Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

地元大学生が立案!山野若八幡神社ライトアッププロジェクト!

現在の支援総額
39,500円
パトロン数
9人
募集終了まで残り
終了

現在2%/ 目標金額1,354,000円

このプロジェクトは、2019-07-04に募集を開始し、9人の支援により39,500円の資金を集め、2019-09-15に募集を終了しました

775年続くお祭り『山野の楽』が少子高齢化により、参加してくれる子供たちや今まで協力してくれていた地元の人たちが少なくなり、お祭りが小規模化してしまい、お客様の足が遠のいてしまい、現在存亡の機に瀕しています。

・はじめに・ご挨拶

初めまして、今回、山野若八幡神社ライトアッププロジェクトを立ち上げた福岡大学に通う学生です。
私は地元福岡県嘉麻市山野の魅力である『山野の楽』を知ってもらうために
Facebook・インスタグラムで毎日関連写真の投稿を行っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・このプロジェクトの目的

現在、大昔から町の顔でもあった「山野の楽」は地域人口の減少に伴い、見物人の減少など消滅の機に瀕しています。 そこで、「山野の楽」を盛り上げるために、開催場所である山野若八幡神社をライトアップすることで市外や県外の方に足を運んでもらい、『山野の楽』の魅力を知ってもらいたいとおもい、プロジェクトをスタートしました。


・山野の楽とは

福岡県嘉麻市山野地区で775続く伝統あるお祭りです。
山野の楽とは、毎年、秋分の日に開催され、
氏子(家内)安全・五穀豊穣を祈願し、福岡県嘉麻市にある山野若八幡神社で行われる水神祭です。
福岡県筑前で唯一の楽打ちで県無形民俗文化財に指定されて今年で61年目になります。
1244年、宇佐神宮の分霊が勧請された際に伝来したと言われています。
山野地区で、農業を営む際に大切な牛が多く死んだことで、占い師から「水神様の祟りであるから楽打ちを宇佐神宮に習ってすると良い」と告げられたことから始まったと伝えられています。
大分県の宇佐市などの旧豊前国周辺には、まだ多くの「楽」が残っていますが「山野の楽」は旧筑前国(現在の筑豊地区)に伝わった唯一の「楽」であり、祭りの多くの部分が昔の形式を保ったまま残っている貴重な祭りでもあります。

【開催日】当日:秋分の日9月23日(月)   前夜祭:9月22日(日)19:00~

【開催場所】山野若八幡神社  
     (住所)嘉麻市山野1620
       


・山野若八幡神社とは

天喜元年(1053年)に創建された歴史深いお社です。安産の神様、生目八幡社、水神棚記(氏子安全・五穀豊穣祈願)・経晴社・稲荷大社があります。
その境内は鎮守の森を背景に、奉納される舞に適した広場から段状になった石垣を見上げる整然とした美しい景観が注目となっています!


・775年続いてきた文化を守るために 

福岡県嘉麻市の山野地区に県指定無形民俗文化財「山野の楽(やまののがく)」という伝統芸能を継承しています。
民俗文化財とは国民の生活の推移の理解のため欠くことのできないものであり、歴史資料として重視され、一般庶民の生活、慣習、行事そのものであって、私たち日本人の昔ながらの生活を継承するものの一つといっても過言ではないのです。
その民俗文化財である「山野の楽」は1200年代、山野地区で農業において大切な牛が多く死んだことで、災厄退散目的として楽打ちが始まったと伝えられています。
「山野の楽」は旧筑前国(現在の筑豊地区)に伝わった唯一の「楽」であり、祭りの多くの部分が昔の形式を保っています。また嘉麻市が合併する前の稲築町の時は、町全体をあげて山野の楽を応援してもらっており、毎年大勢のお客さんで賑わい、市からの補助金もいただいており、その資金で運営していました。
しかし、人口の減少や、嘉麻市へ合併してから町の顔として扱われていた山野の楽は注目されなくなり、行政からの補助金も減り、最近の見物人は30人程。15店以上出ていた屋台も現在2.3店舗に減ってしまいました。
現在は衣装のクリーニング代を捻出することすら厳しい状況です。
このまま見物人が減ってしまえば、775年続いてきた文化がなくなってしまう。それだけは避けなくてはいけない。そこで私たちは「山野の楽」を守るためにクラウドファンディングに挑戦することにしたのです。


・リターンについて

3,000円 【お礼のメール】
     かなり長文で!
     今回のプロジェクトに対して、リターンはいらない。ただただ応援する!
     ※金額は3000円~任意でご指定いただけます


5000円 【前夜祭松明(たいまつ)予約券】
     毎年100本~150本用意していますが、行進1時間前にはなくなってしまいます。
     なので、今回のプロジェクトでは、松明予約券を販売します!
     購入された方には、前夜祭当日までにメールを送らせていただきます。
     そのメールを松明予約券とさせていただきます。
     当日、そのメールをスタッフにお見せください。


6,000円 【嘉麻市山野産のお米で作った米粉と糀(こうじ)のセット】
    (発芽玄米)玄米を独自の方法で発芽させました。わずかに発芽した玄米を低温で乾燥、石臼で           丁寧に製粉しています。
    (糀)糀を低温で乾燥、石臼で製粉しました。簡単手軽に本物の発芽食品が楽しめます。


7,500円 【オリジナル山野の楽刺繡入りがま口ポーチ】
     福岡県嘉麻市山田にある雑貨屋ココメシオ制作


9,500円 【フォトブック 24ページ】
     山野の楽の前夜祭と当日の写真をフォトブックにして送らせていただきます


15,000円 【フォトブック 32ページ】
     山野の楽の前夜祭と当日の写真をフォトブックにして送らせていただきます


30,000円 【購入された金額とお名前を山野の楽公式ホームページ・インスタグラムに掲載】
     【お礼のメール】
      かなりの長文で!
     【フォトブック 24ページ】
     山野の楽の前夜祭と当日の写真をフォトブックにして送らせていただきます
     【前夜祭松明(たいまつ)予約券】


50,000円 【購入された金額とお名前を山野の楽公式ホームページ・インスタグラムに掲載】
     【お礼のメール】
      かなりの長文で!
     【フォトブック 32ページ】
     山野の楽の前夜祭と当日の写真をフォトブックにして送らせていただきます
     【前夜祭松明(たいまつ)予約券】


100,000円 【購入された金額とお名前を山野の楽公式ホームページ・インスタグラムに掲載】
     【お礼のメール】
      かなりの長文で!
     【フォトブック 40ページ】
     山野の楽の前夜祭と当日の写真をフォトブックにして送らせていただきます
     【前夜祭松明(たいまつ)予約券】



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・資金の使途

今回皆さまにご支援いただいた資金は、神社のライトアップに必要な照明機材費、「山野の楽」の開催費、集客を行なう上で必要な広告費、協賛グッズ制作・開発費に充てさせていただきます。
協賛グッズはすべて嘉麻市の農家さんや業者さんの協力のもとに開発いたします。

照明機材費:700,000円
協賛グッズ開発費:100,000円
開催費:300,000円
CAMPFIRE手数料(税込み):154,000円

必要金額合計:1354,000円


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・最後に

地元嘉麻市山野の魅力を一人でも多くの人に知ってほしい!地元嘉麻市山野を盛り上げたい!の一心でこのプロジェクトを立ち上げました。
775年続いたこの伝統あるお祭りを自分たちの代で絶やすことなく、後世に残していきたいと思っています。
皆様のお力が必要です。どうか、温かいご支援のほどよろしくお願いいたします!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください