2018/12/21 18:30

ご無沙汰してしまいました。

久野が退院し、なんとか体調も戻って、久しぶりに立ち上げ人3人が集まる事ができました!

会って話した事は、このファンディングの話とやはり資金繰りの話、そして、障がいと地域生活について3人でいろいろと話しました。

いつも3人で時間を工面して集まるわりには、さくさく事務的に何かが前進するというよりは、世間話に毛が生えたような内容が多いのですが、結局はそのあたりのベースとなる考え方を3人で共有することが一番大事なのかもしれません。

私自身、今、息子が鬱状態になりまた外に出られなくなってしまった事で、いくら崇高な考え方や支援の方法を持っていても、やはり地域での支え、居住、就労(学業)の場、コミュニティーがなければ、絵に描いた餅だなぁと実感しています。

近くにリーチできる人や場がなければ、困難を抱えている人を本当に支えることにはならないと考えています。困りごとは決まった時間にやってくるわけではなく、突然、調子が崩れたりするものです。その時に、遠慮なく頼める先があることが大切なのかなと思っています。

さて、リターンのTシャツと缶バッジができ、現物を手に取ってみました。なかなか素敵にできたと思います。

もちろんティーシャツやバッジではなく、施設を頑張って進める事が皆様への一番のリターンになる事はしっかりと心に留めていますが、何かが形になるのは嬉しいものですね。



そして、久しぶりに鈴鹿の工事している施設に行ってみました。

裏のバラック状態の倉庫?は取り壊し、ドアとサッシを付け、雨風が凌げるようになりました。


室内はあまり変化ありません。

これから、防災の設備をつけます(避難はしごや、非常出口など)。

市役所や消防の方とも連絡を取りながら進めているので、今回は、申請が通るはずです。そうなったら、3月頃に開所できる見込みです。ちょっとしたことでズレていくのですが春には!と願っています。

また進展があればここでお知らせいたしますね!


中沢レイ



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?