犬たちを、殺させない!安全な家と走り回る自由を【コンテナハウスとドッグラン】

キャンプファイヤー 寄付型のバッヂ
集まった支援総額
¥3,349,000
パトロン数
207人
募集終了まで残り
終了

現在40%/ 目標金額8,200,000円

このプロジェクトは、2018/03/13に募集を開始し、207人の支援により3,349,000円の資金を集め、2018/05/30 23:59に募集を終了しました

当会CAPINの保護施設は常に犬猫でいっぱい。行政による殺処分や虐待から大切ないのちを緊急保護できる『ドッグラン付きコンテナハウス』を。あなたのお力で。

心よりお礼申し上げます NPO法人CAPINボランティア一同より

ドッグラン付きコンテナハウスを建設するためのクラウドファンディングへのご協力を頂きまして誠にありがとうございました。たくさんのご寄付をお寄せ頂き、心より感謝を申し上げます。

感謝とともに、会計のご報告をさせていただきます。

なお、1万円以上のご寄付をくださった方は、ドッグラン(またはコンテナハウス)に掲げる設立者銘板にお名前を記載させて頂きます。

大変お手数をおかけ致しますが、当会宛に、漢字でフルネームをお知らせ下さいませ。

アルファベット、カタカナ、イニシャルまたはペンネームがご希望の方は、そのように致します。

CAPIN鶴田までご連絡をお願いいたします。

代表アドレスはこちら

info@capinew.jp

●クラウドファンディングで集まった額:

2880140円
(207人、3349000円に14%手数料を引いた額となります。
目標金額の4割も集まりました。ありがとうございます。)


●現時点での支出合計:3,057,901


内訳:
2,590,013 コンテナ、フェンス、アンカー、パネル、床材、ペンキほか
45860 二重扉
51200 エアコン(常総シェルター)
300000 ドッグラン建設費(材料込み)
2784  蝶番
68044 常総シェルター犬舎脱走防止

 

・ドッグラン(大)の大枠が出来ました。

・コンテナハウスを使用しながらの建設でしたので、本格的な仕切りや床はこれからです。

・ドッグラン(大)が未完成です。

・ドッグラン(小)が手つかずです。

・コンテナの入口前(通路)に屋根をつける作業も未完成です。

・コンテナ内部の部屋分けのためのパーテーションが未完成です。


皆様からの大切なお金をお預かりしていることを忘れずに、節約を心がけながら、保護犬のエアコン付きコンテナとドッグランを作って参ります。
フェンスはイノシシ除けの安いネットを特注しました。なるべく経費を抑え、新品でなくご寄付や廃材を利用します。
龍ヶ崎の坂本材木店さんには、たくさんの材木のご提供をして頂いております。心より感謝いたします。また、コンテナ内部の作業は、ボランティアさんにより助けられました。お忙しいなか、ほんとうにありがとうございます。
新常総シェルターの施設の脱走防止策も実現し、コンテナにエアコンを付けることも叶いました。
皆様のご支援のおかげで、飼養環境もまた一歩前に進みました。ありがとうございました。改めてきちんとしたご報告をさせて頂きますが、まずは心よりのお礼まで。

コンテナハウスがあって犬も猫も助かりました。

皆様、ご支援をありがとうございます。

改めて、会員一同、心より感謝申し上げます。

クラウドファンディングの〆切も明日となりました。

あれから、様々な虐待やネグレクト相談への対応があり、また脱走した犬猫の捜索が続きました。9匹の子犬を抱えた母犬や身重の犬を含む飼い主不明の犬たちを茨城県動物指導センターから引き出したり、野犬の子犬の捕獲もあり、河川敷や住宅地で繁殖した猫の保護や去勢も同時並行で行っております。

一昨日は成猫6匹と子猫5匹を保護、昨日は成猫3匹と子猫5匹を保護、今朝は子猫5匹を保護、といった具合です。

活動に追われてあっという間に〆切を迎えようとしています。

エアコン付きコンテナハウスがあって良かったと思うのは、シニアや子犬子猫の緊急保護が可能になったことです。

1ヶ月半、悪徳ブリーダーから緊急保護した柴犬たちが、コンテナハウスで生活しまし、それぞれの里親様預かり様に巣立っていきました。今は鬼怒川水害で被災したシニア犬マーブルがコンテナハウスで穏やかにお世話を受けております。もうすぐ、野犬の子犬も入り、社会化トレーニングを受けます。

先日、子猫の緊急保護時にもコンテナの一角を利用しました。中を区切るから色々な使い方が出来ます。有り難いです。

残念ながら、今は赤字ですが、ドッグランも実現できるよう、手作りに近い形で、連日作業をしております。早く中で犬を自由に遊ばせたいものです。

犬を保護するには場所が必要です。遺棄、虐待、放浪、飢餓や衰弱を辛うじて乗り越えるなど、訳あって保護されてきた犬たちを、まず安心させることの大切さを思います。安心して眠れ、お腹を満たすことができ、お散歩やブラッシングなど日々のお世話を通して人への信頼を築けるような場所となりますように。

ご支援下さる大切な資金を用いて、これから、ドッグラン付きコンテナハウスをますます充実させて参ります。

クラウドファンディング企画へ最後のご支援を、どうか、よろしくお願い致します。

CAPINのこれまでの活動に関してまとめた記事はこちらです。

https://ameblo.jp/capin-blog/entry-12379393107.html

今後も長く、活動の見守りと、わんにゃんへの応援をお願い致します。

散歩や猫の世話、保護活動や虐待相談対応のため更新が遅れています。

ご支援をありがとうございます。温かなお気持ちに感謝をしております。

なかなか進捗状況をご報告出来ず申し訳ございません。

犬猫を多数抱えながらパソコン前に座ることもままならず、携帯から保護活動のブログ記事を書くのに手一杯です。

あらゆる意味で余裕がなく、申し訳ございません。

気づいた数日しか残っていませんでした。

充分な広報が出来ていないなかでも、こんなに多くの方がご支援をくださり、励ましを頂いております。

集まった資金で精一杯できることをやらせていただきます。

CAPIN

ドッグラン建設準備を進めております

ドッグラン建設に使用する単管パイプやクラッチ、ベースなどの材料を、皆様からご支援を頂くたびに少しずつ購入させて頂きながら、ドッグラン建設を進めております。

この日は船橋の工房41、金属機械熔接工の上原様のご指導のもと、フラットバーの穴あけ準備作業を行いました。

ブログより文章を転載しご報告に変えさせて頂きます。

 

☆☆☆☆☆☆

朝犬のあとは母子犬の物資を届けに常総預かり様宅へ。

大家さんから軽トラをお借りしました。荷物を降ろし、その足で船橋の上原さんの工房へ向かいました。

フェンス建てのパレットバー穴開け作業があります。パレットバーと単管パイプでワイヤーネットを挟むのです。

{6FBC6C93-2BE5-4C5C-84F4-EED57DE82F25}

パレットバー70本に機械で穴開けをしていきました。

{D3BEAFB5-5A61-4635-8105-ABD0F83BF18D}

{D44B7AB9-4558-4CE1-B83D-1ED3377E0563}

{EA28F609-6FDB-4298-A9BF-1F06174BA8D9}

 

{E4FF3F14-80FF-4E0A-BC6F-52C31CD492E8}

{983F712C-7421-4C97-826E-A4CB151B5C10}

溶接工の上原さん。

{2CBE6CF9-B656-4E45-BA94-DC07A9B2D289}

画家の高木なまこさん。

熊本被災動物のレスキューでご一緒してから、ずっと交流があり、今回も色々なご助言、サポートをして頂いています。

 

夕方、また常総に戻り、母子犬のお世話。
お母さんはごはんもしっかり食べ、子犬にミルクをあげています。舐めて下のお世話も。

昼にもとこさんにお願いして見に行って頂いていましたので安心でした。
乳飲み子の保護経験のあるボランティアさんには本当に助けられます。

{92710759-6CD4-4AEF-B919-C062031A4732}

{99D20368-543F-438C-9091-21A36B6363AE}

夜、シェルターに戻り、一部、形になりつつあるドッグランを見ました。

神野様、大家さん、ありがとうございます。

力を合わせ、お陰様で、少しずつ、前に前にと進んでいます。

https://ameblo.jp/capin-blog/entry-12370123797.html

 

 

4.18 成犬1頭、子犬5匹を動物指導センターから引き出しました

写真は、4月18日に茨城県動物指導センターから引き出した犬、親子に見えます。

以下、ブログより転載致します。写真もあります。

https://ameblo.jp/capin-blog/entry-12369476607.html

成犬は2月に坂東市からセンターに入りました。

この成犬にはもともと子犬たちがついていたか、センター収容直後に生まれて、みな団体譲渡されたようです。

母子一緒で引き出す団体さんがなかったのでしょう。母犬が怖がりだから、難しかったのでしょうか。

自分の子犬はすべて譲渡となり、母犬はセンターに残っていた、まだ乳が出ていたので、4月に保護された神栖市の子犬5匹の乳母となったそうです。

えらいね、このお母さんは。よその子犬たちを育てています。

授乳できたから、生かされていた。

でなければ、処分されていたはずてす。

 

 

擬似親子犬を預かり様のもとへと高速とばしました。

センターには子猫もたくさんいました。

センターには目の開かない子猫たちが多数運ばれています。

当会では、1ヶ月半の期間限定ミルクボランティアさんを募集しております。哺乳瓶とミルク、必要な日用品はこちらがご支援物資から提供致しますので、お願いできませんでしょうか。

自力で食べられるようになれば預かりができるボランティアさんは割とおられます、その前の授乳期間を乗り越えるためのミルクボランティアさんがおられたら、こうした乳飲み子たちの引き出しが可能となります。

隔離されたこの子猫は衰弱していました。

{F3759E15-7A6F-4663-889A-FCE61959500C}

助けて。
ここでは、犬、猫、人の
悲鳴が聞こえてきます。

助けてと言われて、助けないことがあろうか。
でも私たちも、すべて引き出す態勢にはない。

悔しくてなりません。

4月に入り、金曜日に焼却炉が動いたそうです。
今年度、最初の殺処分は行われてしまいました。

皆さんに知ってほしい。
そして、1匹でも、預かりや里親になって、助けてほしい。

 助けてください。

 

Back Next