■はじめに・ご挨拶

株式会社トミヒロは、2018年5月広島市に就労継続支援B型事業所を開所。「障がいがあっても良いものは作れる!」を理念にスタート。日本伝統商材である「畳縁(たたみべり)」を素材に様々な和雑貨を製作し多くの方々に購入いただき、我々のモチベーション向上に繋がっていました。

しかし新型コロナウィルスの感染拡大により、各国からの観光客や日本人観光客も激減、広島に来る方が大きく減りました。もう一度多くの観光客で活気あふれる広島の地で商品製作・販売をしていきたく、ここに想いをつづらせていただきます。

私は、約10年前からモノ作りを障がい者事業所へ依頼しています。スタートからの3年間は協力事業所はわずか2件。閉鎖的な福祉業界での協力事業所開拓は困難。需要もなく供給体制も整わず、それでも販路開拓を続けた結果、作っても作っても在庫の持てない状況となりました。その時には県内だけでなく県外への製作もお願いし、それでもまだ足りないということで2018年5月自社にて事業所開所。外国人観光客や日本人観光客の方々に喜んでいただき、「新しい日本土産」と少しずつ声が届くようになったときは、本当に嬉しかったです。

【2018年5月_開所(広島市安佐南区長楽寺)】↓↓↓


■つむぎあふ商品
①通常の畳縁を使用した和雑貨

外国人観光客や日本人観光客にとても人気です!

きんちゃく袋は、奈良県の東大寺でも販売されているんですよ!(^^)!


②オリジナルの畳縁を製作・使用した和雑貨

広島東洋カープに承認いただき、カープグッズ各種を製作・販売してます。

また、各社とコラボ商品を企画し、製作・販売もしていますよ!!


■弊社しかできない強み・・・

現在畳縁(たたみべり)は約1,000種類もあり、色・柄ともにとても豊富です。和室に使われている畳縁を商品化するケースと、弊社はオリジナル柄を1からデザインし商品化も行っております。(カープ畳縁商品等)今回思い切って、地域特性を活かした和雑貨の製作へ乗り出そうと考えております。広島の四季がデザインされた「広島ポーチ_四季」。お土産物を見て記憶を振り返る。お土産物を見て体験を振り返る。弊社にしかできない和雑貨をつくりたいと・・・

下図はまだ検討中のデザインですが、広島の四季を表現できたらいいな・・・と思っています!!


■今、頑張って製作している商品

2020年4月初頭より、当事業所にて「畳縁マスク」の製作・販売を開始いたしました。

マスク入手困難時、何か弊社でもできることがあるのでは・・・をきっかけに、思い切って作ることにしました。地元中国新聞掲載のお力も追い風に、現在も畳縁マスクを作り続けています!

縫い目の大きなものが多く、良いか悪いか、なんか涼しいね!!なんて声も・・・

新しい『夏用のマスク』に定着できるかっっ!!

■リターンのご紹介

<All-or-Nothing方式>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。目標達成の場合は以下2つのリターンを設けております。


①【2,000円支援リターン】※色・柄は弊社お任せでお願いしたく存じます

  → つむぎあふ商品3点セット(畳縁ポーチ・畳縁バンズクリップ・畳縁ヘアゴム)

(畳縁ポーチ)    サイズ:横200mm×縦120mm×マチ50mm

(畳縁バンズクリップ)サイズ:縦70mm×横70mm

(畳縁ヘアゴム)   サイズ:縦30mm×横60mm


②【10,000円支援リターン】※デザイン起案からスタートなので、少しお時間がかかります

↑↑↑上図はあくまでイメージです。


■クラウドファンディングの期間とスケジュールについて

〇11月7日 クラウドファンディング終了

〇11月中旬 デザイン起案(約2週間程度)

〇12月上旬 デザイン決定・畳縁メーカー打ち合わせ(約2週間程度)

〇12月下旬 試作製作開始・最終調整

〇1月中旬   限定100セット製作開始(約3か月)

〇4月上旬   リターン商品①と②を発送予定


■目標金額と資金運用について

(目標金額)    : 100万円

             (デザイン創出費) : 約5万円

             (メーカー試織費) : 約20万円

             (縫製費)     : 約20万円

             (材料費)     : 約45万円

             (その他経費)   : 約10万円


■メディア掲載

株式会社トミヒロとして、いくつかメディアに掲載されました。

■当社スタッフ

利用者様に日々達成感をもっていただけるように、ミシンの技術指導や軽作業などを指導・支援しております。いつも情熱をもって日々の支援をしております。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください