気づいて生き、気づいて死ぬータイ・カンポンさんの追悼本&沖縄イベント!

集まった支援総額
¥334,000
パトロン数
40人
募集終了まで残り
終了

現在33%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2017/05/09に募集を開始し、40人の支援により334,000円の資金を集め、2017/06/14 23:59に募集を終了しました

突然の事故で全身麻痺となったタイのカンポンさん。失意の底で「仏教&気づきの瞑想(マインドフルネス)」に出会い、体に障害はあっても心に障害を持つ必要はない!」と気づき多くの人に希望を与える存在に。昨年ガンにより逝去。彼の追悼本とゆかりの方を日本に招いての追悼イベント実現のため、サポートをお願いします!

▼はじめまして 浦崎雅代です。

 私はフリーランスでタイ仏教や瞑想に関する翻訳・通訳をしています。

 タイ仏教を学び始めて20年が過ぎました。

▼このプロジェクトは、タイの障害者カンポンさんの生き方を紹介し、
 彼の追悼本を翻訳出版と沖縄でのイベント開催しよう!というものです。
▼カンポンさんって誰? 〜苦しみとさようなら〜

 カンポン・トーンブンヌムさん。

 彼をタイの人々は「苦しみとさよならした人」と呼びました。

 

 チャオプラヤー川に浮かぶ「船の民」として生まれ、苦学して体育の先生に。

 しかし、水泳の飛び込み事故で頸椎損傷。

 一瞬にして、一生治らない全身麻痺の障害者となってしまいました。

 仕事を失い、生きがいを失い、恋人を失い

 先の見えないどん底で苦しんでしまいます。

 

 タイと言えば仏教の国。

 カンポンさんはその苦しみを仏教の教えに見出そうと、

 本を読みあさります。

 しかし、読んでわかったような気になっても、苦しみは減らない。

 ある時「気づきの瞑想」を知り

 のちに人生の師となる森の寺のお坊さまに出会います。

 

「私のような障害者でも、修行ができますか?」

 

 お坊さまは彼に

 

「できますよ!

 呼吸があれば、修行ができます。

 ほんの少しでも体が動くところがあったら

 その動きに一瞬一瞬気づいていく。

 そうやって気づきを高めることをおすすめします」

 

 その言葉に勇気を得たカンポンさん。

 その日から気づきの瞑想をベッドの上で一人始められました。 

 1か月後、大きな変化が起こります。

 

 「障害があるのは体だけなんだ!心まで障害をもたなくてもいいんだ!」

 と、心の目で「観る」ことができるようになり

 彼の人生は180度変化!

 

 苦しみを手放して、「いま、ここ」に生きる。

 

 そんなカンポンさんの姿は、口コミで人々に徐々に伝わり

 お寺・学校・刑務所・病院などにも呼ばれ

 ラジオ・テレビ・映画にもなり、タイでとても有名になりました。

 

 彼の自叙伝&瞑想体験を語ったタイ語での本もあり、2007年に

『「気づきの瞑想」で得た苦しまない生き方』(佼成出版社)として

 日本でも出版され、第4版になりました。

 

 さらに、インド・中国へも瞑想指導に行き

 2013年には日本(沖縄)でも講演・瞑想会が開催されました。

 

 しかしその後、事故の際の輸血が原因と思われる

 肝炎を発症され、肝硬変、肝臓がんと病が進行し末期と診断されます。

 ですが、もう既に体の苦しみを心まで苦しませない達人のカンポンさんは

 すぐにありのままを受け入れ、適切なケアを受けながら

 最期まで苦しむことなく旅立たれました。

 

 瞑想やマインドフルネス、今ここに生きる!

 などがブームとなりつつある日本。

 しかし、仏教・瞑想の本場タイで、

 瞑想によって一般の人々に

 どんな影響をあるのかを知る人は、あまりいません。

 

 カンポンさんは、お坊さんではありませんが

 お坊さんが悩み事を相談に来るほどに信頼され

「苦しまない」生き方を貫かれていきました。

 

 そんなカンポンさんの珠玉の言葉が書かれた追悼文

『苦しみなき日々の記憶』

  彼のことばや説法、善き友たちからのメッセージを翻訳出版し、

 6月に沖縄でタイの方を招いての追悼イベントを予定しています。

 

 彼の言葉を、ちょこっとご紹介。。

 体に痛みが生じること、それは自然なことです

体は痛みがあっても、心まで痛む必要はありません

なぜなら、体と心は別物だからです

 

痛みを痛みとして、痛みを観る人になり

痛みそのものの人とならないこと

そうすれば、体の痛みに心にまで

侵されることはありません

 

 

 彼の言葉、もっと読んでみたくなりませんか?

 

心がホッと、楽に生きられるヒントがいっぱいです。

 

本の出版及びイベント開催の二本立てに挑戦です!

 

応援、よろしくお願いします!

            

▼資金の使い道

  目標資金は100万円。

 

  まずは半分の50万円を本の制作に当てます。

  タイでのカラー印刷が1冊500円ほどかかると見込んで

  1000冊が目標です。

 

  残りの50万円は

  6月にタイの方8名(カンポンさんを看取ったお坊さんを含む)を

  お連れしての「カンポンさんメモリアルイベント」を

  沖縄で開催するため、その資金として活用します。

      

▼リターンについて

リターンは

 3000円から10万円までの6種類です。

 

 サポートしてくださった全ての方に

 翻訳した完成本をお送りします。(送料込み)

 それ以外にもカンポンさんにちなんだ

 グッズやイベントへのご招待など

 数々のリターンを用意しております。

 

 ▼最後に

 

 体がどんな状態であっても

 心は苦しまずに自由でいられる選択ができる!

 

 私は、この本を

 体や心に何らかの苦しみを抱えたり

 愛する人を失ったり、人生に迷いを感じている方たちに

 お届けしたいと思っています。

 

 カンポンさんの生き方から

 今ここを生きるヒントをつかんでいただきたい。

 

 私自身、彼の生き方に触れ、死のプロセスによりそって

 深く学ぶものがありました。

 こんな生き方があるんだ、、

 タイからの風をぜひお届けしたいと思います。

 

 どうぞよろしくお願いします。