2022/05/04 18:00

クラウドファンディングでご支援くださった皆様

ご報告が遅くなりましたが、おかげさまで、ミガキイチゴのストーリーを描いた絵本「あまずっぱいいちご」が完成し、すべてのリターンをお届けすることができました。

あらためまして、みなさまの温かなご支援に、心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

本当にありがとうございました。

3月15日には、「絵本の寄贈」のリターンをお選びいただいた皆様の想いを乗せて、山元町に絵本を届けに行ってまいりました。

山元町内の小中学校をはじめとした教育施設11ヶ所にお届けする絵本は、町役場にて教育長にお渡しすることができました。

原作者の橋元副代表は、教育長の教え子とのこと。 絵本の完成もとても喜んでいただけて、感動の瞬間でした。

続いて伺ったのは、町内の障害者地域活動支援センターやすらぎ作業所内の「カフェ地球村」(現在は営業を終了されています)。

共同作業所主任の小泉さんからは、震災後のご苦労や、様々な人の支え合いから生まれた復興への歩みなどのお話を伺うことができました。

絵本製作プロジェクトにもご支援をくださり、完成を喜んでいただけて、プロジェクトメンバーも感無量でした。

続いて向かったのは、絵本のラストページにも出てくる「ICHIGO WORLD」。

ここでは、河北新報社の原口さんに絵本の取材をいただき、その後、新聞記事でも紹介いただくことができました。

原口さんは、震災後からずっとGRAに伴走くださっている記者さんとのこと。

素敵な文章に纏めていただいていますので、ぜひ記事もお読みいただけたらと思います。

山元に希望のイチゴが実るまで 2人の男性の挑戦を絵本に | 河北新報 

ICHIGO WORLD併設のショップでも、絵本を置いてくださっていました。

お子さんの目線の高さに置いてくださっているおかげか、お子さんが興味を持って手に取っていただくことも多いそうです。

(値札が別の本のものになっていたことに後から気づきましたが、ご愛嬌ということで笑)

山元町で岩佐代表と橋元副代表を取材させていただいた日から、約1年。

完成した絵本を持って、再び山元町に伺うことができて、とても嬉しかったです。

これも、皆様のご支援があったからこそ。

温かなご支援、本当にありがとうございました。

ぜひこれからも、ミガキイチゴや甘酸っぱいJAPANの活動を通じて、皆様とのご縁を紡いでいけたらと願っています。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします!


甘酸っぱいJAPAN プロジェクトメンバー一同

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?