2020/06/25 20:58

クラウドファウンディングでご支援をいただきました皆さまへ


この度は、当プロジェクトへの暖かいご支援のほどありがとうございました。

初のクラウドファウンディングということに加えて、新型コロナウイルスが一旦落ち着きを見せたことにより、目標額達成に向けて、若干苦しみましたが、多くの方からご支援をいただき、無事にプロジェクト達成することができました。

ご支援いただきました皆さまへ改めて心より御礼を申し上げます。


さて、現在、新型コロナウイルスはやや下火になりましたが、活動報告でもお伝えさせていただきましたように、全国には数百人の患者さんが入院されています。そして、今もなお増減を繰り返しています。現場には数字では表すことのできない困難や苦しみ、そして覚悟を決めた医療従事者がいます。


個々の医療従事者がどのような思いで、新型コロナウイルスに立ち向かってきたのか。

それはなかなか当事者しかわかりません。


新型コロナウイルスに立ち向かうに当たって、医療従事者としての「覚悟を問われる」そのような自問を皆が行いました。

逃げることもできるし、立ち向かうこともできる。

立ち向かうからには自分の命を差し出さないといけないかもしれない。

そして、家族やプライベートを犠牲にしないといけない。

新型コロナウイルスと闘うためだけに生きることができるか。そのような覚悟を問われた時でした。


今もこの戦いは終わっていません。


新型コロナウイルスの蔓延はこれからもしばらく続きます。

いつ第二波が来てもいいように、第一波の反省を行い、医療従事者への教育を行い、設備を整え、そして、いつかくる日のために毎日準備を行っています。

企業と違って、病院は、確実に赤字となるものにも、社会貢献のために投資を行います。

当然、何千万、何億と費用がかかってきます。

病院の経営はコロナに非常に圧迫されています。

コロナに従事した医療スタッフへボーナスカットの病院もありました。

第二波が来ると経営破綻する病院もたくさん出てくることは明らかです。


しかし、病院、そして、医療従事者は、困っている患者さんたちのために、そして社会を支えるために働いています。

何かの利益を得るためではなく、ひたすら困っている方を救うことが、私たちのやりがいであり、生き方です。


このプロジェクトで、少しでもそんな医療従事者の仲間へ笑顔を与えることができるなら、それは大きな社会貢献であると考えています。


これからも医療従事者の仲間を応援をしつつ、医療従事者の私自身も覚悟を決めて日々取り組んで参ります。


この度は、あたたかいご支援を本当にありがとうございました。


Meduon代表 岡田悠輝

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?