Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

NPOインプットサロン

パトロン数
20人

このプロジェクトは、ファンクラブ方式(定額課金制)です。
選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

NPO(非営利)業界に関わる(興味のある)、NPO関係者・社会人・行政・学生向けに、今できていない事や知りたい事、興味のある事をインプットするために、研究・体験・学習するイベントを定期的に開催します。イベントはサロンメンバーが企画することも可能で、サロン運営事務局が開催をサポートします!

NPOインプットサロン始まりました!

みなさま、はじめまして。
株式会社シン・ファンドレイジングパートナーズ代表の河内山信一(こうちやま しんいち)です。
日々、非営利のためのファンドレイジング(資金調達)をメインとした伴走支援を行っています。

NPO(非営利)という業界では、企業のように会社側が社員に対して研修や学ぶ機会を用意することは少なく、基盤強化や会計、ファンドレイジングなどの有名どころのセミナーなどを一周りして基礎を学ぶ事が多いと思います。

しかし、実際の現場では様々なことが起こり続け、基本だけの情報では対応できないことも多々あります。良質な新しいインプットこそ次の企画提案に繋がると実感しているのに、最近、自分自身でもインプットが足りないなと思っていることがありました。

そこで、「他業界の知見や社会課題の現状をインプットできる勉強会をやりたいんだよね」と数名のファンドレイザー仲間に話したら、「それ、面白い!」と即答で返事が返ってきたので、みんな新しい情報や体験を欲しがっているんだなと感じました。

今、不足しているなら自分たちで創ろう。
日々自分たちの社会課題に対して真摯に取り組んでいるNPO関係者(運営者・事務局・ファンドレイザーなど)が、他業界などの新しい知識を得ることで、自分たちの活動をよりよいものに成長できるように、知見を共有し合い、横のつながりを生み、仲間同士でレベルアップできる学びの場として、この度「NPOインプットサロン」を2019年4月頭に立ち上げました。


NPOインプットサロン(Facebookページ)
https://www.facebook.com/npoinputsalon/


早速、Vol.0として内容を説明するキックオフイベント(懇親会付き)を4月末に計画。
30名という定員は告知後3日で満員。10名を増員しても4日目にはキャンセル待ち状態になりました。
みなさんの知りたい欲求が確実にあることを実感した瞬間でした。
そして4月25日のキックオフイベントで会員制での運営方式を発表し、「NPOインプットサロン」はスタートしました。


NPO関係者(運営事務局・ファンドレイザー・理事など)だけでなく、インプットを求めているソーシャルに興味のある社会人、ソーシャル界隈に興味のある学生など、色々な方向・立場から意見が飛び交う多様性のあるコミュニティにしていきたいので、いろいろな人たちの参加を待っています。


定例イベントについて

毎月1回程度のペースでイベントを開催します。

イベントは、大きく2つを予定しています。
学びの日・・・実践している人から話(事例)を聞き、自分事に落とし込む(ワークショップ)日。
 発信力として重要なキャッチ―な文章の作り方からTwitterやYouTubeの運営とハウツー、ティールやホラクラシーなどの組織論、ゲームの作り方やルールを変えるロビングの方法、NPO的地域通貨など、興味のあることをいろいろと学べるイベントを開催します。

研究の日・・・テーマを設けて研究し、そのテーマを深く知る人をゲストに呼び議論する日。
 「こども食堂」「SDGs」「休眠預金」「社協」など、テーマを設定し深堀したいと思います。答えを出すというより、深く知るイベントにしたいと思います。


メンバー限定イベントについて

2ヵ月に1回くらいのペースで、メンバー限定のイベントを開催します。
相談の日・・・特にテーマを設けずに、メンバー同士やメンター的役割の人に相談をする日。
 日々の仕事での悩み事やNPO運営方法、ファンドレイジングなどについて語る「壁打ち」、実際のNPOから課題についてオリエンテーションを行い、2ヵ月後にメンバー同士でプレゼンをする「プレゼン大会」など行います。地方から東京へくるメンバーがいるときは集まって飲み会を開催したり、年末には忘年会なども予定しています。


イベント予定

5/28(火)『公式アカウントだけで大丈夫?より活動拡散に繋げられるTwitter運用講座』
      ゲスト:篠田沙織さん(TABETE COO)

6/18(火)『こども食堂のリアル!』
      ゲスト:米田佐知子さん(子どもの未来サポートオフィス代表)
          栗林知絵子さん(NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長)
          他

7/24(水)「それだ!感のあるコトバのつくりかた」のプロが教える、キャッチ―な見出しを作ろう!
      ゲスト:加来幸樹さん(株式会社サインコサイン)

8/21(水)『発信力をつける!NPOのためのYouTube講座』
      ゲスト:イッシーさん(転職相談系YouTuber)

他、決まり次第更新していきます。
お楽しみに。


リターンについて

東京で開催されるイベントに実際に参加する「サロンメンバー」を募集します。

▼サロンメンバー特権 

 ・オリジナルステッカーを提供(入会時のみ:イベントにて手渡し)

 ・非公開FACEBOOKグループへの招待 

 ・定期開催されるイベントへメンバー価格で参加可能(都内開催)

 ・メンバー限定イベントへ参加可能

 ・NPOインプットサロンのイベント設計アドバイスと実施サポート

他にも、過去のイベント資料閲覧なども用意したいと思います(準備中)。
※ゲストスピーカーによっては閲覧NGの場合もありますのでご了承ください。


▼【オンライン限定】サロンメンバー特権 (2019年5月23日更新)

東京には距離的に参加が難しい方、子どもが小さいので夜は外に出ることが出来ない方などからもお問合せを頂いていましたので、オンラインで参加する「オンライン限定メンバー」を創りました。

 ・オリジナルステッカーを提供(入会時のみ:郵送)

 ・非公開FACEBOOKグループへの招待 

 ・定期開催されるイベントへメンバー価格で参加可能(都内開催・年間で1回限定)

 ・定期開催されるイベントへFacebookグループ(非公開)のライブ配信で参加可能

 ・メンバー限定イベントへ参加可能

 ・NPOインプットサロンのイベント設計アドバイスと実施サポート


 

主催者の自己紹介

1973年生まれ。東京都出身。
15年間広告代理店に勤務。
2012年に電通を退社後、イベント運営・広報・マーケティングのスキルを活かして社会貢献をビジネスにするためにファンドレイザーを目指し、同年10月に非営利団体のファンドレイジング(資金調達)を基本としたコンサルティング会社である株式会社シン・ファンドレイジングパートナーズを設立。
毎年約6つの非営利団体と年間契約を結び、伴走支援方式で運営コンサルに従事。
2017年3月、第8回日本ファンドレイジング大賞を受賞(NPO法人チャリティーサンタ)。
2015年より、尚美ミュージックカレッジ専門学校エンタテインメントビジネス創造学科(※現ミュージックビジネス学科)にて「発想法」、翌年から「ビジネスプロデューサー論」を担当。

Twitter:https://twitter.com/shin_kouchiyama 


【入会方法】

CAMPFIREファンクラブページで「NPOインプットサロン」の「パトロンになる」ボタンを押して、リターンをリターンを選択し、必要情報を入力することで入会することができます。
月の途中で入会した場合でも入会した時点で1ヶ月分の料金が発生します。
会費の引き落としは、【毎月1日】になっています。
※システム上、別のコースへ変更はできません。コース変更は、一度退会をしてからもう一度入り直して頂きますのでご了承ください。
※途中で退会した場合も返金はありません、ご了承ください。

 

【注意事項 必ずお読みください】

・本サロンの定例イベントは、SENQ霞が関で行います。
・本サロンは、定例のイベント以外は、Facebookの非公開グループにて行う予定です。参加にあたってはFacebookアカウントが必要です。
・実名登録ではない、友達がいないなど、Facebookアカウントがアクティブなアカウントでないと判断した場合、入会をお断りする可能性があります。その場合、返金等はございません。何卒ご了承ください。
・本サロンで行うイベントでの情報やメンバーが発信する内容について、メンバー外への共有や許可なく外部へ漏洩することを禁止致します。(許可がある場合を除く)
・領収書の発行は定例イベントの受付で行います。郵送対応は行っておりません。ご了承ください。
・他の利用者の方への誹謗中傷、荒らし行為などに該当する行為があった場合、その他サロン運営の妨げになると運営が判断した場合、強制退会とさせていただく場合があります。
・退会(解約)方法はこちらをご参照ください。
・その他規約はCAMPFIRE利用規約に準じます。
 https://camp-fire.jp/pages/term


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください