チェキフィルムで遊べる完全手動で電源不要!60年代ビンテージ風インスタントカメラ「Escura instant 60s」

プロジェクト本文









チェキフィルムで遊ぶ!

香港のデザイン会社Graphic Guides Design Company 社が開発した、手動巻取りで電池不要のレトロビンテージ風デザインのインスタントカメラです。



郷愁感ある丸みを帯びた60年代レトロデザインとカラーをまとったインスタントカメラ「Escura instant camera 60s」。FUJIFILMチェキ用フィルムInstax MINIが使えて、シャッターの切替えもフィルムの巻取りも手動の完全手動式で電源不要。現代のデジタルから少しステップバックして、純粋に写真を撮影する楽しみを体感できるカメラです。


100% 手動、100% マニュアル、100% アナログ

『Escura Instant camera 60s』が誕生しました。

キュートで手に取りやすくリーズナブルなアナログカメラは、カメラがある生活の新しい扉を開きます。


インスタントカメラは見たものをすぐにプリントできる素晴らしいアイテムで、またすぐに共有できる素晴らしいギフトでもあります。デジタルの昨今から少しステップバックして、写真を撮りなおすこともできず、全てマニュアルで撮影される写真には、力強い色合いや優しい明るさの写真が撮影できます。写真を撮り楽しむという写真撮影の本来の貴重な経験を思い出すことや、若い世代への新しい経験のためにEscura Instant camera 60s は誕生しました。

Escura Instantのある生活を想像してみよう

ときにはスマホとEscura Instant 60sだけを連れて出かけてみましょう。同じ景色やシーンを撮り比べてみたくなり、きっと思った以上に操作感や味わいが異なっていることに気付かされるでしょう。片や画面をタッチしての操作、片やレバーを回したりガチャガチャ操作したり。そのシーンを想像するだけで何だか可笑しい。



一瞬を切り取るその操作すべてが記憶と記録になる

今日のデジタルカメラやスマートホンの技術と進歩の中にあって、「フィルムカメラ」と違い、「インスタントカメラ」は独自の生きる道を見つけているようにも見えます。しかし、現代の写真は便利ですが、液晶画面の解像度がいくら上がっても、それはあくまでも画面上でのお話。


写真は単なる趣味であるだけでなく、動きを捉え、瞬間を捉えるストーリーテラーの役割を果たします。Escura Instant 60sは、写真を撮る操作から始まって、写真を手に取って見る楽しさを人々に思い出させるカメラです。撮ったその写真の質感は懐かしさを覚えさせながらも決してデジタルでは出せない質感を生み出す、いわば大切な瞬間を切り取った記憶にも記録にも残る一枚を生み出すことでしょう。


撮った写真をその都度手動で巻き取るから、写真1枚1枚に特別感が出る、「Escura Instant camera 60s」はそんなカメラです。フィルムは「Fujifilm Instax Mini」のものが使用可能。


他のインスタントカメラに比べて無駄な機能を完全に排除しているため、見た目はスタイリッシュで携帯性が高い仕様になっています。シャッターの切替えもフィルムの巻取りも手動の完全アナログ式、電池を使わない完全手動式インスタントカメラです。

ブルー・オレンジ・ピンクの3色展開



※脱着可能なファインダーが付属します。
※本体にストラップは付属しません。





シャッタースピードをコントロールしたり、絞りを調節することができ、さまざまな写真表現を生み出すことができます。撮り方次第で、デジカメでは表現しにくい自然な感じの写真やノスタルジックな雰囲気の写真撮影が楽しめ、スマホのアプリなどに頼らない、アナログなインスタントカメラで写真を撮ることの楽しさを純粋に実感できるカメラです。



屋外でのテスト撮影:外部フラッシュ不使用


屋内でのテスト撮影:外部専用フラッシュ"ESCURA Flash"(別売)使用

屋外でのテスト撮影:外部フラッシュ不使用・長時間露出・三脚使用(別売)


夜間のテスト撮影:外部フラッシュ不使用・長時間露出・三脚使用(別売)

特殊効果のテスト撮影:(左)多重露光撮影 (右)長時間露光によるライトペインティング撮影

スペック

※本体にストラップは付属しません。




実行者

☆株式会社セブンシーズ・パスタ概要
〒107-0062
東京都港区南青山2-11-14 直樹ビル4F

2014年の創業より世界中から優れたアイテム、雑貨、アパレル、食品などを選りすぐり集めています。

これからも魅力ある商品を皆様にお届けできるよう、活動していきます!

ご支援のほど何卒よろしくお願い致します!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください