活動報告

ありがとうを伝えたくて

みなさんこんばんは!
クラウドファンティング後少しで達成しそうです!


みなさんの大きな力でここ迄これました。
本当にありがとうございます。


今朝本当はお礼の文章を書いていたのですが、
なんだかどうもしっくり来なくて記事をアップ出来ませんでした。
どうやって伝えよう。


どんな風にしたら伝わるかなって思っていた所、
昔私が経験した想いとリンクしたので、
今ここに皆さんへ送りたいと思います。


携帯がまだ普及していなくて
電話ボックスだった時の話しになるのですが、
その時私はまだ高校生でした。


友人と渋谷のモアイ像前で待ち合わせをしていたのに
私の頭の中はハチ公前だと勝手に勘違いしてしまい
1人、ハチ公前でずっと待っていたのです。
交番もすぐなので交番に「ハチ公前ってここですよね?」なんて
確認迄して「おかしいなぁ」と思いながらかなりの時間
待っていました。


だんだん不安になって来て、いよいよ電話をかけたいと思いました。
でも私は電話は聞こえないので、
電話ボックスにある聞こえない人の為のお願いメモ帳
みたいなものがあって、それは
そこに聞いて欲しい事を書いて、代わりに電話してもらうという
ものでした。


それを持って電話ボックスの前に立ちます。
でも渋谷のあの人混みの中、
なかなかメモ帳を持ってる私に気づいてくれる人は居なくて
「あの!」って声かけてもなかなか止まってもらえなくて、
どうしよう・・
って思った時に1人の
サラリーマンが止まってくれて、
「どうしました?」と聞いてくれたのです。


早速メモ帳を渡して代わりに電話してもらったら、
友人はまだ帰っていなかったけれど、
ハチ公前に居る事を伝えてもらえました。


そのサラリーマンの方は電話を終えると
「ではこれで・・」と帰ろうとしていたので
「あの!本当にありがとうございます!」と伝えると
「いや、僕は、当たり前の事をしただけですから」と言って
さっとどこかへ行ってしまいました。


あんな人混みのなか、
どうやって
私が困っているのを見つけたんだろう。


私は、待ち合わせの人が次ぎ次ぎに来て笑顔になって
去っていく人達、話題に夢中になって通り過ぎていく人達
の姿をただ、何人も見ていた。


もしかしたら友人が来るかもしれないと思いつつ、
なかなか声をかけられないままに。
そんな中どうやって見つけてくれたんだろうって
あの日をとても良く覚えているんです。
嬉しくて、
こんなに優しい人が世の中に居るんだなぁって!


大きな流れの中、ぽつんと困ってる私を
見つけてくれたあの時のとても嬉しかった気持ちが
今と同じ気持ちなのです。


みなさんに伝えたいこの気持ちは
ありがとうでは伝えきれない。


同じ感じた気持ちをまた語る事で
どうか伝わりますように。


本当に「ゆめぇちゃんのさがしもの」を見つけてくれて
応援してくれて支援してくださり
ありがとうございます。
あと残り1週間。
どうか達成します様に。
引き続き応援をどうぞ宜しくお願いいたします。

コメント