《サービスの特徴》

【▲JOYKU LAND 公式HP▲】



【保育園】

JOYKU LANDは、子どもたちの創造性を豊かに育みます

1)特別な体験を通した保育プログラム

今までにはない新しい体験とこれからの人生の選択肢を増やすため
画期的な教育プログラムとして《クリエイティブ》《テクノロジー》《グローバル》
など各方面のプロ講師をお招きしたアクティビティを日常の保育に取り入れます。

また、保育園の営業時間以降(18:30〜21:30)は、主に小学生を対象として、
アカデミーの運営も行います。
その他、保護者や地域の方々も参加できるエンターテインメント溢れる
参加型のイベントやアクティビティを提供します。
音楽やダンス、最新テクノロジーや海外の専門家を招いたコンテンツを
開催することで子どもだけでなく地域全体のライフクオリティ向上に貢献します。


JOYKU LANDの1日は音楽を軸としたコンテンツを用いて、
子どもたちの成長・発育をサポートしていきます。



2)豊富なイベント

JOYKU LANDは年間行事を大切にします!

・熱中するほど好きなことに出会ってほしい
・苦手なことに向き合って乗り越えてほしい
・共同作業から人との関わり方を学んでほしい

そんな想いから…子どもたちにとって欠かせない
「体験の場」をたくさん用意して、大人になっても忘れられない
大切な「経験」を大切にします。


「遊び心」を大切にしながら、たくさんの音楽・言葉・動きに触れ
豊かな創造性やユーモアを育んでもらえるイベントを年間を通して
たくさん、たくさん!準備しています。

季節を感じ、楽しめるイベントが盛り沢山です。

※イベントスケジュールは変更することがあります。


【ダンススタジオ併設】


「子育て中でも、コンサートやイベントを気兼ねなく楽しみたい!」

子育てに奮闘するお母さん・お父さんのそんな声を耳にし、
安心して大切なお子様を預けられる場所をつくりたいと思いから

JOYKUの移動型託児スペース事業がはじまりました。

その事業を通して
多くの保育士さんやプロのダンサー・アーティストの方たちとの交流や
専門家の方たちとの情操教育を経て

いつもと変わらない日常を、ワクワクな1日へと変えてしまう子どもたち。
そんな子どもたちの創造性をより豊かなものへと導くためにはどうしたらいいか…

という課題から導き出したのが、【エンタメ × 保育】という世界でした。

そして既存の事業(移動型託児スペース事業)が
想像もしていなかったコロナウイルスの未曾有の影響により

全イベントの中止、そして事業の立ち行きが困難となった矢先に
上記の構想を常設した保育園というカタチで届けようと決心したのでした。

そこで
今までのノウハウを活かし、子どもを預かるだけではなく
年齢ごとの成長・発達の特性や、一人ひとりの興味・関心を踏まえながら
主体的に行動できるような環境を構築し、子どもが自ら関わりたくなるような

音楽あふれる
【エンターテインメント × 保育】=【ダンススタジオの併設した保育園】
を実現に向けてプロジェクトがスタートいたしました。



日本の保育園では初めての試みである
ダンススタジオの併設により

鏡張りのスタジオのある環境で子どもたちは
日々過ごしていくうちに
子どもたちそれぞれが自身の表情・姿を鏡越しに
自然と見ることができる環境だからこそ

子どもたちの表現力や気づきが培われるのだ
と私たちは考えています。

更に、
有名アーティストの元バックダンサーのプロのダンス講師を
お招きし、独自のプログラムを

子どもたちにダンスの楽しさに触れてもらうことで

より再現性や表現力も磨かれ、同時に創造力も養われていきます。

最後に、
保育園に初導入のリアルな重低音スピーカーを設置する予定です。

どんな音楽もこのスピーカーを通して聴くと
聴覚だけでなく五感まで響く音と一緒に

JOYKU LANDで過ごす子どもたちは
聴覚、きっと生まれ持った感性も更に磨かれることでしょう。

そんな本格的ダンススタジオandスピーカーのある
環境がここ、JOYKU LANDにはあります!


【コワーキングスペース併設】


近年、テレワークやリモートワークも増え、新しい働き方にも対応した
子どものそばで働きながら成長を見守ることのできる
【”子”ワーキングスペース】を園内に併設します。
授乳スペースも完備し、お仕事をしながら母乳育児の選択も可能です。

また、職員や保護者同士のコミュニティスペースとしても活用していきます。

子どもを取り巻く大人同士がたくさんのコミュニケーションを取れる
ふれあいの場所として、皆が孤立しない育児環境を目指します。

いつも身近にいるからこそ
保育キャストと保護者同士のコミュニケーションも円滑に
いつも子どもの近くで見守れる安心感と共に仕事ができる
働く親御さんを応援するコワーキングスペースです。

◉ 施設住所 ◉

〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤7丁目3−18
サニーコートトキワ1F



《提供者の想い》
子どもは大人では思いつかない、オリジナリティ溢れる「あそび方」を発見します。
自分で見つけたあそびに熱中したり、友だちとあそびを共有したりすることで、
創造性、協調性、自主性など様々な経験が身につきます。

子ども時代に”さまざまな体験をする場”となるあそびの時間を大切に

JOYKU LANDはそんな「あそび方」を応援します。
単に子どもをお預かりする保育の枠を超えた挑戦を行います!
子どもたちの”創造性”を豊かにする、毎日がワクワクするあそびの場になるよう
日常生活の中から”本物”に触れる機会と体験を創出していきます。

また、この活動をJOYKU LANDスタイルとして
全国へ広めていけるよう、今回のクラウドファンディングを実施しました。


《ロゴの由来・込められた想い》

テキストとデザインの親和性を持たせたJOYKU ELEPHANT

象は学問向上・知恵・忠実のシンボルで上向きの鼻は「安心」「信頼」を象徴

3つの星☆☆☆ → 子ども/親/働くキャストが輝く場所 = JOYKUを表現

①                 ②


① JOYKU部分:大人 / 保育園 / 地域
角が取れた様々な形 / 多様性 不完全ながらもまとまる社会を実現
JOYKUのコンセプト3つの星

② LAND部分:子ども / 個性
四方へ広がる自由な発想 / 動きを実現
荒削り / 生まれたままの才能


今回JOYKU LANDのロゴマークを考案いただいた、
SCLOVER DESIGN 杉元氏からの、ロゴに込めた想いについてコメント↓


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【〜JOYKU LAND ロゴマークのデザインに込めた想い〜


私がロゴデザインをする際に意識しているのは「誰のためのデザイン」なのか?という点です。

今回の「JOYKU LAND(ジョイク ランド)」の場合、一般的な保育園とは異なり「明確なコンセプト」が存在し、

『エンターテイメント × 保育』という、
聞いただけでワクワクするような楽しい雰囲気を表現したいと考えました。

ロゴマークの文字部分は、
笑っているような「大人」と「子供」の笑顔で構成され、
JOYKU 部分は社会性を身につけた「大人」を、
LAND部分は自由に表現する「子供」の動きや発想の広がり
を表しました。

JOYKUのキーカラーであるブルーの象は、
みんなから愛されるエンターテイメントの象徴です。
風水では子宝の象徴ともされ、
JOYKU LANDに通う子供たちにとって宝物になってほしいと願いデザインしました。


by SCLOVER DESIGN 杉元 明
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この想いの詰まったロゴがデザインされたグッズを今回のリターンとしてご用意しております。

Tシャツ・パーカーやワッペン、そしてマグカップやバッグ等にデザインされた各種グッズを共有することで私たちの思いをもっと広げるための賛同者になっていただけると嬉しいです。


《資金調達目的》
独自のエンターテインメントあふれる保育を実施するためです。

JOYKU LAND は、単にお子様をお預かりするだけでなく、子どもたちの“創造性”を豊かに
できるよう、日常生活の中で“本物”に触れる機会を創出します。

子ども時代に“さまざまな体験をする場”となるあそびの時間。

子どもは大人では思いつかない、オリジナリティ溢れるあそび方を発見します。
自分で見つけた遊びに熱中したり、友だちと遊びを共有したりすることで、
想像性、協調性、自主性などが身につきます。

このように、子どもにとって大切な“遊びの時間”に着目し、
より多くのエンターテインメント溢れる遊びを体験してもらえるよう、
また、全国へJOYKU LAND のスタイルを広めていけるよう
クラウドファンディングを実施しました。


《今後の展開》
さいたま市のほかに、JOYKU LANDの2、3園目を市と協力しオープンしていきます。
同じ志を持った支援者の皆さまと共に最高の保育園を作っていけたらと思っています。


《会社紹介と起案者の想い》
私たち「JOYKU(ジョイク)」は、保育に関わるお仕事求人サイトの運営と、
コンサート会場やイベント会場の空いているスペースを活用した
【来場者向け『移動型託児サービス』】を展開している会社です。

「子育て中でも、コンサートやイベントを気兼ねなく楽しみたい!」

子育てに奮闘するお母さん・お父さんのそんな声を耳にし、
安心して大切なお子様を預けられる場所をつくりたいと思い、はじまりました。

【運営者】
法人名:株式会社JOYKU
所在地:東京都港区南青山5-17-2 表参道プラザ5F
設立:2019年4月
公式HP:https://joyku.co.jp/

【過去の実績】
主に、託児スペースの企画・運営など

◉avex group様主催
・「a-nation 2014」
・「a-nation 2015」
・「a-nation 2016」
・「和楽器バンドHALLTOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori-」
・「和楽器バンド大新年会2018」
・「和楽器バンドTOUR 2018 音ノ回廊 -oto no kairou-」
・「和楽器バンド大新年会2019」
・「AAA C.A.L After Party 2018」
・「AAA FAN MEETING ARENA TOUR 2019 ~FAN FUN FAN~」
・「AAA DOME TOUR 2019 +PLUS」

◉ピーアークホールディングス様主催
・「2016 FUN PARTY (社内イベント)」

◉W TOKYO様主催
・「第24回 東京ガールズコレクション 2017 S/S」
・「第25回 東京ガールズコレクション 2017 A/W」
・「第26回 東京ガールズコレクション 2018 S/S」
・「第27回 東京ガールズコレクション 2018 A/W」
・「第28回 東京ガールズコレクション 2019 S/S」
・「第29回 東京ガールズコレクション 2019 A/W」

※その他、多数の実績があります!


【本プロジェクト起案者】
株式会社JOYKU(ジョイク)
代表取締役 廻 寿一(マワリ トシカズ)

〈経歴概要〉
・1978年生まれ、東京都出身
・3児を育てる父親
・元プロスノーボーダー
・19歳でベンチャー企業にてウィンタースポーツ事業を設立
・大手レコードメーカーでダンススクールの経営企画に従事
・子どもの成長を支援する事業会社「JOYKU」を設立


大手レコードメーカー勤務時代に
未就学児から10代までを対象にした、ダンススクールの経営に参画をしていました。

JOYKUでは
イベント・コンサートの託児スペースの企画・運営および、保育士の人材紹介や求人サイトの運営を事業として行っております。

いつもと変わらない日常を、ワクワクな1日へと変えてしまう子どもたち。
そんな子どもたちの創造性をより豊かなものへと導くためにはどうしたらいいか…

今までの経験から、子どもがプロのスポーツ選手や
エンターテイナーにもっと興味・関心を持ってもらうためには
どのような幼少期を過ごせばいいかをテーマに、
大学教授やプロスポーツ選手といった専門家とともに
「情操教育」の研究を行ってまいりました。

そして、辿り着いたのは【エンタメ × 保育】という世界でした。

今までのノウハウを活かし、子どもを預かるだけではなく
年齢ごとの成長・発達の特性や、一人ひとりの興味・関心を踏まえながら
主体的に行動できるような環境を構築し、子どもが自ら関わりたくなるような
音楽あふれる【エンターテインメント × 保育】を実現したいと考えています。


《資金の使い道》
目標金額600万円

【内訳】
・保育園改修工事費:150万円
・園内の設備/遊具費用:100万円
・プロスポーツ選手/アーティスト登壇費:150万円
・年間イベント開催費用(外注作業、楽器/照明器具レンタルなど):40万円
・リターン品の製作費用:100万円
・クラウドファンディング手数料:60万円 (9%+税)

次世代型の保育園となるよう、レイアウトやデザイン部分の実現に伴う
工事費用と設備や遊具の費用が主な使い道になります。
更に、毎日がワクワクする「遊び方」を実現するためのイベントにも注力し
プロの専門家を招いたイベント開催費用にも活用いたします。

資金の一部はJOYKUの活動を全国各地に広げていくための
広報費としても活用させていただく予定です。


【実施スケジュール】
プロジェクト自体の実施スケジュール

4月初旬~工事着工
4月下旬~公式ホームページ完成
5月下旬(予定)~内装工事完了
5月下旬(予定)〜入園説明会
5月下旬〜6月 備品等購入・設置
7月1日〜プレオープン
8月1日〜グランドオープン
8月下旬 〜9月順次リターン発送

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も
計画を実行し、リターンをお届けします。


《JOYKU LANDの体制》
安全管理
・事故防止・事故対応マニュアルの整備 と「ヒヤリ・ハット」記録の作成を行うとともに、定期的な安全管理会議を行い、情報共有と人材育成を行います。
損害賠償保険・傷害保険に関しては規定で定められている範囲の中で加入予定。

・相談やご意見等に対する対応に関して
施設の玄関にご意見箱を設置いたします。また、ホームページのお問い合わせフォームや電話受付も行い、相談、ご意見が言いやすい環境を整備いたします。

・情報の管理、個人情報保護等のための取組
全職員に対して情報漏洩に関する誓約を行い、職員全員が共通認識として個人情報保護を徹底します。


《最後に》

未来を担っていく大切な子どもたちへたくさんの特別な体験と素敵な経験を
子どもたちがワクワクする本物に出会える環境をつくるために
私たちはJOYKU LANDのプロジェクトを進めていきます。

子どもたち、保護者、働くキャスト、そして地域の方が幸せになれる

「ワクワクする保育園」の実現のために、ご賛同くださる個人の方はもちろん
企業様や団体様からのご支援も広く募集したい思っております

私たちと一緒に「子どもの未来を作るプロジェクト」に参加してみませんか
皆さまのお力添えをお待ちしています。



以下、スタッフ紹介

◎菅野 公太(JOYKULAND 施設長)

・1986年生まれ、東京都出身
・2児を育てる父親
・2021年1月:子育て支援員研修 修了

株式会社JOYKUでは、プランナーしてイベント託児の運営や保育園・事業者様への取材インタビュー、
JOYKU求人コンテンツの制作などをメインとして行う。
今回のJOYKU LANDでは施設長として、安全にお子様をお預かりするために、行政や保健所等とのやりとり、従業員のマネジメント、運営に関わる業務を担当いたします。


◎阪本 絵美(事務や広報担当)
株式会社JOYKUでは、事務や広報担当として、SNS広告の運用やイベント企画
今回のJOYKU LANDでも事務や広報担当としてSNS広告を活用した採用・園児集客活動やイベント企画の運営を行います。


◎現在、保育士資格を取得しているスタッフや調理員、エンタメ講師を採用し、質の高い教育を提供できるようにしていきます。



  • 2021/07/09 23:05

    こんばんは、「エンタメ×保育」そして「あそびをクリエイトする」保育園としてコンセプトを掲げていますJOYKU LANDの開園プロジェクトがいよいよ残り20日となりました!世界初。保育施設に、世界最先端のサウンドシステムが導入された記念日。皆様こんにちは。JOYKU LANDのカンノです!早速で...

  • 2021/07/08 20:26

    こんにちは!! JOYKU LAND施設長のカンノです!JOYKU LAND開園プロジェクトがいよいよ残り21日となりました!日頃よりご支援・応援のほど、誠にありがとうございます!本日は少し情報解禁です!JOYKU LANDではナーサリーと並行し、アカデミーの開講に向けて現在ワクワク準備中です...

  • 2021/07/06 20:28

    こんばんは、「エンタメ×保育」そして「あそびをクリエイトする」保育園としてコンセプトを掲げていますJOYKU LANDの開園プロジェクトがいよいよ残り23日となりました!皆様、日頃よりご支援並びに応援のほど、誠にありがとうございます。本日はご報告は私ごとにはなりますが、こちらのJOYKUの活動...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください