阿部梨園の100件を超える小さい改善ノウハウを公開するオンライン知恵袋を作りたい

集まった支援総額
¥4,463,000
パトロン数
325人
募集終了まで残り
終了

現在446%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2017/11/13に募集を開始し、325人の支援により4,463,000円の資金を集め、2017/12/25 23:59に募集を終了しました

【達成!&ストレッチゴール中】農家の『こんなこと恥ずかしくて人にきけない!』をまとめて解消したい!阿部梨園は東大卒マネージャー佐川と二人三脚で400件以上の改善を実施しました。結果、直売率99%超のブランドと、合理的な経営に至りました。この小さいノウハウを、同じ個人農家のためにウェブ上で公開します。

リターン発送、始まっています

ご支援者の皆様、こんにちは。

梨以外のコースでご支援いただいた皆様には、先月より順次リターンの発送をさせていただいています。

①阿部梨園通信号外(クラウドファンディング編):これを機会に改めて本プロジェクトの顛末を思い返していただければ幸いです。おかげさまで小さなドラマになりました。

②「阿部梨園の知恵袋」ウェブサイトのご案内:どなたかにご紹介いただく場合などにご利用ください。

③サポーターカード:サポーターランクに応じて、カードを用意させていただきました。いつまでも、本プロジェクトにご支援いただいたことを覚えておいていただけると嬉しいです。ちなみに、本カードをご持参いただけば、阿部梨園の店頭で少々サービスいたします。

④阿部梨園シール:好きなところに貼って、弊園のことをたまに思い出していただければ幸いです。特に梨のシーズンに。。

⑤メッセージカード:乱文失礼の限りですが、気持ちを込めて書きましたのでご査収ください。

--

梨がリターンのコースは8月中の発送予定です。発送前に改めて情報を確認させていただきます。よろしくおねがいします。

---

経営クリニック、阿部梨園見学、出張〇〇コースの皆様には、個別にスケジュール調整のご案内メッセージを差し上げています。まだご回答いただいていない方は、お手すきの際にご確認いただければ幸いです。

---

「阿部梨園の知恵袋」リリースからちょうど一ヶ月が経ちました。今回も複数メディアに取り上げていただき、多くの方の元に声が届きました。サイトをご覧いただいての感想はとても嬉しく読ませていただいています。特に、実際の行動に早速移していらっしゃる生産者さんの反響には胸が躍る思いです

サイトが出来上がって終了のプロジェクトではありません。生産者一人ひとりが変わるモチベーションになり、それが業界に好影響を及ぼすところまで、広げられたら嬉しいです。この先にいくつか企画していることがあるので、これからも「阿部梨園の知恵袋」プロジェクトをよろしくお願いいたします。

阿部梨園の知恵袋、サイトリリース御礼

\阿部梨園の知恵袋、リリース!!/

2017年11月13日より開始し、クラウドファンディングで320名から450万円ものご支援をいただいた農家の経営改善ノウハウ公開プロジェクト、この度ウェブメディア「阿部梨園の知恵袋」として公開することができました。拙い実例ですが、様々なかたちでご活用いただければ幸いです。まずは100本の記事を公開し、残り200本は順次追加予定です。多数のご支援、ご助言、本当にありがとうございました。

阿部梨園の知恵袋 | 農家の小さい改善実例300 by 阿部梨園
http://tips.abe-nashien.com/

 

ノウハウ記事以外にも、本プロジェクトに関する情報をまとめています。こちらもご覧ください。背景をご理解いただけると思います。

このサイトについて
目的や流れなどが網羅されたまとめページです

阿部梨園について
自己紹介しています

阿部梨園の道のり
3年間にわたる経営改善マラソンを時系列で振り返っています

佐川について
よく訊かれるので、畑に出ない農家の右腕業について紹介しています

クラウドファンディング
大盛況だったCFプロジェクトの設計や顛末について解説しています

CF支援者クレジット
320名もの方からご支援をいただきました。壮観なのでぜひご覧ください

記事リスト

ごあいさつ

旗印は「#農家も働き方改革」とします。玉虫色のマジックワードですが、今回の目的を伝えるにはこれが一番いいと思いました。生産者人口が減り、農地が失われつつある中、農家も変わらなければ生き残れません。生産一辺倒ではなく、経営や雇用、販売と視野を広げることも求められています。

一方、変わる意志のある生産者からも「何をやったらいいかわからない」「できることがない」という声をよく聞きます。阿部梨園が変わろうとした当初も同じで、何から手をつければいいのかわかりませんでした。

そこで、私たちの取り組んできたことを全て公開しました。「できることがない」を「まだまだできることある!!」に反転してもらいたい一心です。IT化、機械化、 大規模化、法人化、六次産業化、、、農業も変わりつつありますが、それらの大きい変化を受け入れるだけの経営基盤や習慣づくりが必要です。大きい変化への助走として、小さい改善を提案します

クラウドファンディング以来、「農家の経営は見直せばポテンシャルがある」と声を上げ続けました。おかげさまで、多くの方にご賛同いただき、一つの小さな運動になったのではないかと思っています。

ノウハウ自体が不完全であることは重々承知しています。実例しばりで偏っていたり、十分な解説には時間や紙面が足りなかったり、単純に知識不足な分野もあります。

想定よりも話題が大きくなったので、企画当初の内容では話題負けするのではないかとアクセルを踏み続けた数ヶ月でした。体力の許す限り上積みしてみましたが、やってきたこと以上の背伸びはできないのでご勘弁ください。不十分なところや発展が求められるところは、皆さまに補完していただければと思います。本気でマクドナルド理論を期待しています^q^

マクドナルド理論:「マクドナルドに行こうよ」と提案すると満場一致で「マクドナルドはやめようよ」と返され、不思議とよりよいアイデアが出てくる
https://gigazine.net/news/20130502-mcdonalds-theory/

農家の経営はどうあるべきか。何が必要なのか。そのような議論やアクションの呼び水に、そしてスマート農業経営を実現してくれる勇者を呼び込む一里塚になれれば幸いです(誰か!!!)。私たちもできることから取り組みます。同じ志をもっていらっしゃる方、協力して歩みを進めましょう。まずは引き続き、残り200本の記事化を頑張ります。

2018年5月7日
阿部梨園
代表 阿部 英生
右腕 佐川 友彦

【5/7!!】阿部梨園の知恵袋のリリース告知&リターン発送時期

「阿部梨園の知恵袋」のリリース予定について

クラウドファンディングでは多数のご支援をいただきまして誠にありがとうございました。お待たせてしている農家の経営改善ノウハウ公開サイトですが、5月7日(月)リリースとさせていただきます。サイトはすでに完成し、リリース時に公開予定の記事100件も用意しております。4月中の公開予定としておりましたが、GW中を避け、皆さまが連休をお楽しみいただいた後にお披露目させていただきます。ご了承ください。

クラウドファンディングのリターン発送予定について

併せまして、4月中に発送予定だったリターンにつきましても、GW明けに順次発送させていただきます。当初は数十人程度のご支援者の想像しておりましたが、300名と想定を大きく超える人数になりましたので、スケジュールが追いつきませんでした。誠に申し訳ございませんが、もう少々お待ちいただけますよう、お願い申し上げます。

※ 梨のリターンは8月の発送予定です。

サイトの制作過程について

おかげさまでクラウドファンディング終了後も、プロジェクトに関連して多くの反響をいただいています。農家の経営、農家の働き方について、取材や意見を求められる機会が続き、講演依頼やイベントの共催なども増えました。農家の経営に関心を持っていただくという、本プロジェクトの目的どおりの展開になっています。

そのような飛び込み案件にも可能な限り応えていたところ、サイト制作に充てられる時間がかなり圧迫されました。限られた時間で内容を充実できるよう、かなり集中して制作を進めました。公開時期もギリギリ、公開記事数もギリギリでしたが、これ以上はできないほどのエネルギーを注いだつもりです。

ロゴを新調しました

袋をひっくり返した意匠です^q^

支援者クレジット表記確認のお願い

引き続き「支援者クレジット」に掲載させていただく皆様のお名前やロゴについての情報をお待ちしております。以下の内容をコピー&ペーストなどしてメッセージにて返信してくださるか、cf@abe-nashien.comまでメールをいただければと思います。特に、ロゴのデータを掲載される方はメールで送付お願いします。

1. (任意)社名/団体名:
2. (任意)支援者個人のお名前:
3. (任意)会社/団体などのURL(ウェブサイト、SNSアカウントなど):
4. (任意)支援者個人のURL(ウェブサイト、SNSアカウントなど):
5. (任意)会社/団体などのロゴ(※):あり / なし

全て任意ですので、掲載したい項目のみご記入ください。URLは各1つのみです。特にご連絡がなければ、CFでお申し込みいただいた際のお名前のみ掲載します。事情があって匿名希望の場合はその旨お伝えください。

【メディア掲載】AGRI JOURNAL vol.7

農業系フリーペーパー&ウェブメディアの「AGRI JOURNAL(アグリジャーナル)」様に弊園の経営改善について取り上げていただきました。 「新・農業人ワークスタイル」という、農業における働き方が変わりつつあるという特集で紹介されています。農業関連の各所に置いてありますので、見かけたらお手にとってご覧ください。メールを登録すれば電子版も無料で閲覧できます。

AGRI JOURNALさんは毎号、とてもわかりやすい内容で、農業界のトレンドをまとめてくださっています。農業ビジネスマガジンさんもそうですが、ビジュアルで親しみやすいメディアが、業界には必要だと思います。

 

クラウドファンディングの際にはプレスリリースを記事にしていただきました。
便利なコツをシェアします!梨農家の想いに支援続出 | AGRI JOURNAL

アグリジャーナル|これからの農業を考えるwebマガジン
農村を元気にしていく次世代の農業の担い手たちに向けたwebメディア。トレンドの農業ウェアや農機具、6次産業化のアイデア、ICT活用事例、マーケット動向など、役立つ最新情報をわかりやすくお届けします。

Back Next