こんにちは、ちゅあのりこです。

 

今回のプロジェクト、5月20日午後11:59をもって終了し、無事103%を達成することができました。

 

本当に皆様のおかげです。ありがとうございました。

 

これからやることが山積みですが、皆様にお届けする日本語版を最高のものにするために、がんばります!

 

 

さて、投票の集計が取れましたのでここにお知らせします。

 

 

てんごくにとどくケーキ 27票

マフィンとやさしいおおかみにんげん 4票

ひのライオン みずのライオン 10票

ロケットいもむし 10票

たけとりものがたり 4票

きみのなまえ 3票

 

 

ということで、「てんごくにとどくケーキ」に決定いたしました。

 

 

 

作者の私としてはどの絵本も思い入れがあるのでどれになっても嬉しいのですが、ご意向と違う絵本になってしまった支援者様には申し訳ありませんが、今回はその絵本を見送りという形にさせていただきますね。

 

でも今回のこの絵本出版を皮切りに、また日本で出版できるよう道を模索して参ります。

 

本当にご協力、ご支援ありがとうございました。

活動報告

第6回活動報告

こんにちは、ちゅあのりこです。

 

残すところ、あと4日になりました。

現在は54.4%の支援達成。

 

 

あと4日で残りの45.6%を達成できるのかということですが・・・

 

その前に御礼を言わせてくださいね。

 

支援者の皆様、応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。

 

54.4%という数字に達することができて、本音でとても嬉しいんです。

まだまだ目標には届いてないのですが。

 

こんなにも支援してくれる人がいるんだなぁという気持ちです。

 

そして、仲の良い友人や家族はもちろんですが、SNS上で知り合った方、全く面識のない方がどんどん情報を拡散していてくれてるという事実。

 

即支援につながらなくとも、確実に読んでくれた人はこのプロジェクトで増やすことができたなと思います。

 

 

でも目的はやっぱり、「自国の日本で出版すること」。

 

目標にまだまだ届いてないことを ”これだけ広まったならいいや” と諦めるのはまだ早い。

 

何より、支援者の方々に申し訳ないです。

 

 

 

きのう私のインスタグラムで、あるアカウントにタグ付けされました。

 

聞いたことのない英語のアカウント。画像は何やら女性が本を読んでいる様子。

 

投稿の詳細を読んでみると、

 

”Join a young boy’s journey as he bakes and climbs a ladder of sweets to reach his beloved grandmother in the sky. Watch this heartwarming bilingual story now!”

 

と書いてありました。

 

なになに、

 

”お菓子のはしごを上って空にいる大好きなおばあちゃんに会いに行く少年の旅に一緒に出かけよう”

 

 

 

へぇ〜。

 

 

 

と本気で2秒くらい気づいてなかったのですが、

 

 

そう、それは私の絵本でした。

 

 

 

画像も小さくて気づかなかったのですが、女性が読んでいたのは

 

「てんごくにとどくケーキ」。

 

発行元はフィリピン。

 

フィリピンのオンラインチャンネルの公式インスタグラムが、私の絵本をフィーチャーしてくれていたようです。

 

あぁ、そうかぁ・・・

 

 

私の絵本は、今3カ国で読まれているんだよね・・・

 

 

 

そう思うと感動したと同時に、どうして日本ではできないのだろうと悔しさにも似た気持ちが生まれてきました。

 

あと4日。4日で何ができるのかな。

 

直接日本の出版社や地元のフリーペーパーの発行元にコンタクトを取り、どうにかプロジェクトをとりあげてもらえないかと打診してみたり。

 

とにかくSNS上でたくさんの人にシェアをお願いしたり。

 

今もできることを考えています。

 

 

今回の活動報告が最後になってしまうかと思いますが、4日間がんばりますので、まだまだシェア・拡散をお願いできたらと思います。

 

 

 

 

こんにちは、ちゅあのりこです。

 

プロジェクトも残すところあと2週間となりました。

現在約44%達成です。

 

なかなか難しさを感じています。

 

 

でも、たくさんの方が応援してくださっています。

 

 

さて、本日はその中の一人をピックアップさせてください。

 

 

彼女は私の地元の友人でもあり、作家仲間でもあり、家族ぐるみの交流もある方です。

 

 

作家は作家でも、私は絵本作家。

 

 

彼女はクッキー作家さんです。

 

 

彼女の作るアイシングクッキーは、その人柄そのものに優しい色使いと繊細なデザインを施されています。

参考のためにFBページとサイトリンクを貼らせていただきますね。

 

FBページ  https://www.facebook.com/yuratolink/

 

サイト    http://yuratolink.net

 

 

↑こういった作品を作っている彼女ですが・・・

 

 

本日、彼女のSNSで、私のプロジェクトのことが紹介文とともにシェアされました。

 

丁寧に書かれた文章ももちろん大変うれしかったのですが、そこに投稿されていた写真。

 

 

私の絵本のキャラクターを、クッキーにして写真を撮ってくれていました。

 

それを見たとき、言葉にならないほど感動しました。

 

 

「ひのライオン みずのライオン」の中のしまうま。

そしてきのライオンへの変身シーン。

 

「ロケットいもむし」のラストシーン。

 

彼女の優しい世界で、見事に再現されていました

 

 

忙しい彼女が(本当にとても忙しい方です)、シェアするために少しでも目をひくように作ってくれたのだと思うと、言葉にならないくらい感動しました。

 

 

支援者の中には、彼女のように直接知り合いの方がたくさんいます。

 

ジュエリー作家である方。石鹸作家である方。色彩教室を主催されている方。

素敵な女性たちです。

そして教育に関わる方。子育てに積極的に関わっている父親である方。音楽活動をずっとされている方。写真家の方。

絵本が大好きな方。ご夫婦で応援してくださっている方。

 

 

本当にありがとうございます。皆様のおかげで心強い気持ちでいられます。

 

 

そして、全く知り合いでなく、SNSやネットでプロジェクトのことを知って応援してくださってる方々。

 

支援者の情報は、ニックネームしかわからないので、もちろんこちらには皆様がどのような方かはわかりません。

でも私の絵本を読んでくれたということ。

その絵本を好きだと思ってくれたということ。

支援することを選んでくれたということ。

 

皆様が私にとって、前に進む原動力となっています。本当にありがとうございます。

 

 

 

冒頭でも述べましたが、あと2週間です。

 

 

最後まであせらず、がんばります。

こんにちは、ちゅあのりこです。ご支援ありがとうございます。

現在34%達成です。

 

今日はいつもと少し趣向を変えて、作画のプロセスを少し紹介したいと思います〓

 

前置きですが、私はアートスクールでマルチメディアを専攻したウェブデザイナーでした。(過去形なのは現在ウェブデザインはしていないからです。)

イラストレーションを専攻していないので絵をそこまで本格的に勉強していません。

絵に関してはほとんど独学です。

 

ですので技術的には、活躍されている他の絵本作家さんやイラストレーターさんには及ばないところがたくさんあります。

 

でも自分が未来を担う子どもたちへと魂を込めて作ったお話を、自分の絵で壊してしまうのは嫌なので、自分なりのやり方を見つけて描いています。

 

どんな風に描いているのかというと、こんな感じです。

 

 

 

私の絵本を全て読んでくださった方はお気づきかと思いますが、私の絵のスタイルは様々です。

今回ご紹介したのはその中の一つのスタイルでした。

 

 

いかがでしたでしょうか?

できあがる過程を振り返ってみると楽しいものですね。

 

 

 

さて、ここで改めて皆様にお願いさせてください。

 

 

最初にお知らせしましたが、現在支援34%です。

少し集まっては数日停滞、を繰り返している状態です。

お手数ではございますが、今一度プロジェクトの拡散をしていただけますでしょうか。

 

 

 

プロジェクトをご紹介いただく際、よろしければ以下の****で区切られた文章をコピペしていただけるとお手間が省けるかと思います。

 

 

****************

こんにちは、マレーシアで絵本作家をしているちゅあのりこと申します。

現在私が出版した5冊の内、一冊目の本はマレーシア、韓国、フィリピンの3カ国で出版されております。
交渉中の6冊目は確定ではありませんが、マレーシアとイランの共同出版の話が出ています。

そうなると4カ国で出版したことになります。

 

でも自分の国では出版をしたことがありません。

 

日本語で読みたい、と行ってくださるファンの皆様、いつも応援してくれている家族友人、そして「祖国日本で出版したい」という自分自身の想いの為にも現在クラウドファンディングに挑戦しています。

 

プロジェクト内容は、

 

【子どもと大人におくる絵本】海外で出版されている自分の絵本を祖国日本で出版したい

 

です。

 

まずはプロジェクト内容を一読ください。

プロジェクト全貌を読んでいただいて興味が沸いたら無料公開中の絵本を見ていただきたいのです。

もしお話が心に響いたら、プロジェクトのご支援、又はシェア・拡散をよろしくお願いいたします。

 

支援者の皆様には魅力的なリターンをたくさん揃えました。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

****************

 

 

 

 

 

読んでいただいてありがとうございました。

 

 

 

 

ちゅあのりこ