この度、様々な方々とお話をさせて頂いたり、お伺いさせて頂いた中で、今回プロジェクトの具体的な最終目標をハッキリと設定させて頂く事にいたしました。

このプロジェクトの最終目標はブラックバスを「特定外来種」から「産業管理外来種」への指定変更を目標といたします。

「産業管理外来種」とは「適切な管理が必要な産業上重要な外来種」となっており現在「産業管理外来種」に指定されているのはニジマス、ブラウントラウト、レイクトラウトの3種です。

ブラックバスが持つ産業としての重要性を訴え、管理釣り場等での利用を調査、実用を行いながら水産庁と交渉を行い産業管理外来種への登録を目指します。

水産分野での産業管理外来種についての現在について詳しい内容は水産庁のHPよりご覧頂けます。

水産庁_産業管理外来種

http://www.jfa.maff.go.jp/j/enoki/attach/pdf/naisuimeninfo-7.pdf

しっかりと管理する事が出来る様に、魚の管理のプロである全国の管理釣り場様を中心に様々なご意見を伺いに行きますので、今後も宜しくお願い致します。

次回の取材予定は5月20日、宮城アングラーズヴィレッジ様になります。こちらでは現在既にブラックバスを釣魚として活用していらっしゃるので、とても参考になるお話が聞けるのではないかと期待しております。

 

先日お話を聞かせて頂きました群馬県にある「川場フィッシングプラザ」の見城社長。

その様子を編集しyoutubeにアップいたしました。

音が出せない場所での視聴や耳の不自由な方でも見て頂けるように会話には字幕を付けております。

色々なお話をお聞かせ頂き、大変勉強になる取材となりました。

先日群馬県にある川場フィッシングプラザにて特定外来種についてのお話や、管理釣り場についてのお話を見城社長様から頂くことが出来ました!

管理釣り場における現在の問題点や外来種との付き合い方等、非常に勉強になるお話を聞かせていただきました。

只今動画を編集しておりますので近日中にもyoutube(広告なし)にてアップいたします。動画の中には収録されていない撮影中以外にお聞きしたお話も記事としてアップしようと思っております。

次回の訪問先もただ今交渉中ですので、決まり次第報告させていただきます。