Poster ex0914.jpg?ixlib=rails 2.1

41名の方から、最終的に目標金額を200%越えての
ご支援頂きありがとうございました!

まさかこんなにご支援頂けるとは思っていなかったので、
本当にうれしいです。

信楽でのポスター展19日〜23日
オープニングパーティーは19日の15時〜20時です。
会場までお越し頂ける皆さま、
ご支援頂いた皆さま、何かと気にして頂いている皆さまに
喜んでいただけるイベントにしたいと思いますので
どうぞ最後まで見守ってください。

リターンは準備が整いしだい順に進めて行きます。
そちらもお楽しみに。

最後に重ねてありがとうございました。




活動報告

あと1日!

Poster ex0912.jpg?ixlib=rails 2.1

今回のクラウドファンディングものこすところ1日

でもって、ポスター展のオープニングパーティーはもう来週!!
仕事もひと段落したので、
明日からしっかりポスター展の準備を進めます。

今回の展示には下描きも一緒に見ていただけたらとおもっているのですが、
この下描き探しがとても時間かかる!

この時、こんな気持ちで描いたなとか、
下描きはあるけど、ポスターにならなかったな、とか
色んな記憶が蘇ってきて、本当に時間かかる!!

来週のポスター展にお越しの皆さまには、
そうしたポスター手前の気持ちなんかもお伝えできたらなと思っています。

残り1日のクラウドファンディングもどうぞよろしくお願いします。

Poster0904.jpg?ixlib=rails 2.1

イタリアが大好きなハヤシコウです。
年中イタリアのことを考えているので、
何でもイタリアです。

イタリアでの町を歩いていると
良い感じで馴染んでいるポスターを見かけます。

大きなポスター
同じポスターの連貼り
それらが、いい景色になってる。


日本はどうかというと
お店のポスターというより、看板や広告が多い。
まぁ、雑多な雰囲気で面白いっちゃ面白いけど
個人的にはゴチャゴチャしていて苦手かな。
首の後ろあたりが痛くなる。


「見て見て」っていうのが無くて、サラッとしたのが良い。

信楽の「ポスター展」もそんな感じにしたい。

サラッと見て、
ちょっと気持ちに余裕が出て、
いつもの食事をゆっくり味わって食べる…

みたいな。


Urbino2003.jpg?ixlib=rails 2.1

函館の実家に帰省してきました。
(生まれも育ちも函館ではないですが、両親の移住に伴い帰省先が函館になってます)

子供たちに、僕が子供の頃に描いた絵を見せようと
実家でゴソゴソ…。

選ばずにとっておいただけなので、
どれもこれも、人様にはお見せできるレベルではなかった。(泣

そんな中で、
ちょっとこれは良いなっていうのが
このイタリア留学時代の1枚。
(15年前のもの)

留学していたイタリアはウルビーノの町を描いた銅版画。

僕の通ったイタリアの美術学校は
製本学校だったので、印刷に関する色々を勉強しました。
僕はタイポグラフィを勉強したくてイタリアに渡ったのだけど、
残念ながら、僕の入学した年は活版のクラスは定員割れで学科が無く…。
(とはいえ、専門科がないだけで、勉強はさせて頂きました)

活版印刷の次にやりたいなと思ったのが、この銅版画(エッチング)でした。
いま描いているものも、実は版画の技法を取り入れたものも多いです。

いまも、テラスに置いてある印刷プレス機は
錆びて、すぐには動かすことが出来ないけど、
暇を見つけてまたやりたいな。

*ポスター展ではこの版画を展示する予定はありませんが、ご希望あれば考えますね〜

Mcd20180827.jpg?ixlib=rails 2.1

募集から数日で目標の70%に達しました!
皆さまから嬉しいコメントも頂き、本当にありがとうございます。

クラウドファンディングって、自分でやってみるまでは
正直、ただのお金集めなのかと思っていました。

でも、実際はお金集めというより、
応援者探しに近いかも!

いろいろなイベントにお誘い頂くのだけど、
言い訳も色々とあるけど、
結局は『行く』or『行かない』ですよね。
カラダは一つで、行けるのは限られるから…。

僕も、2年前の長男の小学校入学式の日はイタリアで友人と一緒に
イタリアのクラフトビールを飲んでいたし…。

僕がそうした行事を好きじゃないのもあるけど、
イタリアで友人と一緒の方が、入学式よりも
断然楽しそうだった。もうそれだけ。

クラウドファンディングでのイベントだと
当日は無理だけど、という応援者からの声が聞こえる。
こうした、応援の声がとても嬉しいです。
楽しみにしてくれているんだなって、泣けてきます。

9月19日〜のポスター展に向けて、
ちょこちょこ作業をしています。

今は、下描きを集め。
普段はお見せすることのない下描きもなかなか面白いですよ。

どうぞお楽しみに。