日本最北端の街稚内市にはかつて銭湯が11軒ありましたが。経営者の高齢化、後継者不足などで1軒になりました。最北端唯一の銭湯の灯を守り、消えゆく銭湯文化を後世に継承することが今回のプロジェクトの目的です。

プロジェクト本文

はじめに・ご挨拶

 日本最北端の街、稚内にあります創業60年の銭湯みどり湯です。かつて7万人弱いた人口はおよそ半分の3万4千人程度になりました。かつては稚内市内には銭湯が11軒ありましたが、建物の老朽化、経営者の高齢化などで現在はみどり湯1軒で頑張っております。

 現在2代目で70歳代の夫婦で頑張っており、銭湯をやめるべきか続けるべきかと悩みましたが、3代目になる息子が仕事を辞め戻ってきて修行に励み、また常連のお客様からも続けて欲しいとの声を多く頂戴しており、銭湯の灯を消すわけには行かない状況になっています。厳冬期のみどり湯概観

「銭湯」は地域になくてはならないコミュニティ!

 稚内市同様、全国的に見ても銭湯は減少傾向にあります。厚生労働省「衛生行政報告例」によると平成8年に全国で9461軒、北海道で746軒あった公衆浴場はおよそ20年後の平成30年には全国で3535軒(平成8年比62%減)、北海道270軒(同59%減)となっています。この20年間で多くの銭湯が廃業していることがわかります。
 銭湯は世代間を超えて集うことができる最適なコミュニティスペースです。みどり湯は15時にオープンしますが、オープンの30分前からお客様がやってきて会話に花を咲かせています。一人暮らしのお年寄りの中にはみどり湯に来ることが日々の日課となっている方もいらっしゃいます。夏休みには帰省したお孫さんを連れていらっしゃる方もいます。
 そしてみどり湯の特徴は何と言っても国際交流ができることです。後述しますが、夏の期間はライダーハウスを併設しており、日本全国各地から、そして海外からもお客様がお越しになり、銭湯で地元の方とコミュニケーションを取ります。

「銭湯」は緊急時の最重要スペース!

 平成の時代には大きな地震が相次ぎました。その際に自衛隊による入浴支援の活動が被災者の心身に安息をもたらしたとの報道は見聞きされたことがあるかと思います。私たちの住む北海道でも平成30年(2018年)9月6日未明に「北海道胆振東部地震」が発生しました。
 稚内市は幸い被害はありませんでしたが、この震災による“ブラックアウト現象”により数日間電気が使えない生活を強いられました。電気が止まっていてはお風呂を沸かすことができません。幸いみどり湯のある地区は電気の復旧も早かったことから、翌7日には営業を再開し約200人の方がお越しになられました。翌8日も多くの方で賑わいました。この時緊急時の銭湯の必要性を強く感じました。

 上記の点から、みどり湯を存続運営していくことは稚内市民はもちろんのこと、観光で稚内市を訪れる方にとって有益であり、このみどり湯の取り組みが消えゆく銭湯に歯止めをかけ、銭湯文化の回復になればと考えています。

このプロジェクトで実現したいこと

 これまで以上に入浴者間の交流が取れるように、現在の昔ながらの番台方式をフロント方式に変更して、脱衣室とホールを分離することでくつろげる空間を設けたいため、少々の増築を考えています。

私たちの地域のご紹介

 日本最北端の街稚内市は漁業、酪農業、観光の街です。国立公園の利尻島・礼文島の玄関口になります。国境の街でもあり、日本最北端の地宗谷岬からロシアのサハリンとは43㎞しか離れていません。

プロジェクトを立ち上げた背景

 創業から60年経ちあちらこちらの老朽化が進み、3年前に薪ボイラー、2年前に濾過機の購入、さらには湯船の天井の張り替え、屋根のふき替え。銭湯の外装板の張り替えと出費が続いています。これ以上の出費は銭湯の存続が厳しくなるため今回のプロジェクトを立ち上げるに至りました。薪ボイラー

これまでの活動

 銭湯に併設して“ライダーハウス”(バイクツーリングの方が泊まる簡易宿)を30年間経営していて銭湯はライダーさん方からも喜ばれています。毎年8月に行われる“稚内みなと南極まつり”にはみどり湯のお揃いのユニフォームで海外からのお客様も参加して“チームみどり湯”として参加しています。2007年に開設したブログは現在もほぼ毎日更新しております。稚内のライダーハウスみどり湯のブログ
稚内みなと南極まつり

資金の使い道・実施スケジュール

 3月16日~4月末日で工事期間は決定しています。皆様からの支援は銭湯内のストーブ、脱衣室のロッカーなどの備品の購入に充てさせて頂きます。

リターンのご紹介

【支援された方全員】
・支援を頂いた方のお名前を掲示いたします。
※備考欄に必ず記載する氏名(金額に関わらず1名)をご記入ください。

【2000円以上支援いただいた方】
・みどり湯入浴券1回分

【5000円以上支援いただいた方】
下記のいずれか1点
①ライダーハウスみどり湯の宿泊券入浴券セット1泊分
※ライダーハウスは5月1日~9月30日の営業です。有効期間は令和2年と令和3年の左記の期間とします。
②みどり湯入浴券3回分
※有効期限は令和3年12月末日です。

【10000円以上支援いただいた方】
下記のいずれか1点
①ライダーハウスみどり湯の宿泊券入浴券セット3泊分
※ライダーハウスは5月1日~9月30日の営業です。有効期間は令和2年と令和3年の左記の期間とします。
②みどり湯入浴券11回分
※有効期限は令和3年12月末日です。

最後に

 このプロジェクトを通じて私たちみどり湯を知って頂くことは大変嬉しく思いますが、この最北端の街稚内市に少しでも興味をお持ち頂き、足を運んで頂き、そして実際に薪で沸かしたお湯に浸かって頂き、交流させて頂くことが最大のリターンになるかと思います。どうぞよろしくお願いします!

みどり湯店主 小川 昌子

<All-in方式>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/03/31 12:32

    この度のクラウドファンディングでコロナウイルスが世界的に大変な時期でしたのに、全国からのみどり湯を応援、支援いただきました、ありがとう御座いました。感謝いたします。支援いただいたお金は大切に改装後備品購入に使わせていただきたいと考えております。コロナ問題で中国から届かない資材、材料がありまして...

  • 2020/03/30 18:28

    皆様の支援に支えられて残り数時間なりました。最後の最後まで皆様のご支援をお願いします!工事の方は順調に進み、明後日からは銭湯は休業になり、銭湯の内部の工事の開始になります~。5月1日銭湯のリニューアルオープン&ライダーハウスの今年の営業開始になります!!

  • 2020/03/19 18:20

    受付・脱衣スペース拡幅のため上屋を取り除きました。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください