子どもから大人まで一緒に学べる学校をつくろう!

集まった支援総額
¥540,000
パトロン数
69人
募集終了まで残り
終了

現在108%/ 目標金額500,000円

このプロジェクトは、2014/03/04に募集を開始し、69人の支援により540,000円の資金を集め、2014/04/02 23:59に募集を終了しました

講座にはこんな思いが詰まってます!

マチナカデミアすみだスタッフのジェームスこと菅野です。

マチナカデミアすみだが10/5に開校し半年が過ぎました。
この学校で展開される講座の大きな特徴のひとつに
ただスキルや知識を学ぶのではなく、“●●を通して▲▲を学ぶ”といった、かけ算の講座を実施していると言うことがあります。
今日紹介する講座「『しごと…仕事・志事・私事』すみだの仕事を知り・体験し、働くを考える」もそのひとつです。

私自身が、すみだの中小企業の経営者の方々から話を伺い…
○すみだには、多くの中小企業が存在し、ものづくりのまちとして発展・成長してきている。
○経営者の皆さんは、すみだを愛しすみだのために何かをしたいと考えている。
○働いている理由が、お金や自己実現のためでなく視点が高い。
と感じ、もっと多くの人に知ってもらいたい!これが講座設計のきっかけです。

そして、この講座のコーディネートを、元リクルート・ガテン編集長の小林さんにお願いしました。

単なる会社紹介ではなく、経営者の方の仕事観や人生観について話を聞いて、
仕事の一部も体験したいというリクエストから講座つくりが始まりました。
どんな体験がいいだろう?どんな話が役に立つんだろう?と毎回、直前まで講座つくりをしていただきました。

全6回の講座は以下の通りとなりました。
2013年10月 第1回
「日本に初めてスムージーを紹介」 丸源飲料工業(株)の阿部さん
 ~スムージー作り体験
2013年11月 第2回
「空の上から海の底まで」 (株)浜野製作所の浜野さん
 ~方抜き板金サッカーボール製作
2013年12月 第3回
「笑顔ふくらめ天まで届け」 (株)マルサ斉藤ゴムの斉藤さん
 ~風船キャラクター印刷
2014年1月 第4回
「生涯現役 ITで墨田区に恩返しを」 (株)エル・シー・アイの清水さん
 ~自分たちの写真を使って電子ブック作成
2014年2月 第5回
「木に携わり続けて350余年」 (株)駿河屋の一桝さん
 ~珪藻土の写真たて製作
2014年3月 第6回
「こんなのはじめて!」(有)ハガレックス・ジャパン/マチナカデミアすみだの学長の平野さん
 ~天然ラテックスでフェイスペイント

笑いあり、涙あり、ぶっちゃけトークありのここでしか聞けない話の連続でした。
この場を借りて、協力いただいたみなさまに感謝申し上げます。
受講された方々も、仕事観について考えるいい機会になった、もっと聞きたいと感想をいただきました。

シリーズ講座を終えて講座コーディネーターの小林さんが6人の経営者の方に共通することをまとめてくれました。
●24時間仕事のことが頭のどこかにあるので、おもしろそうなことがあると敏感にアンテナが反応する人。
●仕事に使命感をもち、誰より真剣に楽しむ。とにかく人生が楽しそう。こんな大人になりたいと思える人。
●自分の得意なこと、強みをよく理解し、人に任せることが上手。任せたら最後まで任せることが出来る人。
●人と人をつなげることが上手。とかく自分ですべてと考えがちな中、自分と人をつなげるより、他人同士をつなげることで、おもしろいことがおきそう、地域の発展に寄与しそう、と考えている人。
●お金はもちろん大事(実際、皆さん、一度は金銭面で泣いていました)。でも、お金のために商品を考えるのではない。自分の(自分たちの)できることが誰に役立つのか、誰のニーズをかなえることができるのかを常にチーム全員で考えている(考える機会を与えている)人。

すみだには、まだまだ、面白い会社がたくさんあります。
今後も、みなさまにご紹介できる機会を作っていきたいと思います。

マチナカデミアすみだには、他にも魅力的な講座がたくさんあります。
是非、ホームページもチェックしてください!
http://machinacademia.com/

東日本大震災の被災者の方々に謹んでお見舞い申し上げます。

みなさまこんばんは。
マチナカデミアすみだの川本です。

本日は3月11日、東日本大震災から三年が経ちました。
あらためて深く哀悼の意とお見舞いを申し上げます。

私たちの活動は東北復興支援と直接の関係を持つものではありません。
しかし、墨田区も地盤の強い地域だとは言えず、また、古くからの下町であり長屋も多く残っている、町工場が多いなど、大きな地震に襲われた場合深刻な被害が予想される地域でもあります。

災害が起こることを完全に予測することはできませんし、予測できたとしても被害をゼロにすることはできません。
被災後に地域のつながりが心の支えになったというお話を伺うこともあります。
私たちの活動が、仮に災害に遭った場合でも、その後の苦境を力を合わせて乗り越えるための地域のきずなを深める一助になると信じております。

最後になりますが、
社会貢献に取り組み、よりよい社会を実現しようとする一構成員として、
被災地の復興が一時でも早く進むように心からお祈り申し上げます。

プロジェクト8日目 ヒストリー編「開校式」

2013年10月5日(土)
ついに、マチナカデミアすみだの開校式を迎える日が来ました。

2013年4月から毎週水曜日19時~21時をマチナカデミアのミーティング日
として進めてきましたが、毎回ミーティングには新たなメンバーが加わり、
終了後には交流会となり実際に終わるのは、22時から23時ぐらいになって
いました。(スタッフのみなさん、本当に夜遅くまでお疲れ様でした)

あ、ちなみに、今でも続いております・・・・
スタッフに興味がある方は、お気軽にご参加下さい。。。

4月から熱い想いだけで他に何も無い状態から、開校式までの期間は
たったの6ヶ月間でした。
時間にすると、約72時間のミーティング時間で開校式まで迎えることが
出来たことは、今考えても奇跡としか言いようがありません。

開校式は、墨田区教育委員会から後援を頂けたり、
活動資金として墨田区「すみだの力応援基金」助成事業を採択して頂きました。

開校式の場所は、旧隅田小学校の図書室で行いました。
どうしても昔ながらの学校校舎で、学校の雰囲気を出したかったからです。
また、日程についても10月5日(土)新月の日にこだわりました。

開校式で行ったことは、
・マチナカデミアすみだにどんな思いが込められているのか?
・そもそも、マチナカデミアすみだって何だ?
・マチナカデミアすみだで行われる具体的な講座ってどんな講座なのか?
などについて、10時~12時の2時間で、わかりやすく説明をさせて頂きました。

9月中に入学手続きがお済みの方には、学生証の授与も行いました!!

取材に来ていたメディアさんは、
・東都よみうり新聞さん
・毎日新聞さん
・JCOMさん
全てのメディアに思った以上のスペースで取り上げて頂くことが出来ました。
本当にありがとうございました!!
取材された内容については、また後日ご報告させて頂きます。

そして入学式後、午後からはいよいよ以下の2つの講座を開催致しました。

・親子わくわく夢教室」〜自分の中に眠るキラキラした夢を発見しよう!〜
https://www.facebook.com/events/1378991822323333/

・『しごと…仕事・志事・私事』 すみだの仕事を知り・体験し、 働くを考える
https://www.facebook.com/events/562726727115812/

明日は、「すみだデミア」の人気講座、
『しごと…仕事・志事・私事』すみだの仕事を知り・体験し、 働くを考える

これって、どんな講座なのかについて、ジェームスこと菅野さんにお伝えして頂きます!!

 

 

プロジェクト7日目 ヒストリー編「体験会」

2013年10/5に開校したマチナカデミアすみだ。
しかし、当然その開校までには様々な道のりがありました。
その一つが、「体験会」です。

これは、正式な開校を前に、
・マチナカデミアのことを区民の方によく知っていただきたい
・どんな講座を用意しているのかを体験して欲しい
・「仲間になりたい!」「講師をやりたい!」と思う人が現れてほしい!

との想いで開催しました。

当日は、マチナカデミアの紹介だけでなく、実際に正規講座として開催した
「もしどら(「もしかして、ドラえもんは生き物なんじゃないの!?」)」
を本邦初公開。
論理的思考に更に批判的思考を加えて「自分の頭で考える」体験をしていただきました。
体験会の様子はループマガジンさんでも記事にして頂いていますので、
こちらも併せて御覧ください。

http://lwp-magazine.com/2013/09/05/machinakademia/

あしたは平野さんによる、「開校式」の模様をお伝えします!

【3/8 人と繋がるフォトコミュニケーション 講座レポート】

「写真は、写心。ストーリーです。」

こんにちは!マチナカデミアすみだの佐藤です。

毎週土曜日はマチナカデミアの日!
本日は、「人と繋がるフォトコミュニケーション」講座が行われました!

講師のカワモトさん、角さんはファミリアクリエイトという団体で、
「アナタの”なりたい”を写心とファッションで応援する活動」をされています。

Familia Create : http://familia-create.jimdo.com/

講座の内容は、写真撮影のテクニックをコミュニケーションを通して楽しく学び、
「目の前にあるものには、ストーリーがある」ことを改めて考える内容です!

今回は、墨田区の老舗企業「駿河屋」さんのモデルルームをお借りし、
社長の一枡さんの創業ストーリーを伺った上で、駿河屋さんの魅力を写真で撮影。

撮影した写真を参加メンバーでシェアし合います。(最初は緊張していた参加者の皆さんも、この時に仲良しに!)

とても素晴らしい自然素材のモデルルーム、居るだけで落ち着くこの空間には、一枡社長の弛まない努力が詰まっていて、
話を聞く前と後では、見え方が変わったと思います。
写真を撮影される皆さんも同じ想いだったと思います。

カワモトさん、角さん、一枡社長ありがとうございました!