プロジェクトページの作成

プロジェクトオーナーの顔が見えるとより支援したくなる?

プロジェクトページでプロジェクトオーナーご自身の写真を掲載することで、プロジェクトへの信頼度や親近感がより高まり、支援につながりやすくなる傾向があります。

プロジェクトページにご自身の写真を掲載する

プロジェクトページにプロジェクトご自身のプロフィールとともに、顔写真を掲載することはプロジェクトの魅力を伝える上で効果的です。

クラウドファンディングで販売するものやサービスは基本的に世の中に流通しておらず、評価はない状態です。そのため、支援者の方はリスクを取る必要があり、通常のネット通販(EC)と比較しても心理的ハードルは高くなります。
そのような不安要素を除き、安心感を与えるためにもプロジェクトページに自己紹介を載せることは重要です。

過去のプロジェクトを実例に以下のふたつのメリットを振り返ってみましょう。

①顔が見えることで、プロジェクトの信頼度が高まる。

②作り手や実施する人の人となりがわかりやすくなり、より共感を得やすいページになります。

まず簡単にできることは、「プロフィール欄」の画像に顔写真を掲載することです。
自己紹介文とともに、どんな人がプロジェクトを実施しているかを表現することができます。

「プロフィール欄」の画像に顔写真を掲載する
拝啓 ビジネスマン 空気の力で『涼しい』を体感する【空冷式スーツ】はじめました!

また、プロジェクト本文冒頭の「挨拶文」として自己紹介と顔写真を掲載することもできます。
ページ中で人となりを紹介できるので、プロフィール欄のほかに自己紹介文を詳しく記載するプロジェクトオーナーも多いです。

プロジェクト本文冒頭の「挨拶文」として自己紹介と顔写真を掲載する

プロジェクトオーナーと実際に製品を作る方が異なる場合や家族・チームで実施している場合は、メンバーの集合写真を掲載します。

メンバーの集合写真を掲載します
soarを生きづらさや困難がある人たちの「情報のセーフティネット」にしたい!

写真からプロジェクトチームの表情や空気感が伝わってくるため、プロジェクトをより身近に感じてもらうことに効果的です。

プロジェクトオーナーは自らがプロジェクトの宣伝マン・顔になる必要があります。プロジェクトを応援する人を増やすためにも、積極的に前に出ることをおすすめしています。

クラウドファンディングのプロフェッショナルが
全力でサポートします

経験豊富なCAMPFIREの専任スタッフがあなたのプロジェクトをサポートします。
1つのプロジェクトに1人が担当しますので、わからないことはお気軽にご相談ください。