Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

【ネパール・ヘルスキャンプ】みんなの力で世界の医療の届かない場所に鍼灸を届けたい

現在の支援総額
127,400円
パトロン数
22人
募集終了まで残り
8日

現在94%/ 目標金額135,000円

このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。
目標金額を達成した場合にのみ、2019/07/28 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

ネパールは世界有数の最貧国の一つで、国民の半数以上が1日100円以下で生活しています。とても貧しくて体調が悪くても病院にかかれず、多くの人が病気の恐怖と戦いながら生きています。日本の鍼灸師が医療ボランティアで医療が届いていない貧困層のところへ行きます。みんなの力を借りて手を差し伸べたいです。

はじめに・ご挨拶

はじめまして!プロジェクトをご覧いただきましてありがとうございます。

北海道札幌市で歩行困難な方や難病の方に訪問鍼灸マッサージリハビリをしている今野晋佑と申します。

今回、8月11日から8月18日に行われる国際医療ボランティア活動に参加したいと思い、

是非、お力を貸してほしいと思って、クラウドファンディングを始めました。

鍼灸は、自然治癒力を活性化させることで腰痛や肩こりといった悩みだけでなく、内科的な疾患、

例えば頭痛とか腹痛などの悩みにも効果があります。

そして鍼灸に限らずマッサージやストレッチを行ったり様々な手技も臨機応変に行い

病院に行きたくても通えない貧困層の人たちの健康管理に社会貢献をします。

なぜネパールなのか?

ネパールは世界有数の最貧国の一つで、国民の半数以上が1日100円以下で生活しています。

非常に貧しい国のために、海外の援助に頼っており

ネパールの現地の鍼灸師やライオンズクラブなどの協力の元に実現しています。

病院の事情はというと・・・

前払い制で、医師のほとんどは首都に集中しており

なんとか親兄弟親戚近隣住民からお金をかき集めて病院に受診しようにも

山間部を数時間もかけて歩いて行かなければ受診できません。

そして先進国に比べて設備は充実しておらず、もし高度な医療を受けなければならない時は

他の国に行かなければなりません。

その際の医療専用機での移送費用は数百万から数千万かかります(外務省参照)


想像してみてください。


あなたの子供が昼間普通に走り回っていて元気にご飯も食べていたのに

突然、夜中に吐血して意識不明になって苦しんだる・・・


急に尋常じゃないほどお腹が痛くなって寝れないほど苦しみと激しい下血が数日続いた・・・


突然目の前で愛する人が呂律が回らなくなってそのまま倒れて意識不明になった・・・


病院に行きたくても行けなくて原因も分からず、もしかして死ぬのかもしれないという不安と恐怖。


もし身近に少しでも医療知識がある人がいて大丈夫だよって言ってもらえたらどれだけ心強いことでしょうか。


鍼灸は、自然治癒力を活性化させることで身体の痛みだけでなく内科的な辛さも和らげる働きもあります。

もちろん病気の場合は、限界もありますが病院に通うのも金銭的に大変です。

経験しないとイメージしずらいかもしれませんが、ずっとつらい状態がほんの少しの間だけでも

痛みが緩和されるとどれほど心がやすらぐことでしょう。


みなさんはボランティアと聞くと、どう思われるでしょうか?

私のボランティアに対する最初のイメージは、時間が必要で無償でお金にもならないのに凄く大変で

物好きなちょっと変わった人がやるものというイメージがありました笑

でも去年、はじめてボランティアに参加してみようと思いました。

その理由は決してたいそうな理由ではなくて、説明会で話されている方たちの

笑顔と自信に満ちた表情がとてもやりがいがありそうで、何よりも「面白そう!」でした。

実際の体験の感想として、すごく楽しかった!

でも、それだけではありません。

貧困層の方の体調不良や明らかに骨折以後病院にかかれずに痛みに苦しんでる人、

ネパールの食生活に伴う体型のためにおこる腰痛など沢山の症状を見ることが出来て

大変勉強になりました。

そして何よりネパールの方の心は温かく、古き良き時代の日本のようでした。

私は、ボランティアの一環として、子供たちにノートや鉛筆を配っていました。

小さな子供に配った時、すぐにどこかへ行こうとすると近くにいたお年寄りの方が

その子供に「ありがとう」は?といって、指導していました。

まるで隣近所の大人達もみんなで子供たちを育てているようなそんなところでした。


このプロジェクトで実現したいこと

私はこのボランティアによって、数百人の施術にかかわり喜んでいただくだけでなく、

レポートや画像をあなたにお届けします。

あなたの応援によって、私を通じて直接多くの人に喜んでもらえるそんな応援の方法もあるということも知ってもらいたい。

そして海外の現状を少しでも興味を持ってもらうこと。

また鍼灸師などの医療に携わる方にもボランティアはそんなに敷居の高いものではなく

医療国家資格を得たあなただから出来る特別な活動もあることを知ってもらいたい。

次年度で一緒に仲間として参加する行動を起こしてもらえたら最高にうれしいです。


ボランティアに興味をもった理由:ストリートチルドレンとの出会い

2017年のフィリピンのセブ島へ短期の語学留学へ行った時のこと、

セブ島の中では、最も治安が悪くスマホを外に出してはいけないと忠告を受けた場所に

昼間観光で行った時のこと。

身なりはボロボロ、裸足で髪はぼさぼさの身長は自分の腰ぐらいの小さな女の子にばったり会いました。

弟と思われる子と手をつないで少女が無言で何かくれと私に手を差し出してきました。

私は衝撃的すぎて何もできず呆然としていると、どこかへ行ってしましました。

現地の先生からはストリートチルドレンには絶対にお金を渡してはいけないと言われていました。

何故なら空腹を紛らわすはずのそのお金はドラッグに消えてしまうからです。

ドラッグは食べ物よりも安く手に入り、食べ物よりも空腹を紛らわしてくれるのです。

あとになってお金ではなくて食べ物を買ってあげればよかったと気が付いたのですが

その時、何もできなかった自分がとても悲しかった。

それがずっと心の中で引っかかっていて、その後、ご縁で仲良くなった

ボランティア協会の会長の鍼灸師の先生に誘われて国際ボランティアに行き、

ボランティアってそんな敷居の高いものでもなく

むしろとても喜んでもらえて私もうれしくって楽しい。

ボランティアっていいじゃん!と思ったのがきっかけでした。


これまでの活動

・ネパール・ヘルスキャンプ2018 in ポカラ で2018年4月28日から5月6日の鍼灸ボランティア

・ネパールボランティアの際に個人的にフェイスブックで募集した家に余っている鉛筆やノートを全国から集めてネパールでチベットの難民が多くいる小学校へ30キロの寄贈

・2019年 春 カンボジアのチャリティーツアーにて学校へ40キロの鉛筆やノート寄贈


資金の使い道  

ネパール国際ボランティアに参加するための交通費及び参加資金とする予定です。

 

目標金額135000円

内訳

キャンプファイヤー  クラウドファンディング使用手数料14% 18900円

行き

新千歳空港→タイ(バンコク)→ネパール(カトマンズ) 75000円

帰り

ネパール(カトマンズ)→中国(上海)→新千歳空港   35000円

*料金は6月18日調べ

残りは別費用で支払うネパール・ヘルスキャンプ参加費13万円に充てる予定

最低限交通費とクラウドファンディング手数料となる目標金額設定にしています。




リターンについて

・リラクゼーション施術の提供(札幌、大阪、東京近郊限定)

 あなたの元へ直接訪問しに伺いリラクゼーションの整体を提供します。

・ネパールの報告レポート、動画配信

・zoomによるネパール報告会


などなど随時追加予定



最後に

あなたの応援によって病院に行けず困ってるネパールの貧困層数百人に手を差し伸べることが出来ます。

私がボランティアをする期間は8月11日から8月18日。

たった一週間です。

もちろんこれだけで、ネパールで困っている方の生活が楽になるとか、大きな変化があるとは正直言えないと思います。

日本では当たり前にかかれる病院。

ネパールではめったなことではかかれない病院。

今まで病院にもかかれず長年身体の痛みで悩んでいる方が、

この期間で痛みが和らぐことがあると知ったら、どう思うでしょうか?

ボランティアする場所では、子供やお孫さんと一緒に来られる方も多くいます。

その施術を見ておじいちゃんやおばあちゃんが嬉しそうにしてたら、その子はどう思うでしょうか?

施術を受けた方にセルフケアを伝えることによって自分で対処する方法がわかったらどう思うでしょうか?


直接与える影響は小さなことかもしれません、

でもそれをきっかけに病気ではなかったんだと気が付けたら・・・

施術風景を見たその子供は、おじいちゃんやおばあちゃんが喜んだこの施術は何だろう?と興味を示して

その道を目指すきっかけになるかもしれません。

一人がセルフケアを出来ることを知ることによって、周辺で同じように困っている人にこうすると楽になるかもよ?ってセルフケアのやり方を広げてくれるかもしれません。

一つの小さなきっかけが、大きな水面となってボランティアが終わった後でも

地元住民の中で少しずつ変化が現れるかもしれません。

私はその一つのきっかけになれたら、これ以上ないほどの幸せです。

どうか応援のほど、宜しくお願い致します。



※募集方式

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。


使用の画像は、当院の参考資料、国際ボランティア協会の掲載許可取得済み


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください