「長野県は宇宙県」サマー・スタンプラリー・イベントを実施したい!

集まった支援総額
¥1,514,000
パトロン数
159人
募集終了まで残り
終了

現在56%/ 目標金額2,700,000円

このプロジェクトは、2017/05/18に募集を開始し、159人の支援により1,514,000円の資金を集め、2017/06/29 23:59に募集を終了しました

宇宙に一番近県、長野でプラネタリウム、天文観測施設、星のソムリエなど、星に関する施設と協力して「宙ツーリズム」スタンプラリー・イベントを実施したい! 星空を愛する皆さん、長野県が好き、長野県に所縁がある。そんな皆様のご支援をお待ちしております!

最終報告: 「長野県は宇宙県」サマー・スタンプラリー2017 〜反省・来年に向けて〜

みなさま

最終報告です。今夏のサマー・スタンプラリーは多くの参加者に楽しんで頂いた一方で、反省点も多く見受けられました。それらをまとめ、良かった点・要改善点を来年のイベントに繋げたいと思います。

スタンプ設置館・スタンプ設置イベント団体アンケート

サマー・スタンプラリー終了後に、スタンプ設置館、スタンプ設置イベントの参加施設や団体のみなさまにアンケートをお願いしました。その結果を掲載します。

(※ご意見につきましては、個人、施設名、イベント主催者などが特定されないように抜粋してご紹介致します。すべてのご意見をそのまま掲載していないことを予めご了承ください。)



※「3. そう思わない」と回答された方のご意見

-------------------------------------------------------------------------------------
・クラウドファンディングでの調達でしたが、クラウドファンディングのシステム自体がまだ一般の認知度が低く、協力に二の足を踏む方が少なくありませんでした。他の間口もあった方がよかったと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・補助金等で基本は対応できるとうれしい。次年度以降、クラウドファンディングでは予算を対応しきれない心配がある。
-------------------------------------------------------------------------------------
・今回は個人からの寄付も多くみられましたが、今後継続開催にはさらに多くの企業さん等の協力が必要となるのでは。あるいは、長野県からの助成金が何か使えるかも?
-------------------------------------------------------------------------------------
・「クラウドファンディング」による、資金・協力の調達方法で、計画まで達しなかった状況であっても今回のスタンプラリーを開催するということ、なかなか大変なことであると感じます。
-------------------------------------------------------------------------------------
・新しい事業実施の方法であるとは思いますが、次回以降もこのような資金調達方法で、同様の企画が可能なのか、「長野県は宇宙県」としての活動をどのように進めていくのかも含めてその見通しについて教えていただければ幸いです。
-------------------------------------------------------------------------------------
・今、クラウドファンディングが流行って(?)おり、私の周りでもいくつか聞きます。まずは、どれだけ多くの人に知ってもらうか。興味を持ってもらえても、500 円や1000 円をちょっと寄付する程度ではなく、それなりの金額を投資するわけなので、どれだけリターン品に魅力を感じるか。
-------------------------------------------------------------------------------------
・クラウドファンディングに参加された方々が、本当に楽しんで頂けたのだろうかと心配になりました。無料招待券を提供させて頂きましたが、券を持参した参加者はありませんでした。参加団体から、参加費(?)の様なものを集めてやるのが本筋なのかもしれないという感想です。
-------------------------------------------------------------------------------------




※来年の実施を希望される場合、変更すべき点についてのご意見

-------------------------------------------------------------------------------------
・最大スタンプ数を減らしたほうがいいのでは。8箇所が限界と思う。
-------------------------------------------------------------------------------------
・次年度は、スタートを早めていただきたいです。また、科学館など社会教育施設の予算が伴う次年度計画は10月から11月ごろに決めることが多いので、次年度の有無や簡単な概要はできるだけ早い発表がいいと思います。これで、予算取りができる企画を各社会教育施設で企画してもらうことで、より、スタンプラリーが充実してくると期待します。
-------------------------------------------------------------------------------------
・早くから予算と周知をさせる宣伝をした方がよいと思います、ハンコも今年のものを流用し、経費を抑えてゆくことがよいと思います。それと、参加宿でも皆さん実費分の負担をしていただいた方がよいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・今回実施したスタンプとスタンプ台は、保管してあります。スタンプ台については、スタンプ台の蓋を止めておくツメの(プラスチック)部分がすり減ってしまっているためなのか、しっかり閉まらなくなってきています。スタンプ台は、事務で普通に使用しているもので十分対応できるのではないかと思っています。
-------------------------------------------------------------------------------------
・シールかステッカーを選べたり、ピンバッジはスタンプ6個くらいでもらえるとか、いかがでしょうか?
-------------------------------------------------------------------------------------
・各館やイベントからの情報が少なかったと思う。どうしたらスタンプがもらえるのかがわかりづらいという意見がありました。
-------------------------------------------------------------------------------------
・同一会場で違うイベントだともう一回スタンプ押してもよい気がしますが、スタンプおきっぱの会場もあるでしょうから難しいかな。参加団体を増やし、スタンプ集めのハードルをさげたい。
-------------------------------------------------------------------------------------
・夏休み中は毎日プラネタリウムの番組を交代していました。1 回来館していただくと1 個のスタンプでもよかったと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・実施期間を2か月程度はほしい。全県まわるには期間が短かった。
-------------------------------------------------------------------------------------
・長野県は広く、複数の地域を巡るのは大変なので、スタンプラリーの期間をもっと長く( 春〜秋の半年とか) してゆっくりスタンプを集められるようにするとよいのではと思いました。
-------------------------------------------------------------------------------------
・スタンプシートの来館押印と景品交換押印をもっとわかりやすくしてほしい。
内容(県内各地にでかけなければならない)の割に実施期間が短かったと感じる。
-------------------------------------------------------------------------------------
・スタンプ設置・景品交換場所であることがわかるポップのようなものがあるとわかりやすいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------



※イベントの広報、スタンプラリーの方法、景品についてのご意見

-------------------------------------------------------------------------------------
・景品交換しやすいようにもう少しスタンプの達成数を少なくしてもよいかと思う。スタンプラリーマップの配布箇所が少なかったように思えた。
-------------------------------------------------------------------------------------
・似たような施設を16か所も廻るのは、短期間ではきついかもしれません。
-------------------------------------------------------------------------------------
・短い時間の中で、たいへんよいものでした。なお、広報という点でマスコミの利用法も伝授・検討できるとよいかと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・イベント内容の告知について、他館とも連携して広く広報することや、事前に天文関係の雑誌、マスコミ等も含めた十分な告知、広報の取り組みがもっとあってもよいのではなかったかと思います。準備期間がもう少しあればと思いました。 山岳・高原をテーマとした信州ディスティネーションキャンペーンとの連携を図り、ストーリー性を持たせないと、単に施設(スタンプ)巡りになってしまった感があります。
-------------------------------------------------------------------------------------
・長野県が広範囲のため、なかなかスタンプを集められないため、次回はスタンプ数を少なくして景品交換ができるとよいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・短期間の準備期間でよくぞ! というかんじです。紹介してはじめてイベントを知った方がほとんどでした。
-------------------------------------------------------------------------------------
・大変よかったですが、予定数が読めないところもあり、景品がだいぶ残りました。今後一部でも、館の景品として使わせて いただくと助かります。
-------------------------------------------------------------------------------------
・スタンプラリー実施までの準備・広報をしっかりと………
-------------------------------------------------------------------------------------
・キャラクターグッズは可愛くできていて、女性のお客様からの反応がよかったです。各施設のスタンプの文字が小さく、あまり綺麗に押せませんでした。
-------------------------------------------------------------------------------------
・イベントの説明など分かりやすく十分な情報量があり、お客様への説明の際チラシだけで十分伝わりました。
-------------------------------------------------------------------------------------
・夏休みのお子様が大変多く、スタンプシートが期日より前になくなってしまいました
-------------------------------------------------------------------------------------
・景品交換の仕組みが分かりづらかった。一度交換すると、最初からスタンプを集め直すものと勘違いしている人が多かった。 ラリーマップはカラー印刷でわかりやすくてよかった。 ほしくまピンバッジがかわいく、目指す人も多かったがスタンプ8個はハードルが高かったよう。景品在庫もずいぶん余ってしまった。 イベント全体としては各団体の熱心な活動で様々な媒体で取り上げられていてよかったが、参加施設としては準備期間が短すぎて十分告知できなかった。広報誌の〆切はたいてい2か月前。それに間に合うようにしてほしい。 チラシ・台紙にスタンプラリーのルールがしっかり記載されていてよかった。
-------------------------------------------------------------------------------------
・自分が参加する立場であれば、16個のスタンプを集めたならば、双眼鏡・望遠鏡などがもらえるとうれしい気がしますが…。
-------------------------------------------------------------------------------------
・広報としては、メディアへの通達が足りなかったように感じます。スタンプの押印方法として、ただ単に施設を訪れた方が 押印できると思っておりましたが、宿泊施設によっては宿泊者のみというところもあったようです。せっかく訪れたのにスタンプが溜まらないのはお気の毒だと思いました。スタンプラリーは、設置場所を訪れた方全員が押印できるようにしてほ しいです。
-------------------------------------------------------------------------------------
・スタンプ設置箇所の範囲が広いので、子どもだけでやるには少し難しく感じました。大人でも16 個を目指すには、なかなか の時間と労力が必要になって大変、と参加者の方よりご意見をいただきました。大人向けにするなら、もう少し景品が大人 向けのもがあってもよいのかもしれません。また、無料で入れる施設なのか有料なのかが分かると案内に間違いがないかと思います。 スタンプシートを別刷りにするなら、もう少し小さめのカード形式の方が持ち運びに便利そうでした。みなさん折りたたん でくしゃくしゃになりつつありました。
-------------------------------------------------------------------------------------
・例年、夏休み期間には、長野県民の参加はほとんどありません。長野県民は、秋のイベントの方が参加率が高くなるように 感じています。夏休み期間のイベントは、関東を中心に広報できないものかと感じています。東京都、神奈川県、千葉県より、 埼玉県の参加者が多いように感じています。関西や愛知県からも多いです。来年も継続できる体制になれば、スタンプとスタンプ台は、継続使用でよいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・景品については、難しい面が多いと思いますが、金銭的な障害を無視しての意見ですが、大人と子供の両方に魅力のある景品には、無理があるように感じました。少なくとも、大人が積極的に数か所を巡ってGETしようとは思わなかった気がしま す。タオルやアクセサリー、インテリア的な物の方が魅力を感じてもらえる感じがしました。
-------------------------------------------------------------------------------------
・公共機関の施設にポスターを貼ってもらうには、参加無料でないと不可というルールがある場合があって、急遽ポスターに 参加無料と手書きしました。次回からはもっとわかりやすく参加無料の記述があるといいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・はじめてのとりくみとしては、よかったと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・素晴らしかったと思います。スタンプラリー後半のイベントでは、配布物は少なくてもよさそうです。おつかれさまでした。
-------------------------------------------------------------------------------------
・景品がとても可愛くてよかったです。ほしくまのデザインが素敵です。
-------------------------------------------------------------------------------------
・長野県は広く、県外の方がスタンプラリーで各所を巡るのにはそれぞれ距離が離れており、難しいかと思いました。
-------------------------------------------------------------------------------------



※イベントを終えたご感想・ご意見
-------------------------------------------------------------------------------------
・ほしくまのキャラクターがとても可愛く、景品もとてもよかったと思う。それだけに、景品交換が思いのほか少なかったの が残念だった。
-------------------------------------------------------------------------------------
・今回はコアな天文ファンの参加が多かったように思います。ライトユーザーが楽しめる企画が上手くできればと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・このイベントをきっかけにいろんな天文施設があることがわかりました。非常に地味だが持っている機材はすごいという施 設がが多数あり、ほとんど使われていないものもあったため有効利用すべきと強く感じました。
-------------------------------------------------------------------------------------
・準備、ご苦労さまでした。他の施設との連携やアマチュア同好会の連携など新しい展開が見え始めています。今後、2〜3 年続けられると、その後は「プラネタリウム協議会」や、新しい連携協議会に任せて、出来るようになるのではないかと、期待!しています。 事務局、ご苦労様でした。ひとまず、「種」をまくことが出来た年でした。
-------------------------------------------------------------------------------------
・引き続き来年は年明けくらいから活動、集金し、4月からは広告してゆくとよいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・長野県は宇宙県というキーワードが首都圏を中心に全国的に浸透してくれるとよいと思います。県などが中心になって、関 係機関・施設等が一体となって宇宙の創造性や冒険心といった、ストーリー性のある活動の展開を期待します。 県外からおいでいただいた方との交流からは、「長野県は宇宙県」が少しずつ浸透して来ているように感じています。 県、市町村…等地方自治体、行政、大学、教育・研究機関、企業、観光協会、旅行業者、多くの皆さんと「長野県は宇宙県」と いうことでつながり・連携し、継続していくことができるように願っています。
-------------------------------------------------------------------------------------
・小さなお子さんから、ご年配の方までたくさんの方が興味を持ち、参加されているようでした。「ほしくま」がかわいい!と 好評でした。 スタンプラリーに参加した皆さんが、宇宙に触れる夏休みを体験でスタンプラリーに参加した皆さんが、宇宙に触れる夏休みを体験できたのではないでしょうか?
-------------------------------------------------------------------------------------
・ポスター等貼らせていただきましたが、説明が行き届かず、スタンプを有効活用していただけませんでしたので、次回はPRに力を入れたいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・一部の方の恐ろしい努力で開催できたのではないかと推察しています。本当にありがとうございました! スタンプ集めは関係者が多かったようでしたが、同好の方にお会い出来る機会となり、楽しかった。 広報サポータを募り、Web 上で各会場の内容がわかるようにしてはどうでしょうか(行ってみたくなったり、遠きまで行っ て展示はなくがっかりも防げるかも)? スタンプラリーがはじまって、はじめて「長野県は宇宙県」連絡協議会を知った天文に関係する方も多かったので、協議会参加を増やすチャンスなので、web 上に申し込みフォームを! 景品の星座早見のハードルが高かったが、参加会場が2 倍ぐらいに増えればよいかも。 私営の有料営業施設や営業観察会などからは参加費を徴収してもよいのでは。 (有償ボランティアではない)業務委託を増やさないと、負担が大きすぎる ではないかと推察しています。
-------------------------------------------------------------------------------------
・事務局の皆様なのご努力のおかげでできました。感謝いたします
-------------------------------------------------------------------------------------
・「長野県は宇宙県」の取り組みとして、とてもよかったと思います。資金面の問題で事前準備やPRが不十分な点がありましたが、今年の経験を活かし、来年も取り組みたいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・スタンプラリーは、ラリーマップをお渡しすることで、県内に天文関連の施設やイベントが多数あることを知っていただく のにとても有効だと感じました。企画・準備にご尽力いただいた皆様に大変感謝しております。 一方、一部の方に負担がかかりすぎたことは問題だと感じています。今回は、準備に時間がなく、初めてで様子もわからな かったため、経験のある方にお任せする形となってしまいましたが、次の機会には、準備に時間をかけて、参加施設から労 力・資金ともに出し合い、連携の取れたイベントにできればと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・数年継続したほうがよいのではないか。その結果を評価して次の手を。 日頃から施設を利用している人たち、天文ファンが足を延ばすきっかけになった。 一方、それ以外の人たちに注目してもらえたかというと…?。 同時期に行われた県内ミュージアムのスタンプラリーでは県内全児童・生徒に台紙を配布したそうです。 スタンプ集めを目的に来館する人は見学をしないことが多く残念。見学した人しかスタンプをもらえない、と決めるかどうかは悩ましい。
-------------------------------------------------------------------------------------
・せっかく始めたので3年間ほどは継続した方がいいと思います。今回は、準備期間が短かったようにも思います。各施設も 同じだと思いますが、書き入れ時に入っていますので、開始時期を早めた方がよいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・このスタンプラリー期間をもっと長くしてもよいのではないでしょうか。 「星取県」ではPRポスターがあったり、県知事がアピールしています。「長野県は宇宙県」ポスターも今後は作成してもよいと思いますし、阿部知事にも積極的に参加していただければ。 「長野県は宇宙県」のロゴも今後は工夫してもよいのでは。英語バージョンも作ってみては。 県内で撮影された星景写真を集めた写真展をいずれ開催してみては。
-------------------------------------------------------------------------------------
・夏の超繁忙期でしたので、スタンプラリーを十分にアピールする時間がありませんでした。天候不順が続いたこともあり、 施設の外にスタンプラリーマップやシートを設置できなかったことが残念です。もっと大々的に周知をして、「長野県は宇 宙県」を恒例行事にできたらと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・イベントのおかげで、当館を知らなかった方々に足を運んでもらえてとても嬉しかったです。星の展示を見て、スタンプを押して、楽しそうでよかったです! 星関係の施設がたくさんあることもわかりました。 企画準備運営と大変だったと思います。本当にありがとうございました。
-------------------------------------------------------------------------------------
・期間が短く、周知されるまでの時間が足りなかったかもしれません。新聞も、夏はイベントが多く、スペースをなかなかとっ てもらえませんでした。6月スタートで、特にプラネタリウムなどで宣伝いただければと思います。 今回、イベントごとにスタンプでしたが、実施団体ごとにスタンプをいただければ、例えばお呼ばれの観望会があっても押印できるかと思います(実施団体認定)。月齢や見もので観望会キャッチも変るので、ひとつのイベント名でひと夏続けるのも難しいところです。 ラリー参加者からの感想ですが、スタンプが置いてあるだけで星に関わるものがなかった、ほとんどなかったという失望が聞かれました。せっかく行かれたのだから、何か実のあるものになるよう配慮(一定面積以上の関連展示スペースを設ける、 無人でなくどなたかが常に対応する、など)いただきたかったと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・とてもよい企画だったと感じています。たくさんのご苦労があったと思いますが、ぜひ来年も実施しできるといいですね。
-------------------------------------------------------------------------------------
・自然相手に文句は言えませんが、昨年同様、お天気にやられてしまった感が強い夏休み期間でした。他所の皆様も同じ思い だったと思います。 スタンプシートを渡すより、スタンプシートを持ってきてくれた人がいた事には、大変うれしく思いながら、星空観察会を行う事が出来た事は、やりがいもありました。継続できることならば、来年も、ぜひ、参加させていただきたいと思います。
-------------------------------------------------------------------------------------
・観望会のみのイベントでは、天候に左右されるのでラリー参加は難しく感じました。
-------------------------------------------------------------------------------------
・スタンプ押印専任者を確保されるのが小人数での対応時には大変でした。
-------------------------------------------------------------------------------------

◯多く寄せられたご意見より

■実施費用の調達
クラウドファンディングによる資金調達を心配する声が多く上がりました。
今年のサマー・スタンプラリーは、クラウドファンディングだけでなく、41の
個人・団体・企業からも寄付金・協賛金を頂けたおかげで開催・完走できました。
次回に向けて、開催のための資金調達をどのように行うかは要検討となります。
スタートや予算の周知を次年度からはもっと早くした方が良い、との声も上がりました。

■広報
天文関係の雑誌、マスコミ、Web等を用いた、大々的な告知が不十分ではないか?とのご意見が多く見られました。早い段階での告知の重要性を感じさせられます。

■スタンプラリーの方法、景品
特に目立ったご意見は、
長野県内は広くて短期間では回りきれないので、スタンプラリー実施期間を延ばして欲しい。
あるいは景品交換をしやすいようにスタンプの達成数を減らして欲しい、スタンプの設置場所を増やして欲しい(景品交換のハードルが高い、16個どころか8個でも大変)
というものでした。景品を御目当てに来られる多くの参加者の要望に沿うべく、この事態の改善も必要な検討事項です。また、景品交換の仕組みがわかりづらい(一度交換すると、最初からスタンプを集め直すものと勘違いする方が多かった。)ということなので、この点も要改善です。

■その他
継続を望む声が多く寄せられました。嬉しい限りです。

貴重なコメントを下さった全ての方に、感謝の意を申し上げます。コメントを下さった方々のご意見をもとに、来年はもっと良いイベントにできるようにしたいと思います!!

「2018年の開催に向けて」

最後に、「長野県は宇宙県」連絡協議会事務局 衣笠 健三氏より来年に向けての挨拶がございますので、掲載いたします。

------------------------------------------------------------------------------------------------
「長野県は宇宙県」サマー・スタンプラリー2017に、ご支援いただいた皆様、ご協力いただいた皆様、そして、参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。 「長野県は宇宙県」という言葉が国立天文台野辺山宇宙電波観測所から発せられて約2年、さらに東京大学木曽観測所と連携をはじめてからまだ1年という短い時間で、長野県内の皆様と協力して、このようなイベントができたのは多くの方々のご支援があったことと感じています。昨秋の第一回ミーティングで長野県内の天文関係者や施設などの相互協力を行う機運ができ、メーリングリストなどで多くの方々とのつながりはできたのですが、スタンプラリーなどのイベントを行うには予算はもちろん、コー ディネートや配布物などを製作をする方々が必要です。そのため、機運をもっと盛り上げる時間が必要だと感じていましたので、実現まではまだ数年も先のことだろうと 思っておりました。
 今回のイベントは、信濃大町観光大使でもある国立天文台の縣秀彦さんの呼びかけで始まり、クラウドファンディングを実施、それに呼応して参加を申し出ていただいた各施設や団体の皆様のご協力、さらに星の手帖社の川村晶さんの献身的なサポートによって実現しました。また、この夏は信州デスティネーションキャンペーンの開催があったのですが、例年になく悪天候が続いたこともあり、肝心の星が見えずに観望会などのイベントが思うようにできなかったというところもたくさんありました。 それでも、最後までサマー・スタンプラリーを継続できたことには、とても感謝しています。
 ところで、「来年をどうするか?」ということをお尋ねしたく、9 月後半に協力していただいた各施設や団体の皆様にアンケートをさせていただいたところ、ほぼ全員から返答をいただきました。アンケートの集計結果のところに掲載しておりますが、たいへん多くの方から「来年も実施したい」というお声をお寄せいただきました。また、今年の実施に関しても多くの皆様からのご意見をいただいています。また一方で、このイベントに向けていただいたご支援を今後も活かしていきたいという思いもあります。そのため、今後、実施方法も含めて連絡協議会のコアメンバーなどとの話し合いを持ちつつ、来年の実施を目指していきたいと思っています。
 引き続き、皆様からのご支援、ご協力をいただければ幸いです。

「長野県は宇宙県」連絡協議会事務局 衣笠 健三
-----------------------------------------------------------------------------------------------

ほしくま