Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

繋がる・学ぶ・行動するサロンで未来の福祉を創る!「FUKUSHI×∞ガッコウ」

パトロン数
14人

このプロジェクトは、コミュニティ方式(定額課金制)です。
選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

「福祉」を共通点に、様々な方々が繋がり、共に学び、成長を目指すオンラインサロンです。動画配信やオンラインでのテーマトークなどを行っていきます!

あなたからのメッセージ

【繋がる・学ぶ・行動するオンラインサロンで未来の福祉を創る】

を目的に、オンラインサロンを立ち上げたオクユイカです。

福祉をもっと楽しく盛り上げたい!との思いから、仲間と新しい取り組みを始めました!



福祉というと幅広いため、ここでは特定の職種に絞っていません。


あなたはこのような想いを抱いていませんか?

 

「行きたい研修が沢山あるのに開催場所が遠くて学べない」

「ネガティブな会話が飛び交う職場に疲れてしまった。」

「真面目だと思われるとバカにされそうで、想いを話せない」

福祉×∞ガッコウの目的の一つが

 

「志」を持つ福祉職の方々が繋がり孤立しないことです。

 

小さな灯火でも、集まることで大きく燃えあがります。

 

少子高齢化問題、発達障害、虐待、イジメ・・・・世の中には福祉に関する課題は山積みですが

想いのある方が繋がり行動することで、何かが変わると思っています。

共に学び成長できる仲間を募集しています。



福祉×∞ガッコウは以下のような方におすすめです!

・福祉をどうにかしたいと思っている方
・同じ職場に熱く話せる人がいないと感じている方
・周りから刺激を受けて自分自身も行動していきたい方
・志を持った仲間と繋がりたい方
・知識やスキルを向上させたい方
・インプットだけでなくアウトプットもしていきたい方

オンラインサロンにて以下のことを予定しています。

・ブックシェア(随時)・・・・おすすめ本を他者とシェア
・動画配信(月1回〜)・・・・研修会を配信・徹子の部屋的な感じの参加者限定コンテンツ
・学び場(随時)・・・福祉に関する情報など「伝えたい!」と思ったことをシェアしあう
・相談コーナー(随時)・・・相談事はみんなで解決?!(個別相談はしていません)
・オンライン雑談(2か月に1度程)・・・テーマを決めてオンラインで意見交換を行なう(1時間程度)
・オンライン飲み会(不定期)・・・遠くても繋がれる時代!(未成年はソフトドリンクのみ)
等々!


運営者紹介

【岡江晃児(おかえこうじ)】

社会福祉士。2005年鹿児島国際大学福祉社会学部卒業。

国立病院機構大分医療センターに医療社会事業専門員として入職し、地域医療連携室を立ち上げる。

2009年地域の医療・福祉関係者と共に地域医療福祉協議会を立ち上げ、大分市東部地区のネットワーク構築に取り組んでいる。

「がんサロン」の運営、がん患者が内に込めた想いや感情を川柳として表出するがん川柳の取り組みはNHKに取り上げられ世界にも発信される。

現在は、行政ソーシャルワーカーとして地域に根付いた活動を続けながら様々なイベントを企画・実施しているソーシャルワーク大好き人間!


【奥 結香(おくゆいか)】

20歳の時に、福祉の在り方に疑問を感じ、「10年間は様々な福祉の現場をみてまわりながら経験を積む」と決め、

福祉施設やNPO法人、特別支援学校、青年海外協力隊として「福祉」に携わる。

その結果、地域の大切さに気がつき大分県竹田市に移住。

現在は、赤ちゃんから高齢者まで障害の有無にかかわらず共に繋がることができる地域コミュニティみんなのいえカラフルを運営している。

また、性的少数者の当事者として、SOGIE(LGBT)サポートチーム ココカラ!の共同代表を務め、大分県各地で講演活動、当事者の集いの場を運営している。

”ひとりぼっちをつくらない地域”を目指し活動中!

オクユイカ個人ブログ→https://sabaoku.com/profile-yuika-oku/

twitter→オクユイカ


【オンラインサロンの参加費について】

入会時期によって月額費用が上がる予定ですが

その理由は、オンラインサロン内のコンテンツが時間が経てばたつ程、充実していくためですm(__)m

入会時の月額が変更することはないので早い方がお得(^^)

いただいた費用はどのように活用するのかというと

・運営資金
・福祉×∞ガッコウ参加者が研修に行く際の研修費補助として使用(※条件付き)
・特別講師を呼ぶ費用
などに使うことを考えています。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

パトロンへのリターンについて


・Slackというアプリを活用し、非公開の交流コミュニティに招待します。


皆さまのご参加をお待ちしております!

みんなでワクワク、福祉を盛り上げていきましょう!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください