Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

『お酒のない人生を楽しむ』ための断酒サロン NALPcafe\匿名参加OK/

パトロン数
0人

【アルコール依存症 予備軍〜軽症者が対象】飲酒量をコントロールできず、何度も断酒や節酒にチャレンジするけどうまくいかない…そんな人のための断酒サロンです。アルコール依存症に関する学びと、同じ悩みを持つ人同士の支え合いをベースとしたオンライン自助グループ NALP cafeに参加しませんか?

--NALP by 断酒記


《当サロンの趣旨》

ご覧いただきありがとうございます。

このページを開いたということは、あなたもお酒で悩んでいますか?

僕はさんざんお酒で失態をおかし、断酒にチャレンジしても3日と続かず失敗ばかり。そんな自分に悩み続け、自分を責め続けてきました。

でも2017年3月から断酒の手法をかえ、飲みたくなることもなく断酒継続中

今ではブログだけでなくyoutubeもやってます

僕自身の断酒体験談と、過去の成功者や失敗者の事例やアルコール依存症について学びながら発信しています。


そしてこのサロンは

「お酒のない人生を楽しむ」

をスローガンとし、本気で断酒に取り組みたい人が集まり、学び合い、支え合いながら生涯断酒を目指す、オンライン自助グループでありコミュニティです。(オフラインの勉強会やイベントもあります)


僕は主宰者として全体の管理はおこないますが、上下の関係というより、横の繋がりを重視しています。皆さんの体験談なども積極的に情報交換しながら学び、断酒ライフを楽しみましょう。


※僕は読書や情報収集が好きなので、得た情報を動画などでシェアしメインコンテンツにしていきます

※当サロンは有志が集まった自助グループですので医療行為などは一切おこなっておりませんし、回復を保証するものではありません

※情報はストックされていきますので、途中参加の方でも過去ログ、過去動画から学んだり情報収集できます



▼オリジナル書籍の制作・販売もしてます

お酒をキッパリやめるための考え方



▼試験運用していたコミュニティではこんな嬉しいお言葉頂きました!



▼最近人気の動画



断酒はカンタンではないけど、不可能でもない

「お酒をやめる」

そう決意するまでにはいろいろな痛みがあったと思います。何度も自分を責め、自己嫌悪に苦しんでいるのではないでしょうか。そして、断酒や禁酒に何度もチャレンジしたり、

「3杯だけ飲んでやめよう」

と、節酒に取り組んだりしてきたんじゃないでしょうか?

でもうまくいかない…。お酒の量をコントロールできず、いつも乱れてしまう自分が嫌になり、自暴自棄になってまた飲みすぎたり…。


▼断酒が難しいシンプルな理由



アルコール依存症は性格の問題じゃありません、脳の病気です

だらしがないとか根気がないとか、そうやって自分を責めてしまう気持ちはいたいほどわかります。

でも、誤解してほしくないのはアルコール依存症は脳みその病気である、ということです。アルコールを摂取し続けると脳みそが変化し、精神的にも肉体的にも依存してしまうんです。こうなってしまうと、根性などでどうにかなるものではありません。



どのくらい飲んでるから依存症、というラインはない

マラソンをしていて5kmで足を痛める人もいれば、何万キロと走れる人もいるように、アルコール依存症は「どのくらい飲んだら依存症」というラインはありません。(日本酒3合を10〜20年、というような目安はありますが閾値は人により違います)



アルコール依存症の定義

アルコール依存症の定義をカンタンに言えば、

ということ。

アルコール依存症は身近な家族などを巻き込む病気です。



日本国内のアルコール依存症者は100万人と推計

厚生労働省の調査によると、日本国内の飲酒人口およそ7500万人のうち、アルコール依存症者は100万人いるとも言われています。さらに、ハイリスクな予備軍は1000万人とも。

しかし実際に診断や治療を受けているのは4万人ほどと言われています。なぜ治療中の人が少ないのかといえば、アルコール依存症への理解が進んでいない点や、誤解されている点などが大きいと思われます。



アルコール依存症は「否認の病気」

アルコール依存症というと、

画像:いらすとやより

朝から晩までお酒を飲み続け仕事もせず道端に倒れ込んで妄想と独り言をブツブツ

そんなふうなイメージがあるかもしれません。(映画なんかでもそういう描写が多いですよね)

さらに、アルコール依存症なんてみっともない、とか、世間体が悪く恥ずかしいこと、という印象も持っていないでしょうか?


そのようなイメージ像も相まって

「自分はそんなみすぼらしい状態じゃないから依存症じゃない!」

と、否定する人が非常に多いんです。


確かにそのように重症化した方※もいます。しかしながら、実際は普通に仕事をしながら家族をもち、表向きは普通な人たちの方が圧倒的に多いんです。
※米国保健福祉省の調査によると慢性的な重度の依存症者は全体の9%


でも実際の依存者の多くはバリバリ働いて実績もある人たちだったりします。

画像:いらすとやより

けど、お酒のコントロールができない。(自分なりに「ちょっとヤバイかも」とは思ってる)


画像:いらすとやより

そんな人は多いんです。
※依存症ながら社会的な地位などもしっかりしている人やお医者さんなどを高機能アルコール依存症者とも言います


アルコール依存症は否認の病気とも言われており、(上記のようなイメージや誤解もあり)自他ともに病気として認識せず、知らず知らずに悪化してしまうケースがあります。



回復および予防は少しでも早いほうがいい

アルコール依存症からの回復は少しでも早いほうがいいんです。依存度が高まるほど、回復の壁は高くなってしまいます。

早い段階であれば投薬や隔離病棟などの処置を取らずに、自助グループなどで回復が可能です。今一度、冷静に自分の飲み方を見つめ直してみてください。



当サロンは予備軍〜アルコール依存症の軽症者が対象(高機能アルコール依存症者含む)

当サロンはあくまで有志が集まり支え合う自助グループの場です。医療行為などは一切行なっておりません。そのため、対象者はアルコール依存症の中でも軽症者、あるいは予備軍に該当する方です。

そして、前向きに取り組むことが前提です。



症状の参考:アルコール依存症(厚生労働省)




断酒の成功確率をあげることはできるはず

たしかに断酒はカンタンではありません。でも、絶対できないことでもありません。

「このサロンに入れば絶対断酒できます!」

なんて言えませんが、断酒の成功確率を上げることはできると考えています。そのために必要なことは、学びと仲間です。

当サロンではアルコール依存症やお酒の害、断酒のコツなどを学び、仲間と支え合える場所作りを目指しています。



あなたの参加が他の依存症者を救うことにもなる

アルコールだけに限りませんが、依存症の回復において

・同じ痛みを知る人
・少し前を歩く人

という存在は非常に大きな意味を持ちます。自分が助けをもとめて参加したつもりが、知らず知らずに別な仲間の支えになるんです。


僕は、依存症の根本にあるのは(孤独感ではなく)孤立感だと考えています。

画像:いらすとやより

周りに同僚や友達がいれば孤独ではないかもしれません。でも、痛みや悩みを分かち合えないと、結局は孤立してしまいます。



あなたの参加が誰かを孤立から救うことにもなるんです。

どうぞよろしくお願いします。




《プラン一覧》


詳しい入会方法や注意事項は文末の「必ずお読みください」をご覧ください



《全てのプランでできること》

ライトプランはネット上での交流と情報交換をメインにしたい人向け

断酒や依存症というのは繊細な問題であり悩みです。そこで、フェイスブックのような実名制ではなく、ニックネーム(匿名)で利用できるSNSを利用します。


サークルスクエアというクラウドサービスを使います。メールアドレスがあれば登録できますので、Facebookアカウント不要

【POINT】ユーザー同士で個別に非公開メッセージを送る機能(Messenger機能)はありませんので、ちょうどいい距離感で参加できます。



【重要】コミュニティの利用方法とルールについて

登録について

・サークルスクエアの登録にはメールアドレスが必要です

・登録用URLを別途お送りしますので、画面の案内に従ってご登録ください

・サークルスクエアには無料プランとは別に広告非表示などの有料プランもありますが、無料プランで問題ありません(有料プランを使いたい場合はご自身でサークルスクエアとご契約ください)



登録後のルールについて

・ニックネームを忘れずにご記入ください(未記入の場合、本名が表示されます)

自己紹介は必ずしてください(記入フォーマットは別途お知らせ)

・自己紹介を見かけたら一言でもいいので声をかけてあげてほしいです

断酒スタートした日をお知らせください(記入フォームを用意しています)

・必須ではありませんが、プロフィール画像も変更いただけると交流しやすくなります

・堅苦しいルールを設けるつもりはありませんので、社会一般のモラルやマナーを守ってご利用ください

・その他の規約についてはサークルスクエアの利用規約に準じます
サークルスクエア利用規約→ https://www.c-sqr.net/pub/about/index.php

※利用ルールなどは運用していく中で変化していく場合があります



現在、youtubeでは僕自身の体験談やオススメ本などを紹介していますが、オンラインサロンではサロン内でしか視聴できない動画をアップします。

具体的にはアルコール依存症に関する知識や断酒のコツなど、より詳しい情報をセミナー感覚で得られるようにします。

本を読んだり情報収集する時間がない人でも知識が深まるように、月2回ほど配信していきます。



試験的に立ち上げていた断酒コミュニティで実施した、とてもいい仕組みがあります。それは、参加者全員の断酒した日=断酒記念日をGoogleカレンダーにまとめるというもの。



わかるでしょうか?

ご覧の通り、Googleカレンダーに参加者さんの断酒開始年月日を記入しています。そしてコミュニティ内の見える場所に配置し、毎月表示されるんです。
(例)1月5日にスタートした人は、毎月5日に表示されます




《ゴールドプランでできること》

ゴールドプランは積極的に学びオフラインでも交流したい人にオススメ!

ゴールドプラン以上に加入頂くと、先ほどのカレンダーをもとに毎月「継続おめでとう」の公開コメントをさせていただきます!


▼試験運用しているコミュニティの様子



月に1度、ゴールドプラン以上のユーザー向け(※1)に90分〜2時間程度セミナールームを借りて定例ミーティングを開催予定です。

※1 ライトプランの方が参加する場合、参加費2,500円(税込)が別途必要になります


定例ミーティング、と言っても堅苦しいものではなく、近況報告を中心にした交流会、いわゆるオフ会です。また、ミニセミナーや有志による発表なんかもしていきたいなと考えています!


※交通費は自己負担となります

※開催場所は基本的に大阪市内〜新大阪周辺を予定しています

人数が集まるようであれば関東や九州などでの開催も視野に入れています

※定例ミーティングの様子は撮影し、後日サロン内限定で配信予定



ゴールドプラン以上の方限定で、オンラインにて非公開チャットミーティングをおこないます。

現時点での配信方法はyoutubeの生放送機能を考えています。僕は司会進行的に顔出ししますが、参加者の皆さんはニックネームでOK、顔出し不要


▼参考(出典:https://ascii.jp/elem/000/001/639/1639999/


チャットを使い、断酒の経過報告や悩み相談、愚痴などをワチャワチャと。こちらは月間で2回程度開催できればいいかなと考えています。(平日夜1回、土日の夜1回、とか)


※ゴールドプラン以上のユーザーのみ参加できる非公開の生放送になります

※チャット参加にはGoogleアカウント(youtubeアカウント)が必要です



胸元に付けられるネームプレートに名入れしお送りします。オフ会や交流会の際に持参してください。


※会員ナンバーはゴールドプラン以上の人を先着順でカウントしていきます

※デザインは変わる可能性があります

※お届けまで一ヶ月程度かかる場合があります

※紛失やニックネーム変更に伴う再発行には別途1,500円かかります



お酒を飲んでいる頃は「酒があって当たり前」というイベント、ありましたよね。

たとえばBBQや花見、旅行やスポーツ(の打ち上げ)など。これって裏を返せば、お酒をやめたことで失った楽しみ、とも言えます。


しかし!


「お酒のない人生を楽しむ」というテーマを掲げるわけですから、あっさり諦めたくありません。そこで、年に1回程度、BBQや花見、旅行や合宿などを開催したいと思っています。

断酒の熟練度(?)がある程度高くないと難しいですし、どのような内容にするかはその時々で皆さんと話し合って決めます。

※ちなみに僕や断酒仲間はBBQや居酒屋に行っても問題なく過ごせましたので、慣れれば楽しめます

※イベントにかかる費用は自己負担となります




《プラチナプランでできること》

プラチナプランは3名様限定の特別プラン

プラチナプラン限定で、断酒グッズ販売ショップの割引券をご提供!全商品が最大50%OFFなど、他では配布していない割引券になります。

ショップはこちら≫



プラチナプランでは、個別コンサルティングとしてテレビ電話で月2回の面談を開催します。

(本業のウェブコンサルティング技術を応用し)それぞれの方の断酒継続のためのアドバイスやサポートをさせていただきます。







《サロン立ち上げたキッカケ》

ここからは自己紹介もかね、サロン立ち上げのキッカケなどをお話します。

1983年生まれ、2児の父。趣味は読書とアウトドア、釣りや一人旅など。
制作会社でのサラリーマン生活を経て28歳からフリーでウェブ制作と企業向けコンサルティングをしてます。本業のかたわら、NALP(ナルプ)というブログ兼ネットショップも運営してまして、ナルプのテンチョーと呼ばれてます。



ほぼアルコール依存症でした

実は僕、33歳までほぼアルコール依存症でした。

あえて「ほぼ」と書いているのは、医療機関などで正式な診断を受けていないからです…。怖くていけませんでした……。ですが、依存症について学べば学ぶほど、明らかにアルコール依存症の条件を満たしていました。


具体的には、1日も休まずにストロングゼロやハイボール濃いめの500ml缶を3本は飲んでいました。そして毎日酩酊し、週に1回程度は記憶がなくなっていました。末期の頃には仕事中に飲むようなこともありました。子供が小さい頃はベビーカーを押しながら飲んでいました。


そんな僕は何度となく断酒に取り組み、失敗を繰り返し、そのたびに酒量は増える一方だったんです…。



断酒継続のため、学びと発信をしています

しかし、2017年3月(当時33歳)、友人とともにアルコール依存症やお酒の害を学び、断酒に取り組み、"今のところ"お酒をやめることに成功しています。過去の失敗と比べ、飲みたくなることがほぼ無いまま今に至ります。

とはいえ、いつ飲酒欲求が湧いてくるかなんてわかりません。そのために、僕は現在も断酒仲間と情報交換をしたり、アルコール依存症の勉強と発信を続けています。

NALP by 断酒記



仲間との繋がりは非常に重要

僕自身の断酒経験を振り返り、アルコールについて学ぶことと仲間の支えの重要性も痛感しています。ブログのコメント欄にみなさんが書き込みをしてくれてるんですが、

「このコメント欄でみなさんの声を聞いて断酒をがんばれています」

「このサイトのおかげで飲まずに過ごせました」

という声も増えてきました。

皆さんの断酒宣言はこちら



無料コミュニティの限界を感じ、有料サロンを立ち上げを決意

数ヶ月間ですが試験的に無料のオンライン断酒コミュニティも立ち上げてみて、50人ほどが参加してくれました。

そこでも断酒仲間の支え合いにより断酒継続をしてくれている方が増えてきました。しかし同時に無料コミュニティの限界も感じてきました。

「自己紹介だけはしてくださいね〜」

と明記してるんですが、ただ登録してるだけで自己紹介もしてくれない人も増えてきて、断酒に対する意気込みやコミットの熱量に差を感じるようにもなりました。

断酒を頑張ってる人たちが赤裸々に体験談や悩みを書き込んでくれてるんですが、そういう繊細な情報を(自己紹介すらしてくれない人たちに)共有していいのかな?とも思います。


さらに、僕自身のボランティア的な運営業務にも限界があります。そこで、片手間で中途半端にするよりも、僕自身も仕事としてコミットし、本気で取り組もうと決意したんです。




▽▽▽必ずお読みください▽▽▽
■入会方法

・当ページの「パトロンになる」ボタンからご希望のプランへ入会することができます。なお月の途中で入会した場合でも1ヶ月分の料金が発生します。(当月分は日割り計算になりません)


・途中で退会した場合も返金はありません、ご了承ください。



■決済について

・使用可能なクレジットカードは下記のみです。

 VISA / MasterCard / JCB / Diners Club / American Express

 また、残り有効期限が100日以上のクレジットカードに限らせていただきます。

 ※コンビニ払い・銀行振込(Pay-easy払い)には対応しておりません。


・領収書の発行は行っておりませんのでご了承ください。



■注意事項

・当サロン内で発信する情報については許可がある場合を除き外部への公開は禁止致します。


・引き落とし登録したクレジットカードを変更したい場合は、一度任意解約が完了後、翌月に変更希望のクレジットカードで新たにご支援いただく必要がございます。


・プランを変更する場合は一度ご解約の上、再度任意のプランでご参加いただくこととなります。この場合、差額及び日割り計算にはならず、1ヶ月分の料金が発生いたします(当月解約後→翌月新規支援の為)。


・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。

 https://camp-fire.jp/pages/term

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください