活動報告

50年前に切り抜いていた花嫁衣裳とのご対面


今回のヴィンテージ打掛の本、錦の舞を出版しようと決めたのは、50年前に私が切り抜いていた写真(6)との再会でした。アパレルのデザイナーの卵の頃に何故か切り抜いていました。
出版会社のエディトリアルスーパーバイザーの棚町さんが気づいてくださり、サロン・ド・テ・ミュゼイマダミナコ先生のお衣裳と言う事が分かり、錦の舞に掲載させて頂けることになりました。そして、昨日50年ぶりにお衣裳と対面すことが出来ました。
 
今田先生はとても、控えめでいらっしゃいますが、、内面からの情熱は
キラキラ輝いていて少女の様で可愛らしかったですよ!

http://www.imada-minako.co.jp
日本で初めて、ヨーロッパ伝統のお菓子を紹介した著書が人気を呼んでお菓子教室を開くようになり、今田美奈子食卓芸術サロン"を開設し。全国各地から学びに訪れた生徒は2万人を超えます。2009年新宿高島屋4階にミュージアムスタイルのティーサロン、「サロン・ド・テ・ミュゼ イマダミナコ」がオープン。



 







打ち掛けも、黒引きも60年前の先生の結婚式にお召しに成られたものです。さすがにため息が出るほどの繊細で華やかで美しいお衣裳でした。詳しいコメントは紙面の中でお話いたしますね!


 





 

打ち掛けは川島織物でたてわく模様で織られたものに、本金の金駒刺繍が施されています。扇面の地を埋めた金糸刺繍はすべて文様が違います。また、黒のお振袖は幔幕に雲を配した模様の中には数百種の柄が盛り込まれ、あらゆる技法を尽くした、まさに技術の限界に挑戦した作品です。詳しいご説明は京和工藝株式会社の村田和夫代表にお伺いしました。

コメント