活動報告

あなたの生まれ育った故郷の子ども達に、色時計を寄贈しませんか?

現在進行中の色時計プロジェクトは、京都唯一現役の京瓦鬼師である浅田晶久氏と弟子の阪田氏が、夢のコラボ製作した色時計を、全国の児童施設に届けようというもの。このプロジェクトの5万円リターン商品は、浅田氏のサイン&阪田氏の陶器製アワーマークのカラ―カスタムオプション付の色時計となりますが、この5万円リターンを選んでいただければ、色時計を一台、全国の児童施設どこかにお届けすることができます。

そこで浅田氏を含め、プロジェクトスタッフ一同で相談したのですが、せっかくの高額リターンとなるのだから、支援いただいた方の希望される施設にお届けしよう!ということになりました。そこで、5万円のリターンをお選びいただいた場合に限り、以下のオプションを加えさせていただくことになりました。

★ご希望される地域の児童施設に色時計をお届けできるよう、我々スタッフがその地域の児童施設と交渉させていただきます(地域は北海道~沖縄までどこでもOK)。生まれ故郷の子ども達に、色時計を送ってみませんか?※

※必ず、希望の施設にお届けできるという保障はできませんが、現在も複数の施設から設置希望のご連絡をいただいております。

★文字盤裏面に「平成○○年□月△日 山田太郎氏 寄贈」といったコメントを入れさせていただきます。

★色時計専用ケースの蓋にも同じ寄贈印を押させていただきます。

色時計は、非常にシンプルな構造ですので、万が一故障してもムーブメントを交換すれば長く使い続けることができます。通常、お届けする木箱に印字された「いつかのきみへ」とは、何十年も先の、親となった子どもたちへのメッセージですが、そこには、何十年もの間、多くの子ども達に愛される時計となってほしい、という願いがこめられています。

今、京都の伝統工芸の多くが、後継者不足に悩んでいます。色時計を囲んで、京瓦とは、そして工房がある京都伏見の町はどんなところか、先生やお友達と語り合ってもらえば、きっと伝統工芸に関心をもつ子ども達が生まれるはず。そんな職人さんたちの切実な想いも、この色時計にはこめられています。

あと1カ月を切ったこの色時計プロジェクト。京の伝統工芸の匠と弟子の夢のコラボ作品である色時計に、あなたの想いを添えて、是非、生まれ故郷の児童施設に届けてみませんか?

プロジェクトページはこちら↓
https://camp-fire.jp/projects/view/18035

ご不明点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せ先
宮野企画 代表 宮野 暁
TEL 080-3834-8368
E-Mail pintoma35@gmail.com

コメント