私たちは【ワクワク未来会議】です。

私たちは、エメラルドグリーンに透き通った海をもつ沖縄県の離島・宮古島で子どもや家庭を支援してきました。
宮古島は母子世帯が多く、貧困、DV、虐待といったたくさんの課題を抱えています。

食べるものがない。

DVから逃れる術がない。

ガスも電気も止まっている。

そんな家庭がめずらしくありません。

新型コロナで収入が減るなか、宮古島の母子にはもう猶予がありません。

私たちは、母子が今すぐに避難できる緊急シェルターを作ります。

最長6ヶ月間、無料で使えるシェルターを設置し、母子の生活を守ります。
食費と水道光熱費を補助し、公的サービスを確実に受けられるよう最大限サポートします。
母子が生活を再建できるよう、私たちが伴走します。

資金をご支援いただければ、私たちに出来ることがたくさんあるのです。

クラウドファンディングで皆さん一人ひとりのお力が集まれば、宮古島の母子の状況を必ず改善できるものと信じています。

遠い離島の子どもや女性に想いを馳せるあなたのご支援を、私たちは必ずカタチにしていきます。

全国の皆さまからの暖かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。


【資金の使途】
・シェルターの借り上げ費用 月4万×3世帯×6ヶ月=72万

・光熱水費補助 月1万×3世帯×6ヶ月=18万

・シェルター利用者の食費補助 月1万×世帯員数×3世帯×6ヶ月=約60万

・キャンプファイヤー手数料 約15万

 計165万円
 ※当団体HPにて、本プロジェクトの収支報告を掲載します。


【目標額】 1,650,000円


【目標額を下回ったら】
・規模を縮小してシェルターを設置します。
※当団体HPにて、本プロジェクトの収支報告を掲載します。


【目標額を上回ったら】
・規模を拡大し、入居者の安全確保のためのスタッフをおきます。
※当団体HPにて、本プロジェクトの収支報告を掲載します。
 

【実施スケジュール】

2021年
3月中旬  物件確保
3月14日  クラウドファンディング終了
3月27日  シェルター稼働開始
9月上旬〜 リターン開始


【なぜシェルターが必要なのか】
沖縄県は離婚率全国1位。
1人親世帯の出現率、若年出産率も全国1位。

子どもの貧困は3人に1人で全国1位。
中でも母子世帯の子どもの貧困率は、59%にものぼります。

DVの保護命令件数は全国4位。

児童虐待の対応件数は2年連続で1,000件を超え過去最多を更新。
中でも宮古島(宮古圏域)は、過去最高の151件と県全体の9.4%を占めています。

高校進学率、大学進学率も全国最低で、卒業後の早期離職率も全国1位。

※出典:100の指標からみた沖縄県の姿、沖縄県貧困対策計画(H28.3)、沖縄県HP、沖縄県青少年・子ども家庭課作成資料、沖縄県労働力調査、雇用動態調査、人口動態調査等省庁の統計等より

このように沖縄では、DVや虐待への対応が遅れ、貧困の連鎖が長年続いてきました。
沖縄で暮らす母子は、深刻なリスクをかかえながら、日々生活をしているのです。

そんな沖縄・宮古島で私たちは、不登校や引きこもり、1人親、生活困窮など様々な課題を抱える家庭へ、アウトリーチ(訪問)支援をしてきました。
家庭の中へ入っていっての生活支援、学習支援。
生活困窮家庭へは、学生服や文房具、食品を直接配布。
必要に応じて公的サービスにつなげ、課題解決に向かって伴走してきました。

そんな活動の中で、どうしても足りないもの。
それがシェルターです。


激しいDVから逃げる母子が、避難できる場所。
フードバンクの食品で生活をつないでいる母子が、3食を食べられる場所。
電気とガスがつき、暖かい布団で寝られる場所。

宮古島には、県外と同様に行政のシェルターは少なく、民間のシェルターはありません。
母子での自立を目指すための、ステップハウスもありません。

いま宮古島に必要とされているのは、子どもと家庭に直接届く支援です。
隔離して終わり、仲介して終わりではない。
確実な支援を提供するための、安全な居場所が必要です。
本当の意味での生活の立て直しをサポートするため、今すぐに入居できるシェルターが必要です。

【今すぐに必要です】

新型コロナで家庭の経済状況が悪化しています。
DVや虐待の増加も顕在化しています。
宮古島の子どもや家庭には、もう猶予がありません。

私たちは10戸以上のシェルターを必要としています。その中でも、すぐに使えるシェルターとして3家庭分、3戸。
これだけは今、どうしても必要です。

クラウドファンディングで目標額の資金を確保できたら、2週間以内に3戸のシェルターの稼働を開始できます。


【どんな支援をするのか】
目標額を達成できれば、最低でも3家庭がシェルターに入居できます。
入居期間は通常3ヶ月、必要に応じて6ヶ月まで延長できます。
家賃を無料とし、水道光熱費、食費を補助します。
生活を守りながら、公的サービスに確実につなぎます。
行政や社会福祉協議会、民間支援団体などと強く連携して、生活を立て直せるその日まで、私たちが一緒に走ります。

シェルターは、生活立て直しの【きっかけ】に過ぎません。
入居して終わり、仲介して終わりではありません。
私たちが、課題解決にむけて母子と伴走していきます。


【私達のこれまでの活動】2019年3月~現在

●相談・訪問 : 延べ100回以上

●要支援家庭の子ども宿泊預かり : 延べ110泊以上

●新型コロナによる学校休校時の子ども預かり : 延べ135人

●生活困窮の子育て世帯への食材宅配 : 常時10世帯以上

●学校用品無料配布会 : 100人以上

●不登校相談会 など




【最後に】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
私たちワクワク未来会議は、これからも沖縄の離島・宮古島から数ある課題を解決するため、全力で取り組んでいきます。

クラウドファンディングで全国の皆さん一人ひとりの力が集まれば、宮古島の母子の状況は必ず改善できると信じています。

食べるものがない。

DVから逃れる術がない。

ガスも電気もついていない。

今この瞬間にも、そんな母子がいることをどうか知ってください。

貴方のご支援は、必ずカタチになります。

遠い離島の子どもや女性に想いを馳せるあなたのご支援を、私たちは必ずカタチにしていきます。

全国の皆さまからの暖かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。


【問い合わせ先】
ワクワク未来会議
(一般社団法人 宮古島こどもこそだてワクワク未来会議)
住所 : 〒906-0008 沖縄県宮古島市平良字荷川取1231番地
公式HP : https://wakuwaku-miyako.com
電話 : 090-8735-8347(寺町)
メール : wakuwaku.miyako@gmail.com

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください