2021/11/23 16:55
★本日よりアール・ブリュット展がはじまりました★

こんにちは。生活クラブ風の村です。

数か月間(構想からは年単位?)準備を進めてきた「アール・ブリュット展」が本日よりはじまりました。

朝9:50、会場の佐倉市立美術館に関係者が集合し、「本日はよろしくお願いします!」の挨拶から始まりました。本日は植草学園大学から1年生の学生ボランティアさん5名にもきていただき、総勢約20名での作業となりました。

そのあとはトラックからどんどん作品や備品を出して運んでいきます。平面作品は前日までに額装を終わらせていたので、段ボールやプチプチを取り外して久しぶりに作品とお目見えしました。

たまあーと創作工房の先生から教わりながら展示準備をしている様子。赤い布は「あかとんぼ飯野」の赤です。右の緑色は「とんぼ舎さくら」のとんぼの緑…?

作品を壁際に並べ、色味や作品のテーマを考え、配置を調整していきます。「作品がたくさんあるからこの一角は○○さんゾーンにしよう」「これとあれは同じテーマで描いたから隣同士にしよう」と、近くで活動に携わっている職員だからこその意見も出ました。

わたしたちは展示に関してはほぼほぼ素人ですので、こまちだたまおさんや、たまあーと創作工房の先生方に教わりながら一つずつ展示していきます。教えていただくたびに職員からは「すごーい!」の感動の声が上がっていました。

作品を平行に吊り下げるのになかなか苦戦しましたが、出来上がったときの喜びもひとしおです。

大きな布の作品を枠に固定する作業は学生ボランティアさんが大活躍してくださいました(画像を一部加工しています)。

どうやって作品を吊り下げるのか、固定するのか、作品と作品名をごちゃ混ぜにしないためにどのように手順を踏むのか…など、普段は気にしないですよね。

頭を使いながら展示していくとなかなか時間がかかってしまい、準備が完了したのは開場時間ピッタリの13時!間に合って良かったです。

13時の会場の様子。写真に写っていないところにもたくさん作品があります。

車いすの方の見学のしやすさやソーシャルディスタンスを考慮し、広々とした展示空間となっています。また、搬入用エレベーターを使用する大型車いすの方が入場できるように、一部可動式の枠に作品を展示しています(大型車いすの方の見学については下部に記載しております)。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

最後に、このアール・ブリュット展はクラウドファンディングによる寄付金で開催されています。寄付してくださった皆様、ご支援・ご協力いただいた皆様、応援のメッセージやお気持ちをお寄せくださった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

開催期間

2021年11月23日(火)~2021年11月28日(日)

10:00~17:00(最終日は13時閉場です。)

場所

佐倉市立美術館 3階市民ギャラリー

https://www.city.sakura.lg.jp/sakura/museum/

最寄り駅は京成佐倉駅とJR佐倉駅です。

入場無料
大きな車いすでご来館の方へ

佐倉市立美術館にはエレベーターがありますが、ベッド型のように大きな車いすでお越しの場合はエレベーターに入らない可能性があります。その場合は搬入用エレベーターを使用することができます。また、搬入用エレベーターで3階に入る場合、通常と入り口が異なります。

搬入用エレベーターの使用および入り口の開錠は佐倉市立美術館の職員の方が担当になりますので、事前に佐倉市立美術館にお問い合わせください。

佐倉市立美術館TEL:043-485-7851

SNS

生活クラブ風の村 アール・ブリュット展【11/23~佐倉市立美術館にて開催!】 (@Kaze_ARTBRUT) / Twitter

生活クラブ風の村 アール・ブリュット展 | Facebook (@kaze.art21) 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?