前回の報告から少し時間が経ちましたが、その間に静岡の株式会社エムアイモルデに2回程行ってきました。もちろんプラキットの形状を詰めるためです。

打ち合わせを重ねた結果、全体のプロポーションを少し見直すことになりました。

ワンフェス前に大型化した肩に合わせて脚を3%程大きくしました。CAD図の色の違う部分が変更した箇所です。ちょっと分かりにくいですが、脚が大きく幅広になっています。たったの3%ですが見た目の印象は大きく変わりました。足腰がしっかりしたことで、よりガッシリと骨太なイメージになっています。掌を若干大きくしたことも地味に効いているようです。

手前、向かって左側が今回の出力サンプルです。右の従来版と明らかにボリュームが違います。実は原型に近いのは従来版の方なのですが、見た目の印象は今回の方がより原型に近くなっています。これはスケールの違い(製品は1/48で原型は1/35)からくる見た目の錯覚なのですが、この辺の塩梅がミニチュアモデルの難しいところであり、面白いところでもあります。

また細部の形状もより「プラキット」らしくなってきました。ガレージキットと違って、プラキットは基本的に内部が空洞になっています。これはプラの「引け」を防止するためなのですが、難しいことはさて置きパーツの裏がプラモっぽくなっているのは正直テンションが上がります。

関節部分のポリキャップももちろん付属します。胴体の開閉機構は正直やり過ぎな感もありますが、今回は完全再現とさせていただきました。エムアイモルデさん無理を言ってスミマセン…。

このあとは最終調整を済ませたサンプルを確認して、いよいよ金型の製作に入って行きます。次の活動報告ではいよいよテストショットを公開できるかもしれません。いや、まだ早いかな…。

引き続き「世界中でここにしかない完全オリジナルのロボットをインジェクションキットに!」プロジェクトをどうぞよろしくお願いします。

 

プロジェクトの本丸であるプラキットの形状の打ち合わせに、静岡の金型メーカー(株式会社エムアイモルデ)に行ってきました。

当日は小春日和の陽射しも眩しく、社屋前の河津桜が満開となっておりました。

(株)エムアイモルデは静岡の富士市にある創業35年以上の金型メーカーで、主に自動車の内装関係の金型を製造しています。ただ最近では、大河原邦男デザインのオリジナルロボット「イグザイン」のミニインジェクションキットを企画、製造、販売をするなど、その筋では知る人ぞ知る会社です。

今回はプラキットの仕様に合わせた試作品(3Dプリンター出力品)が出来たとの連絡を受けて、早速確認に行ってきました。

パーツ点数は約120。抜き方向による制約もあってガレージキットの時よりややパーツ数が増えています。

関節部分には基本的にポリパーツが入る仕様になりますが、(今のところ)全てのパーツがスナップフィットで組み立てられるわけではありません。

今回はこの試作品を叩き台にして、いくつか修正箇所を指摘してきました。

例えば、原型では複雑過ぎた前腕の構造を思い切って一体化した上で、パーツ割りを左右分割にするなど大胆な改変も行っています。

今回の修正を踏まえた次の試作品は2週間以内に出力されるそうなので、そちらの進捗も今後の活動報告で取り上げていきます。今から出来上がりが楽しみです。

それでは引き続きよろしくお願いします。

※デザイン、製品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。

もうひとつの「KAMPF RIESEN MARS 」

以前の活動報告でも触れた通り「KAMPF RIESEN MARS 」のストーリーは大きく二つに分かれています。比較的軽快なテンポで描かれる冒険活劇な「KAMPF RIESEN MARS 1941」と、その4年後の世界をより重厚なタッチで仮想戦記風に描く「KAMPF RIESEN MARS 1945」です。

実は担当する作者も違っておりまして「1941」は私(西沢)が、「1945」は相方の星野がそれぞれ担当しております。キャラクターの設定もそれぞれが決めているので、そのビジュアルも「1941」と「1945」では全く異なっています。例えば…

「1941」がどちらかと言うとアニメよりな絵柄なのに対して、「1945」は見るからにハードな展開を予感させるキャラクターが登場します。

キャラクターイラストを担当するのはフリーで活躍されているイラストレーターの十(とう)氏。氏はオリジナルで漫画も描かれているので、今回は無理を言って「1945」を一部コミカライズしてもらいました。

独特な色調で描かれたイラストは横書きのネームと相まってアメコミのような独特の雰囲気を醸し出しています。激しく続きが気になりますが、今はここまで。この完成度なら全編コミカライズしても良いんじゃないかと思えてきます。

プラキットだけではない「KAMPF RIESEN MARS 1945」の今後の展開にどうぞご期待ください。

※デザイン、内容は予告なく変更になる場合がございます。

 

報告が遅くなりましたが、2月18日(日)ワンダーフェスティバル2018冬に参加いたしました。

朝から当ブースを訪れていただいたお客様、及びパトロンの方々と濃密な時間を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました。

今回はクラウドファンディング達成後初の展示会であったため、実際の試作品を直接確認して頂ける良い機会となりました。皆さんご満足いただけましたでしょうか?まだ金型が出来ていないため「テストショットを展示」と言う訳にはいきませんでしたが、それでも製品と同じサイズの3Dプリンター出力サンプルを見ていただいたことで、実際のボリュームをご確認いただけたかと思います。

3Dプリンターによる出力サンプルも今回はプロポーションを変更した最新の物を展示いたしました。写真左側の物がそれです。小さくて見えにくいですが、肩のパーツが右の物に比べて若干大きくなっております。また首回りや胴体前面にディティールが追加されて、より製品版に近い物になりました。関節などはまだまだこれから詰めていく段階ですが、結構男前に仕上がってくれそうで期待が高まります。

いよいよ3月からは実際のキットに準じたパーツ分割を検討する段階に入って行きます。途中経過は随時活動報告にアップしていきますので、こまめに覗いて見てやってください。

それでは引き続きご声援の程よろしくお願いします。

※実際のデザインは予告なく変更になることがございます。

 

2月18日に開催されるワンダーフェスティバル2018冬に参加致します。

卓ナンバーは5-11-08です。

今回は初めて参加した2013年夏から数えてちょうど10回目の参加になります。

思えば最初のワンフェスは散々な結果でした。持ち込んだガレージキット30個の内、売れたのはたったの6個だけ。複製を外部業者に委託していた我々としては最低でも20個は売れないと赤字になってしまいます。でもほとんどのお客さんは遠巻きに眺めているだけで、積み上げたキットには全く手を出してくれません。そう言えば複製業者の社長さんも「悪いことは言わないから複製は10個だけにしときな。オリジナルのロボットなんてそうそう売れるもんじゃないから」と言っていました。あの時はSNSなどもしていなかったので事前のプロモーションも全く無し。そんな中でいきなりドラム缶型のロボットを見せられて「1個20,000円で買ってくれ」と言われても「そりゃ無理でしょ」となりますよね。ハッキリ言って完全に作戦ミスでした。今思えばあの時はクリエイターや職人が陥る初歩的なミスを犯していたのです。

「良いものを作れば必ず売れる!」と。

ハッキリ言ってこれは幻想です。もちろん売れるには良いものを作る必要がありますが、だからと言って「良いものなら絶対に売れる」わけではありません。どんなに良い物でもそれを売るためにはそれなりの仕掛けが必要です。ワンフェスでキットが売れるのは事前の仕掛けとプロモーションの結果であって、売れるか売れないかは会場に入る前に大体決まっているのです。(もちろん例外はあります)

我々が過去9回連続してワンフェスに参加し続けて来たのは、今回のプラキット化プロジェクトに繋げるためであったと言っても過言ではありません。もちろん最初はクラウドファンディングなるものも知りませんでしたから、

「そのうちどこかのメーカーが拾ってくれてプラキット化の話が転がり込んでくるさ」

などと(割と)真剣に思っていました。でも今にして思えばそれもクリエイターのよく陥る幻想でした。巷ではたまにそう言う話を聞くこともありますが、我々にはありませんでした。残念ながら…。

そもそも自分で創ったオリジナルのデザイン(とコンテンツ)を版権ごとメーカーに渡してまでメジャーになることにどれだけの意味があるのか。そう考えいるとこれは必ずしもウマい話では無くなります。ウマい話とはメーカーにとってもウマい話なのです。ビジネスですからそれは当たり前です。

我々はワンダーフェスティバルをビジネスの場として捉えてきました。一時はこれで食べて行こうかとも考えましたが、それはとても無理です。それが出来ているのはほんの数人のディーラーさんだけでしょう。ではなぜワンダーフェスティバルに参加し続けているのか?

それはここが「最高のプレゼンテーションの場」であるからに他なりません。

我々が創っているオリジナルコンテンツをより多くの方に知ってもらうのに、ワンダーフェスティバルはこれ以上ない機会(チャンス)なのです。実は人型重機をプラキットにしたいのも、ガレージキットではなし得なかった「より多くの人にキットをお届けする」ことで、それをきっかけに「Kampf Riesen Mars」のストーリーや世界観に興味を持ってもらいたいがためなのです。今回のプロジェクトに解説本のリターンを設定しているのはそう言った理由からです。実はこれ、2013年のワンフェス初参加の時から何も変わっていません。5年前に出来なかったことを今、形を変えてやろうとしているだけなのです。

 

今回、おかげさまでインジェクションプラキット化プロジェクトが成立したことを受けて、最近では「Ⅳ号」以降のシリーズや一般流通に関するご質問も頂くようになってきました。ただこれに関しては今後の「Kampf Riesen Mars」全体の盛り上がり次第によるもですので、今のところまだはっきりしたことはお答えできません。ただ、その為の仕掛けはこれからもし続けて行くつもりです。(いくつかの仕込みも既に進めております)そしてワンダーフェスティバルにはこれからもずっと参加し続けて行くと思います。それこそが最高の仕掛けであり、最大のプロモーションであるからです。ひょっとすると、もう1回ガレージキットの新作を出すことがあるかもしれません。そんなサプライズや新しい取り組みをプレゼンテーションできる場は恐らくワンダーフェスティバル以外にはあり得ないと思います。

「ワンフェス出身の個人ディーラー」はいつまでも「ワンフェスに出展しているディーラー」であり続けるでしょう。「もう来るな」って言われるまでは。

これからもワンフェスディーラー「Kampf Riesen Mars 1941」をどうぞよろしくお願いします!