はじめに・ご挨拶

はじめまして!

障がいのある方のアート活動を支援する「アートスペースからふる」です。

私たちは、2019年から鳥取市の中心市街地・商店街に拠点を設け、アートを仕事とする福祉事業所と、彼らの作品を展示するギャラリーを運営しています。

同じ年から、障がいと共に生きるアーティストたちの作品で商店街を彩るアートイベント「フクシ×アートWEEK」を多くのサポートを得ながら毎年実施してきました。

そして今年も、開催のための準備を進めています。

▲商店街の様子


このプロジェクトで実現したいこと

この秋、「フクシ×アートWEEKs 2022」を開催したい!


プロジェクトをやろうと思った理由

photo by 藤田和俊

今回も鳥取市中心市街地の商店街を舞台に、ギャラリーや空き店舗を活用した展示、お店での展示、webフォーラム、上映会、ワークショップなど、さまざまな企画を準備中です。このイベントは「アートスペースからふる」(以後「からふる」)だけでなく、鳥取県内の複数の障がい福祉施設の協力のもと、それらのアート作品が一堂に会する機会でもあります。約1ヶ月間、障がいのある方やその活動について知ってもらうことで、私たちの暮らす社会が誰にも優しいものになってほしいと考えています。

今年4回目を迎えますが、回を重ねるごとにアーティスト達にも変化が現れてきました。「知り合いに『街で作品を見た』と声をかけられたことが嬉しかった。」「フォーラムに参加して、アートや福祉のこれからについて希望が持てる話が聞けて良かった。」「保育園に講師として訪れた経験が人前に出る自信につながった。」等、前向きな気持ちや自信が育まれてきています。


▲2022 年は、デザイナーや編集者をメンバーに加え、より良いアートイべントを開催すべく企画会議を重ねています。


アーティスト達の素晴らしさがどうすれば伝わるか。

▲昨年までの展示風景

まずは作品に出会っていただく機会を増やすことが重要、という思いでこのイベントを毎年行なってきました。加えて今年は、アートイベントとしてのクオリティ、作品に出会う時の「質」の部分にこだわりたいと思います。具体的には、作品を飾る額縁や什器など、展示環境を可能な限り良いものに変えていくということです。質の良い額縁や什器はそれなりの費用がかかりますが、イベント後も何度も使うことができ、継続的な展示環境の改善になります。障がいの有無を超えて作品に没頭してもらえる状況をつくることで、その素晴らしさがきちんと伝わることを目指します。


いただいたご支援へのリターンとして、イベントオリジナルの手ぬぐい、「からふる」作家の小ぶりな作品、ポストカードやアートグッズの詰合せなどをご用意しています。何より、展覧会をはじめ「フクシ×アートWEEKs 2022」を実施し、アーティスト達の活躍の場を創ることが最大のお返しとなると考えておりますので、ぜひ期間中は足をお運びください。


回を重ねるごとに、商店街のみなさんにも「今年もされるんですね」と嬉しい声をかけていただくようになりました。毎年このイベントを実施することが、障がいのあるアーティストの日々の創作活動の意欲と自信、さらに社会とのつながりにつながっていきます。サポートする立場の我々ですが、障がいのある方の社会進出の第一歩がここにあると信じて、今年も頑張りたいと思います。


「からふる」のこれまでの活動

2005年1月:障がいのある人も通えるアート教室「アートスペースからふる」開設

2014年5月:NPO法人楽の傘下として就労継続支援事業B型事業所「アートスペースからふる」開所

2016年6月:所属アーティスト「植嶋大輔」 鳥取市民美術展洋画部門市展賞(大賞)

2017年6月:所属アーティスト「前田龍一」 第56回鳥取市民美術展 企画部門(大賞)

2018年12月:所属アーティスト「福井将宏」 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS藏座恵美賞(最高賞)

2019年1月:一般社団法人アートスペースからふる設立 若桜街道商店街に就労継続支援事業B型事業所「アートスペースからふる」開所 

2019年4月:鳥取県はーとふるアートギャラリー認定第1号

2021年10月:NHK鳥取放送局・NHKBS1特集「となりのアーチスト」放送

2019年・2020年・2021年11月:フクシ×アートWEEK開催

2022年6月:障がいと共に生きるアーティスト達とそこにある世界を発信するフリーペーパー「Hugs(はぐす)」の企画・製作

2022年6月:所属アーティスト「ハルカ」 鳥取市美術展自由部門市展賞(大賞)


資金の使い道

「フクシ×アートWEEKs 2022」の開催費用のうち、今後の創作活動・発信に繋がるもの

(特に、展示に必要な額・什器・備品・資材の購入など)


リターンについて

イベントオリジナル手ぬぐい・アート小物セット・飾りやすい小ぶりな作品・ポストカードなど


実施スケジュール

クラウドファンディング:9月25日(日)まで

「フクシ×アートWEEKs 2022」会期:10月29日(土)~11月27日(日)

返礼品発送:12月下旬~1月上旬


最後に

photo by 藤田和俊

「フクシ×アートWEEK」の開催にあわせて、過去のクラウドファンディングでも多くの方にご支援を賜りました。「からふる」は小さな福祉事業所ですが、商店街の皆さんはもとより、県や市など様々なサポートをいただいて毎年このような大規模なイベントを開催することができました。

障がいのあるアーティストたちが商店街を盛り上げる、それは特別なことではありません。同じまちに暮らす私たちが一緒になってこの街を盛り上げたい、そういう思いで今年も「フクシ×アートWEEKs 2022」を開催したいです。

そのためにも、皆様のご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/09/24 08:43

    本日9/24(土)の日本海新聞で紹介してもらいました。残り2日!ご支援宜しくお願いします。

  • 2022/09/14 16:08

    あすなろ高等専修学校(クラーク記念国際高等学校連携校)3年生とからふるのアーチスト達で共に制作している手ぬぐいのフラッグが一部完成しました!フクシ×アートWEEKs 2022の会期中に商店街を彩るフラッグとしてお店の軒先に掲示します。写真のもの以外にもさまざまな色の組み合わせで制作したので、是...

  • 2022/09/05 20:36

    昨年から「リターンはいいので、気持ちだけの寄付がしたい」「リターンの品が欲しくてするわけじゃないんだ。」「ただみんな(作家たち)を応援したいだけなんだ」などのお声をちょこちょこいただいていました。今年も同じようなお声をいただきましたので、リターンのお品はないですが、メールにてお礼のお気持ちを伝...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください