プロジェクトページの作成

クラウドファンディングの最適な募集期間と終了日の決め方は?

クラウドファンディングの最適な募集期間と終了日の決め方は?

プロジェクトの募集期間と終了日を決める判断基準を紹介します。支援金の振込日から逆算するケース、個人情報を取得したい日を基準にするケース、おすすめの期間内で終了日を決めるケースをそれぞれ紹介します。

募集期間は2〜80日間で設定することができます。募集期間と終了日を決める考え方は3つあります。募集開始後の終了日の変更はできません。それぞれの状況に合わせて慎重に募集期間と終了日を決めましょう。

1.支援金の振込日から逆算して終了日を決める

支援金が必要な時期が決まっている場合は、支援金の振込日から逆算して終了日を決めましょう。
支援金の振込日は振込申請をした月の翌月末になります。プロジェクト終了の翌日以降から振込申請を行えます。
例)プロジェクト終了日:4月18日→振込申請日:4月19日→振込日:5月末日(営業日)

プロジェクト終了日を月の末日に設定すると、振込申請日が翌月になり、振込日は翌々月末になるので注意しましょう。

月初や中旬に支援金が必要な場合や早急に支援金が必要な場合は早期振込サービスの利用をおすすめします。詳細はコチラ→早期振込サービスについて

2.個人情報を取得したい日を基準に終了日を決める

支援者の個人情報(メールアドレス・お届け先・氏名)を取得できるのは、プロジェクト終了日の翌日以降になります。ある期限までに発送が必要なリターン(イベントのチケットなど)がある場合は、発送の手間も考慮し余裕を持った終了日を設定しましょう。

3.おすすめの募集期間内で終了日を決める

CAMPFIREで成功しているプロジェクトの平均募集期間は40日前後です。初めてクラウドファンディングに調整される方は色々と試行錯誤することができるため45〜60日程度で設定することをおすすめしています。しかし期間が長いからといって、支援が集まるわけではありません。 PRやSNSの更新などに集中して取り組む事が出来る期間を設定しましょう。
また、支援は募集開始直後と終了直前に伸びる傾向にあります。イベントなど人に多く会う機会や、SNSをたくさん見てもらえる記念日などに合わせて、開始日や終了日を決めるのも一案です。

クラウドファンディングのプロフェッショナルが
全力でサポートします

経験豊富なCAMPFIREの専任スタッフがあなたのプロジェクトをサポートします。
1つのプロジェクトに1人が担当しますので、わからないことはお気軽にご相談ください。