2022/07/25 11:36

日本レスキュー協会は佐賀県支部拠点の建設にあたり、土地を探していました。災害支援の中で関わりの出来た大町町に、災害救助犬の育成に適した広大な土地を紹介していただきました。

令和3年8月に入り、ようやく着工に取り掛かることになりました。年内の稼働を目指していましたが、新型コロナウィルスの影響により、世界的な木材不足によるウッドショックが発生し、建築費が一気に高騰しました。

困難な状況が続いていますが、たくさんの方に応援していただいているこのプロジェクトを途中で頓挫させることは出来ません。建物自体は完成(令和4年4月時点)しましたが、現在も建設は続いており、今後は災害救助犬の訓練を行なう瓦礫施設や、一般の方に楽しんでいただけるドッグラン等の外構工事が始まります。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?