2022/01/26 23:00

クラウドファンディングも残すところ、あと5日となりました。開始3日で目標金額を達成してからは積極的な協力のお願いをしてきませんでしたが、その後も本当に多くの方からご支援を頂きました。現時点で167人、総額2,772,000円が集まっています。

本当に、、、有難うございます!!

本来であれば、ここで最後の拡散をお願いするところですが、最初にお伝えした通り、今回はそのお願いはしません。今、こうしてご縁を頂いた皆さんと一緒に作って行きます。

溢れる想いはプロジェクトが終了した時点でお伝えさせて頂きます!(笑)


※以下、さらっと書くつもりが図らずも長文になってしまいました。お時間が許せば読んでください。


写真は牧場の夏の夜空です。

天の川を綺麗にみることができます。

新型コロナウィルスの感染拡大が始まった2020年の夏は、ここ数年で一番、星が綺麗に見えた気がします。

新型コロナウィルスの感染拡大が拡がった時、牧場も牛乳が余って本当に大変な日々を送りました。毎週4tも余る牛乳をどうすれば良いのか。搾らなければ牛は死んでしまう。そして牛乳がこのまま売れなければ牧場がなくなってしまう。何日も眠れずに苦しい日が続きました。

そんなある日、仕事の帰りに誰もいない牧草地の真ん中で、ぼーっと、星を眺めていました。


眺めながらこんなことを思いました。

地球に住む人間がこんなに大変でも、宇宙からみると小さなことだし、宇宙の時間軸でみると一瞬のこと。そして人間以外、だれも困っていないなぁ・・・と。

でも、それは孤立感や、寂しさとは違いました。

「ちっぽけだなぁ。孤独だなぁ。」

と、思いながらも何故か、心が満たされる感覚。

心が温かくなる感覚。

「ちっぽけだけど、必死で生きてるぞー!」って叫びたくなる感覚。


これは何だろうと、ずっと考えていました。

人間を構成している元素は酸素、炭素、水素、窒素、カルシウム、リン、少量元素、微量元素・・・だそうです。

きっと、本能的に僕たちは、宇宙も、地球も、地球に存在するあらゆるモノ、僕も、隣にいるあの人も、元は同じであることを理解しているんじゃないか。

圧倒的な存在感を放つ宇宙と向き合った時、人はその事を(無意識かも知れないけど)思い出して心が満たされるんじゃないかと思いました。皆さんは、どう思いますか?

なんだか、、オカルト的な話になってきたのでこの辺で終わりにします!

でも、本気でそう思えたらもう少し隣のあの人に優しくなれる気もします。

僕はまだまだ修行が足りませんが・・・(笑)

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?