コンゴ音楽のライブを日本で開催するため、海外に住んでいるアフリカのアーティストを招待したい。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

ご覧頂きありがとうございます。アフリカのコンゴ音楽(リンガラ音楽)を日本に広めていくため、東京で12月28日にライブを開催したいと思います。その時に、海外に住んでいるアフリカのアーティストを日本に招待し、出演してもらいたいと思っています。アフリカのアーティストが、日本に来る機会に、ご協力をお願い致します。


このプロジェクトで実現したいこと

日本でコンゴ音楽のライブを開催する時に、アフリカのアーティストに出演してもらいたい!


プロジェクトをやろうと思った理由

アフリカで愛されているコンゴでも有名なパパウェンバを代表とするリンガラ音楽。アフリカのアーティストと親交があるので、できるだけ多くのアーティストに来日する機会をつくり、ライブを開催したいと思っています。コンゴの音楽や文化を日本に広めていきたいです。



これまでの活動

日本在住のコンゴバンドをプロデュースし、年に数回、レストランなどで、ライブを開催しています。また、今年は、海外からもアーティストを呼んで、ライブを開催しました。

●2019年の活動

2019年 6月 ベルギー在住のFATAKI TABOU JR.を招待し、ライブを開催。

2019年 8月 フランス在住のSTINO MUBIを招待し、ライブを開催。


資金の使い道

ライブ開催の費用。

海外から、招待するミージシャンの渡航費用、滞在費用など。


リターンについて

12月28日(土)開催のライブチケット、パパウェンバのCDや、アフリカ ルワンダ出身のアーティスト(オーガスティン ハキジバナ氏の作品)の絵画など。

※目標金額を達成しなくても、ライブは実施します。

実施スケジュール

12月28日(土) 

高田馬場 音部屋スクエア

18:30開場 19:00開演

出演者 Eagles vision (日本在住コンゴ人のリンガラバンド)

オールスタンディングになります。

当日券 3500円



最後に

日本でライブを開催することによって、コンゴ音楽や文化を知って頂き、生のライブを楽しんで下さい。


主催者

Leon Mundere

日本在住約20年。コンゴ出身。横浜の石川町でアフリカンバーレストラン(Crew’s bar www.crewsbar.yokohama)経営。過去に、日本でミュージシャンとして活動していた経験がある。コンゴで有名なパパウェンバと昔から親交があったため、彼のバンドメンバー達とも今でも親交がある。また、日本在住のサプールとしても活動中。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください