Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

福島で野球・音楽・食が一度に楽しめる「バンバータチャレンジカップ」を開催したい!

現在の支援総額
40,000円
パトロン数
5人
募集終了まで残り
終了

現在1%/ 目標金額3,000,000円

このプロジェクトは、2019-03-27に募集を開始し、5人の支援により40,000円の資金を集め、2019-05-31に募集を終了しました

福島で子どもから大人まで楽しめるスポーツイベントを開催します。東京ヴェルディ・バンバータとのタッグで行われる全国トップレベルの軟式野球大会、少年野球教室、そして開成山野球場での音楽と食のナイトイベント。関わる全ての人々が楽しめる新しいスポーツイベントをみんなでつくろう!

■ごあいさつ
みなさま、はじめまして!わたしたちはバンバータチャレンジカップ2019実行委員会です。私たちは福島の子どもたちに夢を与える活動をおこし、地域の活性化と、明日への活力を創出することを目標に立ち上がった団体です。

突然ですが、みなさまは「東京バンバータ」をご存知でしょうか?

2008年に「3年で日本一を獲らなかったら解散!」との大きな夢を掲げた普通の草野球チームとして発足。その後、3年目に初めて出場した『高松宮賜杯第55回全日本軟式野球大会2部』で初優勝を飾り、公約通り日本一のタイトルを獲得。その後も4度の全国大会優勝を達成したチームです。

現在は天皇賜杯・国体出場を目指す社会人軟式野球チームへ成長し、オリジナルグッズの販売やYouTubeチャンネルでのエンターテイメントで全国にファンを持つ、一風変わったチームです。

2017年からは競技人口減少が叫ばれる少年野球の発展のため、東京バンバータジュニアを立ち上げ、自主性を尊重した育成を実践するなど、スポーツビジネスを拡大しています。

2018年には複数競技の総合クラブ化を進める東京ヴェルディと業務提携を締結し、「東京ヴェルディ・バンバータ」として、日本における新たなスポーツクラブスタイルをスタートしています。

■オフィシャルHP
https://www.tokyo-bambaataa.com/
https://www.verdy.co.jp/baseball/

ようやく日本でもスポーツのエンターテイメント化がプロスポーツを中心に行われるようになってきました。しかし、日本の一般レベルの競技施設や大会は体育としての使用や選手視点で運営されていることが多く、競技をするだけであるのが実情です。全国大会でありながら、観客はチームの関係者がほとんどであることも多いのではないでしょうか。

トップレベルの白熱した試合観戦の楽しさ、見る人を楽しませる演出の気づかい、その先に、見られることによる選手やチーム、企業スポーツの日々の活動は変わっていくと考えています。

バンバータチャレンジカップはそんな思いから、場所や規模に捉われず、やる人・見る人の両方が楽しめる機会を自らつくる目的で始まりました。

■やろうと思った理由
福島県内では様々なイベントが各地で行われていますが、一箇所に地域の方たちが集まるような総合エンターテイメントはあまりありません。地域、年齢、性別に関わらず、県内外から多くの方が福島県に足を踏み入れ、今のリアルな福島を体感していただき、震災以前の賑わいと活気を取り戻したいと考えています。


■バンバータチャレンジカップ2018
昨年は、福島県白河市でバンバータチャレンジカップ2018を開催しました。
https://www.tokyo-bambaataa.com/bcc2018

◇主催 : 株式会社ベースボールアディクト BAMBAATAA CHALLENGE CUP実行委員会
◇後援 : 美津和タイガー イーストン 株式会社ゼビオ
◇協賛 : サントリービール㈱ コカコーラ ボトラーズジャパン㈱ ピルボックスジャパン㈱ 
      ㈱アルプロン ㈱メディカルイオン
◇協力 : 公式記録「EasyScore」

強豪企業チームを招聘したハイレベルな試合

福島の小学生の始球式・元ヤクルト赤川投手

プロMCによる選手紹介
ホームランダービーイベントの開催
間近でプレーを見届ける地元の小学生選手
観戦に来られた一般の方や選手

バンバータグッズやゼビオによる売店

わたしたちは今回、「東京ヴェルディ・バンバータ」とタッグを組み、福島の子どもたちにトップレベルのプレーを身近に見る機会で夢を与え、大人も一緒に楽しめる活動を興し、地域の活性化と、明日への活力を創出していきたいと考えています。

今回はスポーツに限らず、スポーツエンターテイメントに重要な音楽や食を福島のご当地の方々と融合したイベントにしていきます。県外から訪れる方たちと地元や県内の方たちの接点増やし、新しい関係人口を増やしながら、地域のお祭りへと成長させ、福島復興のシンボルにしていくことを目指しています。

【イベント実施概要】
①バンバータチャレンジカップ2019 
草野球ではない、日本トップレベルの”軟式競技”の大会が開催されます。
出場チームは社会人軟式野球の企業チーム。選手は元プロ野球選手や甲子園出場選手も多く在籍しています。硬式野球とは一味違う軟式野球の世界を小・中学生の軟式選手や野球ファンの方に見ていただける絶好の機会です!

日程:8月3日(土)・8月4日(日)9時〜17時
会場:日和田野球場(郡山市)、西郷村民球場(西白河郡)
出場:社会人軟式野球チーム、大学生選抜チーム 10チーム

2018年野球大会のフライヤー

2018年大会の組み合わせ

②エキシビションナイトイベント
「野球・音楽・食」の3つを組み合わせた、選手・来場者が球場で有機的に過ごす複合型イベントを開成山野球場で開催します。イベントを見ながら福島を感じる飲食で楽しめます。

■プログラム
<野球>バンバータチャレンジカップ出場選手・一般参加者によるMLB式のホームランダービー
<音楽>屋外スタジアムを活かした音楽ライブやDJによる野外パフォーマンス
<食>地元の農家さんや飲食店が提供する料理とお酒を提供するブースの出店

日程:8月3日(土)19時〜21時
会場:ヨーク開成山スタジアム

イベントを楽しむ来場者

③〜東京ヴェルディ・バンバータ & 東京バンバータJr. プロデュース〜
競技軟式のトップレベル選手が”軟式のコツ”を教える野球教室

大会出場者はプロ野球、甲子園、大学・社会人などトップレベルで活躍した選手たち。そんな軟式野球の選手から直接教わるまたとないチャンスです。

軟式野球の技術や考え方をたくさん吸収して、上手くなって、もっと野球を楽しみましょう!小・中学生、大人でのグループ分け、フィジカル編・打撃編・守備編・投手編などを開催予定です。決勝戦前に開催するので、そのまま決勝戦の観戦をしていただけます。

日程:8月4日(日)午後1時間程度
会場:日和田野球場(郡山市)
対象:小学生・中学生、大人:計150名

小学生の育成活動 東京バンバータJr.

1:手数料/300,000円
2:会場利用料/300,000円
3:設営費用/500,000円
4:音響設備設営/500,000円
5:実行委員会運営費/600,000円
6:宣伝広告費/400,000円
7:SNSやYouTubeなどの配信/400,000円

■イベント参加
2,000円:軟式野球教室 参加チケット(小・中学生) ※150名
3,000円:軟式野球教室 参加チケット (大人)※50名
20,000円 :試合中にバンバータベンチに座れる権利  ※10名

■グッズ提供
3,000円:イベント報告付きお礼のメール
4,000円:イベント報告付きお礼のメール・バンバータネックストラップ、ステッカー提供 ※100名様
8,000円:イベント報告付きお礼のメール・バンバータTシャツ提供 ※100名様
10,000円:イベント報告付きお礼のメール・バンバータキャップ提供 ※100名様

■スタッフ参加
3,000円:軟式強豪チームの試合を真横で見られるボールボーイ1試合契約権(大会Tシャツ付き) ※30名
8,000円:イベントスタッフとして運営を行える バンバータスタッフ契約権(大会シャツ・キャップ付き) ※20名

■企業名・ロゴ・名前掲載
個別メニューとなっております。
50,000円:イベント会場での横断幕・のぼり掲示
100,000円:ポスター、フライヤー、パンフレット、大会HPへの掲載
100,000円:バンバータ各種SNS、YouTubeチャンネルでの掲載
100,000円:パンフレットの広告出稿(A4縦1頁・フルカラー)
50,000円:パンフレットの広告出稿(A4縦1/2頁・フルカラー)
150,000円:大会うちわ裏面広告出稿(1000枚)※1社
1,000,000円:大会冠名権「◯◯◯ バンバータチャレンジカップ2019」※企業名またはブランド名 ※1社
50,000円:野球試合会場での出店・ブース権

5月下旬:クラウドファンディング達成
6月中旬:イベント企画立案
6月下旬から7月上旬:出展者候補者の選定
8月上旬:イベント開催 返礼品提供
9月中:イベント報告の送付

震災を経て丸8年が経過しようとしています。福島県ではようやくサッカー、バスケット、アイスホッケー、バレーボールとプロスポーツクラブが少しずつ誕生し、多くの県民が日本最高峰のスポーツエンターテイメントに触れる機会が徐々に増えてきました。

しかし、まだまだ福島では試合を観戦するだけのエンターテイメントとなってしまっています。わたしたちは、東京ヴェルディ・バンバータのご協力の元、地元企業や学生を巻き込んだイベントを催し、そこから、様々な人が集まり交流をすることで生まれる新しいエネルギーを発信していきたいと考えています。ご支援よろしくお願いお願い致します。

イベント後のボランティアスタッフ・選手

前回優勝チーム・常陽銀行 協賛企業様の優勝商品

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください