2021/11/19 23:07

残り1日となりました!

広島県の谷田さんが80年間保管していた絵手紙を「伊藤半次の絵手紙」に収録し、織田廣喜美術館の企画展でも紹介した絵手紙が中国新聞に取り上げられました。

祖父の足跡を訪ね、祖父の絵手紙が繋いだご縁です。
祖国に大切な人を残して、戦地で散った一人一人の思い!

「伊藤半次の絵手紙」には、そんな想いをつなぐ力があります。

後世に陶板碑を残せますよう、皆様のお力をいただきますよう何卒よろしくお願いします。


中国新聞 ヒロシマ平和メディアセンター記事「もう一つの絵手紙」

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?