活動報告

転車台復活のための施工内容について

津軽鉄道サポーターズクラブです。

転車台の復活における施工内容が固まりましたので、お知らせいたします。
以下のメニューを実施いたします。

---
1. 転車台の原状復帰
→転車台が現役だった頃の状態に復元する工事です。

2. 転車台を安全に回転できるよう、取っ手を設置
→津軽鉄道の転車台は、現役時は回転させる際、転車台坑(地面の窪み)に作業員が降りて手で押していました。皆さんに転車台の回転をご体験いただく際は安全性を高めるため、転車台の両端に取っ手を設置し、転車台坑に降りずとも回転できるようにします。

3. 転車台回転時の通行スペースを確保するため、車庫の扉を後退させる
→現状は転車台と車庫とのスペースがほとんどないため、転車台の回転の際に車庫に差し掛かると人が通行できるスペースが残らず、取っ手の操作が困難となってしまいます。車庫の扉を後退側に移設することで、転車台の回転中でも人が通行できるスペースを確保します。
---

嬉しいことに大変多くのご支援をいただき、SUCCESSとさせていただいた本プロジェクトですが、募集終了まであと1週間となりました。
引き続きご支援いただけると大変嬉しいですし、プロジェクトの募集終了後から取りかかる転車台の復活へのさらなる励みとなります。最後までどうぞよろしくお願いいたします。

コメント