プロジェクトページの作成

プロジェクトページの書き方のコツ

プロジェクトページの書き方のコツ

クラウドファンディングする内容を、どのようにプロジェクトページに書いたらいいかわからない人に向けた記事です。企画を立てるにあたり必要な情報をまとめてあります。

CAMPFIREではプロジェクト掲載にあたり審査があります。クラウドファンディングを始めるにあたり最低限必要な情報を書きましょう。その上でプロジェクトについてよりよく知ってもらうために、画像や文章を付け加えましょう。

1.5W3Hを意識して書きましょう

What 何を 【 課題 】
Why なぜ 【 動機 】
Who 誰が 【 対象 】
When いつ 【 時期 】
Where どこで 【 場所 】
How どのように 【 手段 】
How many どのくらい 【 規模 】
How much いくら 【 費用 】

これらは審査を通過するためには最低限必要な情報になります。上記が具体的であればプロジェクトに対する信頼性は上がります。

2.プロジェクトを行うために必要な資格や許可を得ているか

例えば飲食店を開きたいというプロジェクトの場合、食品衛生士などの資格が必要であったり、公的機関に営業許可を申請し許可を得なければいけません。法律や条例に則り必要な資格や許可を得ているか確認しましょう。まだ具体的になっていない場合は下調べをして、取得の目処を立てましょう。それをプロジェクトページに書きましょう。

3.共感を得られるように文章を書きましょう

やりたいプロジェクト内容だけを書いても支援を集めることは難しいです。クラウドファンディングのポイントはプロジェクトページを見た人に「共感」を得てもらうことです。数行の文章だけで共感を得ることは非常に難しいため、ページを見る人の視点を持って書きましょう。自分のことを何も知らない人が見てもわかるように書くことが重要です。

小説などを読んでいると、自然に情景が思い浮かび、気づいたら感情移入していたということがありませんか?これまでの経験・感想やこれからの行動計画・思いなど、読む人も感情移入できるように具体的に描きましょう。

プロジェクトページの作成を始める前に少なくとも10個以上はプロジェクトを見て、参考となるプロジェクトを見つけましょう。3つほど参考となるプロジェクトを見つけたら、自分なりに分析しましょう。

クラウドファンディングのプロフェッショナルが
全力でサポートします

経験豊富なCAMPFIREの専任スタッフがあなたのプロジェクトをサポートします。
1つのプロジェクトに1人が担当しますので、わからないことはお気軽にご相談ください。