただいた方には美味しいと言ってもらえると嬉しいです。

まぁ、美味しいと言うしかないと思うのですが。笑

引き続き、ご支援よろしくお願いいたします!

 

「ごきげん米」パッケージが完成しました!

たくさんのご支援をいただき、ありがとうございます!

今年初収穫の「ごきげん米」のパッケージ完成のご報告です。
クラフト紙に、ごきげんファームのお米作りをイメージしたイラストをデザインしています。


田んぼ作りから携わったみんなの努力と、お米のおいしさが伝わるパッケージにしたい!
でも、ごきげんファームの雰囲気や「らしさ」も伝えたい!

欲を言えば、デザインそのものを気に入ってもらって、
お米を食べた後も使えるような米袋にしたい…!

そう思って始まった米袋制作。

無理難題に応えてくださったのは、
イラストレーターの小林由季さんでした。

由季さんは私たちが活動するつくば市のお隣、土浦市の方。
ごきげんファームのパンフレットや、ホームページのイラストも描いてくださっています。

 米袋においても、私たちがこんな風にしたい!と思い描いたイメージを

一緒になって膨らませて、素敵なイラストにしてくださいました。

米袋が届いた日は、みんな口々に
「かわいいね!」「一段とおいしそうに見えるね!」と大盛り上がり。

皆さまにも、早く実物をお見せしたいこのパッケージ。
「ごきげん米」、どうか楽しみにしていてください♪

 

Back Next