2020/03/21 18:14

ご支援・拡散のご協力をいただいた皆さま、本当にありがとうございます。

3月21日現在で、パトロン総数98名、支援総額1,130,500円となりました。

当初40万円ほどしか集まらないかもしれないと考えていたので、約2週間でここまで達成したのは、みんさんの応援のおかげ様です。

面識もないのに支援してくださった方や、数年ぶりに連絡をくださった方、本当にありがとうございます。

みなさんから応援メッセージをいただく度に、これまで信じて歩んできて本当に良かった、間違ってなかったと、本当に勇気づけられました。

そしてそんな応援をくださっている皆様にご報告です。

この度、ついに本プログラムの導入が正式に決定されました!!!


ここ最近クラウドファンディングの方でなかなかアクションができずにいました。

ではこの間何をしていたかと言いますと、

たくさんの学校さんへ連絡をし(コロナの関係でばたばたの中話を聞いてくださりありがとうございます。)、自分たちの想いを伝えてきました。

関西大学にて

お世話になっている孫先生(関西学院大学) 


18時間ほどある僕たちのプログラム。本来このような長期プログラムを学校で導入するには、
授業計画が立つ前(夏頃)にお声掛けをする必要があります。

しかし今や3月。4月から新年度が始まる中で、「今言っても普通無理だよ」が大方言われてきたことでした。

それでも最後のチャンスは3月だ!!ということで、様々な学校にお話を聞いていただいていたのです。

そしてその結果、なんと今年の4月から
大阪のとある高校、そして九州の大学で、CHANGE SCHOOL JAPANの正式導入がきました!

本当の本当にありがとうございます…!!!

いやーーー。もう正直、本当に嬉しいです。

活動を始めた5年前、当時学生のころ。
決して大きなインパクトではなかったですが、報道記事をメディアで発信したり、スタディーツアーという形式で学生・社会人をカンボジアに連れていったりと、やりたいことはまっすぐにやれていました。

しかし課題だったのは、資金繰り。当時は自分がアルバイトをして、活動にかかるお金を捻出していました。

その結果、長期休み以外の時間はほとんどアルバイトをすることになって、「自分はいったい何のために時間を割いているのだろう」という気持ちはぬぐえませんでした。

それじゃあだめだ!このままでは活動が持続しないし、何よりインパクトも大きくならないと起業を決めた卒業前。

その後はアプリ事業に挑戦しましたが、現実はそううまくいかず。

売上も立たず、キャッシュは減る一方。なにより社会を変えている実感を感じれず、
自分たちは何の為に必死になっているのだろうかという苦しみを抱えていました。

アプリ事業期にやっていたとにかく全力でプロモーションしようという「がむしゃら期間」


活動を始めてこれまで5年。


今やっとビジネスの形ができてきました。

自分が作りたい「誰も取り残されない社会」を作るために、
本当に必要だと思う事業を直球に取り組めて、それを必要としてくれる人がいる。


自分にとって、本当に大きな一歩を踏み出そうとしています。


授業の開始まで1カ月を切っているということもあり、
ひとまずある資金を用いて、授業開発も同時にバリバリと進めていっています。


1か月後にプログラムが生徒たちに届き、

プログラムが終わるのは秋頃。


その時に生徒の皆さんがどんな表情をしているのか、

その日が来るのが心から待ち遠しいです。


ちなみに!

導入を前向きに考えてくださっている学校は全部でなんと8校あります!


まだまだ導入してくださる学校を探しています。

ぜひ興味を持っていただける学校関係者がいらっしゃいましたら、

お気軽にお問い合わせください!


残りクラウドファンディングは300万円。

中盤戦盛り上げていけるように頑張っていきますので、

応援再びよろしくお願いいたします!



廣瀬

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?