熊本から感謝を伝えたい「1000の笑顔とありがとう」フォトブックを出版

集まった支援総額
¥31,000
パトロン数
4人
募集終了まで残り
終了

現在1%/ 目標金額3,000,000円

このプロジェクトは、2016/04/30に募集を開始し、4人の支援により31,000円の資金を集め、2016/05/31 23:59に募集を終了しました

2016年4月14日熊本地方を震源とするマグニチュード6.5(暫定値)の地震が発生しました。 今回、自分の知らない人や場所からたくさんの恩を頂き、その中でたくさんの笑顔が生まれました。 支援してくださった方々に対する感謝を発信する「モノ」が必要だと考えフォトブック出版を発案いたしました。

介護施設にてミュージックライブ!たくさんの笑顔を頂きました!!!

介護施設にてミュージックライブを行ってきました!!

何か自分の力でできることを!と思い今回ライブをさせていただきました。

音楽と言っても少しかじっている程度なのですが、聞いている方々が笑顔になっているのを見て

やってよかったと思いました!!!

しっかりフォトブックにも掲載させていただきます!!

まだまだクラウドファンディングで集めている出版費のほうが

足りていない状況です!!

ご支援、拡散など、ご協力よろしくお願いいたします!!!

プロジェクトFBページ

https://www.facebook.com/kumamotohukkou/

運営チーム詳細ページ

http://xn--b5t10oq9iu8q.com/

合同会社ピースリボンHP

https://peaceribbon.jp

 

 

 

スギちゃん登場!支援物資をありがとう!

なんとなんと!

スギちゃんが熊本で支援活動をしてくださったそうです!!

先日も活動報告で紹介させていただきましたが

工藤さんの活動を知って、

直接車で来てくださったそうです!

スギちゃんの元相方をされていた沢原さんも一緒に来て頂き

睡眠もほとんど取らず支援活動をしてくださったとのことです!

工藤からの感謝の言葉です。

スギちゃん!!沢原さん!

おかげさまで沢山の人が笑顔になりました!ありがとう!

写真の提供

SR企画様

srkikaku.jimdo.com

工藤造展様

使用許可

サンミュージック様

 

 

プロジェクトFBページ

https://www.facebook.com/kumamotohukkou/

運営チーム詳細ページ

http://xn--b5t10oq9iu8q.com/

合同会社ピースリボンHP

https://peaceribbon.jp

 

 

 

 

 

 

プロジェクトFBページ

https://www.facebook.com/kumamotohukkou

運営チーム詳細ページ

http://xn--b5t10oq9iu8q.com

合同会社ピースリボンHP

https://peaceribbon.jp

 

 

震災の中、笑わせてくれた父に感謝!

写真は安在英華さんからメールでのご提供です。

カメラを向けたらこんな顔をしてくれた父。

地震の影響でとてもきついはずなのに、笑わせてくれてありがとう。今は傍にいられないけど、父の背中を信じています。

とMessageを頂きました。

写真のご提供ありがとうございます!

 

プロジェクトFBページ

https://www.facebook.com/kumamotohukkou/

運営チーム詳細ページ

http://xn--b5t10oq9iu8q.com/

合同会社ピースリボンHP

https://peaceribbon.jp
 

 

メールにてお写真のご提供ありがとうございます!!!

メールにてお写真をご提供していただきました!!

現在、鹿児島に避難されていて、久しぶりに家族が全員揃いましたとのことでした。

自分自身も今回の震災で、改めて家族や大切な人の重みを実感させられることも有りました。

とても心温まる素敵なお写真ありがとうございます!!

 

 

プロジェクトFBページ

https://www.facebook.com/kumamotohukkou/

運営チーム詳細ページ

http://xn--b5t10oq9iu8q.com/

合同会社ピースリボンHP

https://peaceribbon.jp

佐藤敏郎先生の講演に行かせていただきました!!

佐藤敏郎先生は宮城県の女川町、東松島市の中学校教諭として国語、防災を担当している方で、
「小さな命の意味を考える会」代表もしておられます。


3.11の東北大震災で当時石巻市立大川小学校6年生の次女が犠牲となりました。

3.11を体験した者として、未来の命を守るために何かしないではいられないと思い。
それまでは「学級づくり」「行事」「生徒会」といった「人間関係づくり」活動に積極的でしたが、防災とは「地球との関係づくり」だと考えるようになったそうです。

高校教師を退職後、震災の状況や、防災についてのお話を日本各地で講演されています。

今回の熊本を襲った震災があり、学校再開に当たっての教師の心得や、子どもたちの心のケア、復興活動についてなどを講演で話して下さいました。

佐藤先生の授業の中では、半年ごとに震災で感じたことを俳句で表現する事が行われたり、子どもたちへの表現の仕方、受け取り方など様々な工夫を行っていたそうです。

熊本を襲った地震が与える影響は目に見えるものだけではないと改めて実感させられました。

だからこそ誰かの希望の光となるようこのプロジェクトを成功させよう!!!と強く思いました!

佐藤敏郎先生、運営の皆様、熊本保健科学大学の皆様本当にありがとうございました。

佐藤敏郎先生ブログ

小さな命を考える会

http://311chiisanainochi.org

 

プロジェクトFBページ

https://www.facebook.com/kumamotohukkou/

運営チーム詳細ページ

http://xn--b5t10oq9iu8q.com/

合同会社ピースリボンHP

https://peaceribbon.jp

 

 

 

 

Back Next