「学ぶ」×「食べる」×「繋がる」=食事券を使って自立できる子どもを増やし育てる!

集まった支援総額
¥1,102,000
パトロン数
171人
募集終了まで残り
終了

現在110%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2017/12/22に募集を開始し、171人の支援により1,102,000円の資金を集め、2018/01/29 23:59に募集を終了しました

お腹が空けば悪い事を考えるし、学ぶ気力などない・・・ 私自身の貧困体験や普段の相談活動を通して感じていることです。 中高生が同級生や大人に対し、「学ぶ」or「手伝う」or「教える」をすることで食事券を支給します。働く体験や自らが必要とされる体験だけではなく、団らんの時間を提供する居場所事業です。

プロモーションビデオが完成

活動紹介の動画が完成しました!

ご覧ください。

残り数時間となりましたが、ネクストステップとして150万円をめざして挑戦中です。

150万となれば古民家を借り入れることができ、

もっと広い場所で活動を提供することができます。

子どもたちに広い場所で、

「学ぶ」・「食べる」・「繋がる」

を提供できる居場所を創りたい!!!

ご支援よろしくお願いいたします!

居場所事業の中核メンバーのご紹介

まずは、社会体験事業部の事業部長であり、今回の居場所事業の責任者(須藤 竜)からご紹介!

普段は、養護施設で寝食をともにしながら、社会的養護の子どもたちと常に触れ合っています。食事もつくれる保育士さん。人を引っ張る力をもち、常に新しいことに好奇心が旺盛。他のメンバーとの違いは、とにかく前向きで明るく、話し相手のモチベーションを上げまくるモチベーターとしての能力が激高です!

役割:責任者・モチベーター・対話・食事提供・体験提供

 

次は、我々のマスコットキャラであるしんごちゃん!

普段は、声優の指導や脚本、イベントのMCなどをおこなっています。去年からは都立高校で演劇部の顧問としても活躍中です。黒沢からのナンパ?から、気付けば3年目。出張授業では、前に立ちMCとして、授業を切り盛りする立場。高校生から絶大なる支持がある人物です。そして、日々の自炊をする強者男子でもあります。

役割:対話・コミュニケーション指導・食事提供・体験提供

 

最後に、若者就職支援協会の副理事である森 智洋のご紹介!

普段は、合気道(合気会)の師範として世界中を飛び回っています。目に見えないものですが、身体に流れる「気」の使い方や「息づかい」など、古来からある武道の真髄も伝えてくれます。健全なる精神は健全なる肉体に宿るともいいますし、身体と精神のバランスを保つ方法を伝える人物です。

役割:精神安定・身体機能向上・体験提供

 

もちろん、他のメンバーもまだまだおりますよ!多様すぎて困るぐらいいろんな人が関わっています。生きづらさを抱えた子どもたちは、「大人と出会う機会」を奪われ、「体験の機会」を奪われています。私たちは、彼らに「さまざまな機会」のキッカケを創る存在になる!しかし、まだまだ、資源が足りていません。応援をお願いいたします。

他メンバーはこちらにも! ⇒ 若者就職支援協会メンバー紹介

今年最後の出張授業にいってきました!

先日、今年最後の出張授業に行ってきました!

今回のプログラムは「最低限!知っておきたい労働法規」

多くの高校で導入いただいているプログラムです。割増賃金、休日規定、罰金規定、多様な働き方などを知る機会は、そんなに多くはありません。早い段階で学ぶことが、自分の身を守るうえで大事なことですよね?

 

実は、厚生労働省の労働教育教材の作成委員として関わってもおります。昨年度は、高校教員向けに関わり、今年度は大学教員向けの教材作成に関わっています。働く上で必要となるルールや考え方を早い段階で知る機会をもっともっと届けたい。

 

生徒の目が真剣になり、目の色が変わる瞬間を創ることが私たちの役割でもあり真骨頂。生きづらさを抱えた(今後抱える可能性がある)生徒も多数いる定時制高校をメインにキャリア教育を提供していますが、まだまだ、ご支援が必要です。

応援よろしくお願いいたします!

スッタフのブログもご覧くださいね。⇒ 若者就職支援協会のスタッフブログ

Back
Next