伝説的宇宙アニメ マクロスF(マクロスフロンティア)で
ヒロインの歌姫”シェリル”の歌声を担当していた歌手
「May'n(メイン)」さんが
この夏、忍者たい焼に来ました。

 

↓↓これはその時の動画です。↓↓
May’n「鯛使、たい焼き広めたいしっ!」第3尾 浅草5店食べ歩き!<後編>

さらに詳しい記事はこちら。
第3尾!鯛使の夢がひとつ叶った日<後編>

 

May'nさんは、国内・海外で幅広い歌手活動をされている他に、
「たい焼き親善鯛使」という大好きなたい焼きを世に広める活動もされており、
取材の一環で忍者たい焼を訪れました。


わたしは以前、キャンプファイヤーの活動報告でこう述べています。
『当店で販売している2つの鯛焼き、「忍者たい焼」と「ネクたい焼」。
実は最初に生まれたのは”ネクたい焼”です。』

こんな冒頭ではじまるエピソードを載せました。↓↓↓

あのアニメが「ネクたい焼」を産んだ~『ピンク色の鯛』がもたらしたヒラメキ~


この中で、わたしはネクたい焼が生まれたきっかけを
こう述べています。
『アニメのヒロインが持っているピンク色の携帯電話が、魚の”鯛”の形をしていたのです。“タイの形のケータイ”でした。ダジャレの要素があったのです。
それを見て、(中略)「鯛焼き」を駄洒落にしたキャラクターを作ってみてはどうだろうと、インスピレーションを得たのです。』

実は、このアニメこそマクロスFなのです。
わたしは、「ネクたい焼」が思いつくまで、
たい焼き屋をやろうと思ってはいませんでした。
マクロスFで“ケー鯛”というダジャレのたい焼きを見て
ネクたい焼をひらめき、
これを売るためにキャラクターたい焼き屋を開こうと決意。
それからしばらくして忍者たい焼というキャラたい焼きを発想したのです。
“ケー鯛”との出会いがすべてのはじまりでした。
マクロスFという作品が私のいま歩む道を作ったのです。

さきの活動報告の最後で、私はこう締めくくっています。
『ピンク色の鯛の形をしたケータイが登場するあのアニメ作品の関係者様に
いつかネクたい焼を食べて頂き、誕生秘話を伝え、ヒントを頂いたお礼を述べるのが私のもうひとつの夢です。』

夢は叶いました。
しかもです!
マクロスFの関係者の中でも、
特に感謝を伝えたかった人。
ケー鯛の持ち主のヒロイン「シェリル」=May'nさんに、
直接お礼を言えたんです!

動画の中でご本人が語られているように、
ヒロインである歌姫シェリルの持ち物として
ケー鯛がマクロスFの世界に登場したのは
その歌声を担当するMay'nさんがたい焼き好きだったから。
つまりMay'nさんがいなかったら“ネクたい焼”はなかった。

そのMay'nさんにネクたい焼を食べて頂いた。
現実だけど夢のような、奇跡のような一日でした。
あの日から二か月近く経ちましたが
薄れることのない幸せな余韻があります。

これを大きな励みに、
さらにひとつひとつ、
忍者たい焼は夢をかなえていきたいと思います。

まずはこの「ネクたい焼」を使った
“羽子板い焼(はごいたいやき)”が通販で今年の年末からお取り寄せできるように
ただいま着々と準備を進めております。

 

CAMPFIRE.magさんに取材いただいた記事
「浅草発の新グルメ「忍者たい焼」を全国へ!~プロジェクト大成功の秘密~」が本日掲載されました!

 

内容は以下の通り盛りだくさんです。

・創業から現在に至るまでの大きな経済環境の変化の中で、忍者たい焼がそれにどう適応してきたか。

・一筋縄に目標金額に達することがなかったクラウドファンディングの掲載期間中に、新たな支援者の開拓のため、どのような「広告」の工夫を凝らしたか。

・お取り寄せの仕組みをどのようなポリシーで構築したか。

・忍者たい焼の「今後の目標」などなど。


ぜひ、ご一読下さい!

 本日、CAMPFIRE mag.のご担当者様(女子力の高い素敵なお二人)が忍者たい焼に来て下さいました。


プロジェクトの掲載に至った経緯や、
掲載後の心境や支援者様とのやりとり、
支援者様にお渡しするリターンの質を担保する為の試行錯誤、
今後のお店の方向性など、
さまざまな内容をとても話しやすい雰囲気の中でヒアリングして頂き、
商品や店舗外観などバシバシと写真を撮って頂きました。

撮影もヒアリングでもこれと感じたものを逃すまいというご担当者様の執念が感じられる姿勢に感銘を受けました。

取材に来て頂いたお二方のような、
プロジェクトオーナーという素材から「引き出す力」を持った人財がいるからこそ、
CAMPFIREさんの各プロジェクトはより人を惹き付ける活力を持つのだな、と実感する充実の時間でした。

かなりいろいろと勝手に支離滅裂とお話させて頂いたので、
どんな記事としてまとめて頂くのか、(無責任に)楽しみです。

記事がアップされた際は、みなさまどうぞご一読下さい!

長いお時間を頂きましたが、
この度下記URLにて浅草忍者たい焼の通信販売が開始されましたこと、
ご報告いたします。


■浅草忍者たい焼 お取り寄せサイト(ヤフーショッピング内の店舗となります)http://store.shopping.yahoo.co.jp/ninjataiyaki-store/


商品の冷凍化による品質問題・輸送中のパッケージの事故防止・適切な賞味期限の設定。
パトロン様へのリターンの発送を通して学んだこれらの課題が
自信のある状態になるまで時間を要し、
冷凍たい焼きの通信販売の開始がこの時期まで遅れました事、
この場を借りてお詫びいたします。

パトロンの皆様のご芳名は
「トップページ」の左側にあるボタン「祝お取り寄せ実現プロジェクト大成功」を クリックして入るページに掲載させて頂きました。よろしければご覧下さい。

7商品からの販売になりますが、
今後さらに商品を充実させていく予定です。
(ネクたい焼に関しても時期を見て通信販売の取り扱いを開始致します。)


振り返ればこのキャンプファイヤーでのプロジェクトは、
本当に支援を受けることができ、達成する事ができるのか。
全く先の見えない
心もとないチャレンジでありました。
このような愛情深い方々とこの場で出会えることを
私は想像できていませんでした。
思いがけない善意の言葉に胸がいっぱいになった事もあります。

さまざまな形で頂いた皆様からの激励は生涯忘れられない財産です。
この場を借りてもう一度御礼を申し上げます。

お力を頂 き、全国お取り寄せの夢を実現させる事ができました。
皆様の忍者たい焼ネットストアーへのご来店を心よりお待ちしております。

余談ですが、
この秋、別々の方からフランスとアメリカへ
忍者たい焼をお取り寄せできないかとの要望を受けました。
現在、日本ではクール便で欧米諸国への発送の取扱いをしている
一般的な配送業者はなく現行では要望に応えられません。

しかしながら、海外発送という新しい課題に取り組み、
浅草忍者たい焼を通して海外の人にも
「日本」や「浅草」や「NINJA」を知ってもらう機会を
作りたいと思っております。

忍者たい焼はこれからもチャレンジを続けてまいります!

浅草忍者たい焼
代表 瀧口 温志
ご支援者様 各位

浅草忍者たい焼の瀧口です。

リターンについては7月上旬までにすべてのパトロン様へ発送が完了しており、
現在、お取り寄せの窓口になる公式ホームページの制作など
一般の方への通信販売に向けた準備を進めております。
(画像は急速冷凍し、真空パックした忍者たい焼です。
このような形で個包装した冷凍たい焼を箱詰めして発送します。)


リターンとして数多く冷凍たい焼を製造し、発送する手続きを通して、
様々な気付きと課題を見つけました。
特にネクたい焼に関しては、当初は忍者たい焼きよりもかなり薄く・
小ぶりの設計でしたが、
冷凍化に伴って形が崩れやすいなどの難点がありました。
そこで、デザインは変えないものの体積を増やして厚くし、
冷凍しても形が崩れず、美味しく出来上がる仕様に変えました。
この他にも、
パトロン様から教えて頂いた様々な気づきがありました。

これらの気づきを踏まえ、
拙速にならないよう慌てずに受注・製造・発送システムを構築し、
通信販売をはじめたいと考えております。

通信販売の開始までもうしばらく時間を頂きますが、
折に触れて、進行状況をご報告いたします。

また、一般販売は公式ホームページの開設を待ってからですが、
パトロン様の中で当店の冷凍たい焼の購入を検討されている方がおりましたら
個別に購入手続きのご案内を致しますので、
キャンプファイヤーのメッセージ機能にてお問い合わせください。
なお、当店は直近で一年で一番の繁忙日となる浅草の花火大会
(隅田川花火大会)を控えているため、
ご購入・発送手続きは8月以降とさせて頂きます。ご了承ください。
(既に購入希望をご連絡頂いている方には、日を改めてご案内を致します。
いましばらくお待ちください。)

浅草忍者たい焼
瀧口温志