魅力的なプロジェクトの作り方

クラウドファンディングのやり方がわからない方でも、魅力的なプロジェクトを作成いただけるよう、14個のポイントを順番にお伝えしていきます。プロジェクトの作成にはこれらの項目の設定が必要になりますので、一つ一つ確認していきましょう。

1. タイトル


タイトルは、あなたのプロジェクトで1番はじめに人々の目に触れる重要な要素です。

CAMPFIREのサイト上だけでなく、TwitterやFacebook、ブログ、ニュースサイトなどでプロモーションをする場合も、タイトルが最も目に触れる機会が多い要素になります。

多くの人は、このTwitterやFacebookでシェアされたタイトルを見て、あなたのプロジェクトページを訪れます。


タイトルを考える上で重要な条件は下記です。

  • 文字数は40文字以内
  • あなたのプロジェクトに関する名前(例えばCDアルバムのタイトルやプロダクトの名称)
  • 名前を装飾する端的な説明
  • ジャンル(例えば、CDリリースであればCD、ファッションであれば服など)

2. 概要文

概要文には、プロジェクトの概要を3行程度で表示させることができます。


概要文を考える上で重要な条件は下記です。

  • 文字数は150文字以内

3. カテゴリ

CAMPFIREには、現在下記の19種類のカテゴリが用意されています。

プロジェクトの目的から適切なカテゴリを1つ選択して設定しましょう。


テクノロジー・ガジェット

プロダクト

フード・飲食店

アニメ・漫画

ファッション

ゲーム・サービス開発

ビジネス・起業

アート・写真

ソーシャルグッド

まちづくり・地域活性化

音楽

チャレンジ

スポーツ

映像・映画

書籍・雑誌出版

ビューティー・ヘルスケア

舞台・パフォーマンス


4. 目標金額

目標金額はあなたがCAMPFIREにプロジェクトを掲載する最大の目的です!


「All-or-Nothing」では募集期間内に目標金額を達成できなかった場合、プロジェクトは不成立となります。

支援金の決済は実行されず、プロジェクトオーナーに支援金は支払われません(不成立の場合は手数料は一切かかりません)。


「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず支援金が支払われますが、掲載時にプロジェクトの実施を確約する必要があります。

プロジェクトの内容によっては、「All-In」がご利用できない場合がございます。


目標金額の設定のために考えることは下記です。

  • プロジェクトの実現のために必要な見積もりに対して不足している金額
  • 現実的に集められるであろう金額
  • リターンの設定(限定数など)で達成できる金額

目標金額を考える上で重要な条件は下記です。

  • 目標金額は10,000円以上に設定してください

注意事項

  • リターンに原価がかかる場合は、原価も考慮した上で目標金額を設定しましょう。
  • SUCCESSを簡単にするために低い目標金額を設定すると、プロジェクトの魅力が減ってしまいます。
  • CAMPFIREの手数料は目標金額を超えて集まった総額の12%(※CAMPFIREコミュニティの場合は10%)です。別途、決済手数料が5%かかります。
  • CAMPFIREは「お金が集まるサイト」ではありません。「お金を集めることができるサイト」です。

5. 募集期間

目標金額を設定した後は募集期間を設定しましょう。

支援が集まるプロジェクトには、プロジェクトをスタートした時と募集期間が終わる直前に支援が集まりやすい”U字型”の傾向があります。


募集期間を考える上で重要な条件は下記です。

  • 募集期間は、1日〜79日(All-or-Nothing方式の場合は、1日〜59日)の間で設定ができます
  • 30日〜45日に設定する人が多くなっています

注意事項

  • プロジェクト終了日を土日祝日にするのはおすすめしません(休日は平日に比べ、支援してくれる人がパソコンの前にいない事が多いためです)
  • 長ければそれだけ支援が集まるとは限りません。あなたが集中力を切らさずにプロジェクトのPRを続けられる期間を設定しましょう。

6. メイン画像・動画


■メイン画像

メイン画像は、プロジェクトの顔です。

FacebookやTwitterでは、タイトルと一緒にメイン画像もシェアされます。


また、CAMPFIREのトップページとプロジェクト一覧ページなどで表示されます。

目立つことよりも、伝わることが重要です。タイトルとセットでお互いを補完・相乗し合うことが大切になります。


メイン画像の例は下記です。

  • 作品、プロダクト、場所、アーティストの写真
  • 写真+文字


※下記のような分かりにくいメイン画像はやめましょう。

  • 文字だけ、文字が小さい、色が薄い暗い、画質が悪い


ピックアップされた時と一覧に表示された時を想定して、パソコンでサイズを調整した画像をCAMPFIREサイトのスクリーンショットと重ねてみると、どのような見え方になるかシミュレーションできます。

※メイン画像として相応しくないと判断した場合は、再提出をお願いする場合がございます。


確認事項

メイン画像のサイズは横600px:縦400px以上の比率3:2の画像を強く推奨


■動画

海外のクラウドファンディングサイトの事例では、動画があるプロジェクトとないプロジェクトでは支援額に3倍もの違いがあります。

目標金額を達成することが第1のスタートですが、もしあなたが目標金額を越えて200%、300%...とたくさんの支援を集めるようなビッグプロジェクトを目指すのであれば、動画は時間をかけて準備しましょう。

動画は作品、プロダクトの過去の映像でも構いません。そこに、あなたが出演してプレゼンすることで、見ている人の心をグッとつかめることでしょう。


動画構成の例は下記です。

  • 自己紹介
  • プロジェクトをやろうと思った背景
  • 具体的になぜ資金が必要なのか?その資金がどう使われるのか?
  • 支援のお願いとリターンの説明
  • お礼の言葉


動画の再生時間は3分程度が平均的です。

動画であなたの実現したいことや夢ばかりを語っても、友人や身内以外の共感を呼ぶことは非常に難しいでしょう。

「支援してほしい」という気持ちと「支援してくれたら◯◯をお返しする」という訴求はとても効果的です。


CAMPFIREでは過去に、動画が3万回以上も再生されたプロジェクトがあります。

もし映像の撮影や編集に自信がない人は、動画制作に詳しい人に手伝ってもらうと良いでしょう。


7. プロジェクト本文

プロジェクト本文とは、あなたのプロジェクトページのセンターに表示される、文章のことです。

プロジェクト本文を作る際は、テキストと画像を利用して、情熱を持ってあなたのプロジェクトを表現しましょう。


画像とテキストの分量のバランスは大切です。

長過ぎたり、文章ばかりが続くと、なかなか読んでもらえません。

画像とテキストの分量は、6:4くらいがおすすめです。


何を実現したくて、何のために資金が必要なのかを伝えましょう。ビジュアル付きでリターンの説明をすると、より支援されやすい傾向にあります。

もちろん、動画や音楽を埋め込むこともできます。


もし想いが伝えきれない場合や、表現が難しい場合は、プロジェクトのウェブサイトやTwitterへの外部リンクを掲載してそちらに誘導しましょう。

たくさんの情報よりも、心を動かすような文章を書くことが大切です。わかりやすさを意識しながら、あなたらしい表現で、想いを伝えましょう。


プロジェクト本文の記述例は下記です。

  • プロジェクトをやろうと思った背景
  • プロジェクトで何を実現したいか?
  • 具体的になぜ資金が必要なのか?その資金がどう使われるのか?
  • 支援のお願いとビジュアル付きでリターンの説明

プロジェクト本文を書く上でのポイントは下記です。

  • リンクはテキストリンクではなくURLのリンクがおすすめです
  • 文中では高画質な画像をご使用ください
  • プロジェクトと無関係な内容は避け、必要な内容をシンプルに書きましょう
  • 書き終えたら友人やチームのメンバーに読み直して、確認してもらいましょう

注意事項

  • 文字の大きさを変えることはできません(太字・打ち消し線は可)
  • 文字の色を黒以外にすることはできません。
  • プロジェクトに関する内容以外の宣伝はお控えください。
  • 公序良俗に反する表現および誹謗中傷にあたる表現および、著作権・知的財産権・肖像権・パブリシティ権を侵害する畏れのある表現はお控えください。

8. リターン

CAMPFIREは、投資ではありません。

支援者へは必ず金額に応じたお返しをすることで資金を募ります。CAMPFIREではお返しを「リターン」と呼んでいます。


魅力的なリターンの設計は、プロジェクト成功への第一歩です。

リターンの設計は特に重要ですので、下記のページで詳細に解説しています。

魅力的なリターンを組むための4つのポイントと注意点


9. プロフィール

プロフィールには、CAMPFIREにユーザー登録した際のユーザー名、プロフィールがそのまま設定されます。


アイコンは、支援者にプロジェクトの作り手をイメージしやすくさせる大切な要素のひとつです。なるべく、顔写真を掲載しましょう。

チームの場合は、代表者やロゴでも良いですが、チームのメンバーの顔が見えることで支援の可能性は高まります。

同じく、FacebookやTwitterといったパーソナルな連絡先のリンクを掲載しておくことも、プロジェクトの信頼性を高めます。


10. 本人確認情報

CAMPFIREではプロジェクトオーナーに限り、下記の情報のご提供を必須とさせていただいております(非公開)。
  • 本名
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日
  • 振込先口座

運営主体が法人である場合は、法人情報は入力必須です。
  • 「法人としてプロジェクトを運営する」にチェックを入れて、法人情報のご提供をお願いします。

11. プロジェクト公開後の変更

リターンを「追加」することができます。

支援が想定よりも集まらなかったときや、ユーザーからのリクエストなどを受けて新しいリターンを追加することが可能です。

はじめの設定と同じリターンや、すでに支援した方が不利益を被るような追加はできません。


プロジェクト公開後に変更できる点

  • メイン画像
  • 概要文
  • 本文
  • リターンの追加
  • プロフィール
  • 動画


プロジェクト公開後に変更できない点
  • タイトル
  • 目標金額
  • 募集期間
  • リターンの編集・削除
  • ユーザー名


12. インサイトの活用

プロジェクト管理画面には、インサイトという機能があります。

インサイトでは、下記3つのレポートを閲覧する事ができ、プロジェクト公開後に支援を伸ばす際にご参考いただけます。


A.支援総額レポート

支援総額レポートでは、プロジェクトの開始日から現時点までにおける支援総額の推移を日別に確認することができます。

SUCCESSの金額は赤い線で表示されます。


▼こんな時に便利!

残り日数と照らし合わせて、SUCCESSに向けて支援金額がどの程度集まっているか確認できます。 

支援が大幅に伸びた日にちがわかるので、効果のあったプロモーション施策を視覚的に捉えることができます。


B.日別PVレポート

日別PVレポートでは、プロジェクトの開始日から現時点までにおけるプロジェクトページの表示回数(PV)の推移を日別に確認することができます。

※PVレポートは2013年7月より表示可能。


▼こんな時に便利!

プロジェクトを多くの人に見てもらうことはとても重要です。

どの程度見られているかを視覚的に確認して、PV数が少ない時にTwitterでつぶやいたり、Facebookでシェアすることで、より多くの人にプロジェクトを見てもらえるかもしれません。


C.参照元別PVレポート

参照元別PVレポートでは、日別PVレポートのうち、プロジェクトがどのサイトから閲覧されたかを上位5件まで確認することができます。

なお、モバイル版のFacebookやTwitterは、PC版のPV内に含まれます。

※PVレポートは2013年7月より表示可能。


▼こんな時に便利!

TwitterやFacebook、ブログなどを比較して、どのサイトから最も多くの人があなたのプロジェクトを見に来ているかがわかります。 

PV数が少ない参照元サイトで積極的にプロモーションしたり、逆にPV数が多い参照元サイトからの訪問者をもっと伸ばすといった施策をとることができます。

また、メディアやニュースサイトで紹介された際に、どの媒体が効果的であったを確認することができるので、プロモーションの次の一手を考える際にはたいへん参考になるでしょう。


D.男女別の支援割合

支援者の男女別の割合です。入力データが不十分の場合は、表示されません。


E.年代別の支援者数

支援者の年代別の割合です。入力データが不十分の場合は、表示されません。


13. 限定公開URL

プロジェクトオーナーは、プロジェクトが公開される前の段階で限定公開URLを発行することができます。

限定公開URL(例:https://camp-fire.jp/projects/view/9999?token=xxxxxx)は、CAMPFIREの会員でなくとも、またログインしていなくとも、そのURLを知っている全員が、公開前のプロジェクトを見ることができるURLです。


限定公開URLをプロジェクトの公開前に、チームや友人、またはソーシャル上に共有してフィードバックをもらうなど便利にご活用いただけます。

また、プロジェクト開始の事前告知などにもご利用いただけます。公開まで支援はできません。


限定公開URLは、そのURLを知っている全員が、プロジェクトページにアクセスすることが可能となるため、事前に上記のような使い道がない場合は、取得する必要はありません。

限定公開URLは、一度取得したURLは、停止するまで有効です。一度停止した後も、再度発行することが可能です。