Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

視覚障害者と関わる人のメディア「Spotlite」で全国に情報を発信し続けたい

パトロン数
15人

このプロジェクトは、コミュニティ方式(定額課金制)です。
選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

視覚障害者と関わる人のメディア「Spotlite」の情報発信を継続して、全国の必要な人に必要な情報を届けたい。

【Spotliteとは】

視覚障害者と関わる人のメディアです。

2019年4月から、「視覚障害」と「自分だけが知っているのはもったいないと思うこと」を共通項に、以下のカテゴリ―で情報を発信しています。

* インタビュー 視覚障害者や関わる人の思考や経験を本人の言葉でお伝えします。

* 豆知識 日常生活の中で役に立ちそうな情報をご案内します。

* 突撃レポ 視覚障害に関わる施設やイベントをご紹介します。

* コラム 色々な視点から感じたことを自由に発信します。


サイトはコチラからご覧ください。


【自己紹介】

こんにちは。Spotlite(スポットライト)発起人の高橋昌希です。私は現在、ガイドヘルパーの仕事や障害者スポーツを通して、視覚障害者と関わっています。

振り返れば、何の目的もなく過ごしていた大学時代、ベトナムから来た全盲の留学生と関わったり60代の女性に点字を教える機会をきっかけに視覚障害者に興味を持ちました。

その後、視覚障害者支援の専門職を養成する専門学校を経て、神奈川県内の福祉施設に勤務。2018年4月からガイドヘルパーの仕事をしています。

視覚障害者との普段話している内容を多くの人に知ってほしいという思いから、Webサイトで情報を発信しています。
障害を理解するとか誰かの役に立つとかそんなことは分からないけど、単純に知ってほしいなと思っています。

よりよい情報を発信できるよう尽力していきますので、よろしくお願いします。



【支援のお願い】

立ち上げから現在まで、寄付で運営しています。
しかし、定期的な収入はなく、あと数ヶ月で底をつきてしまいます。

これからも記事を公開していくためには、継続した資金が必要です。
皆様からいただいたご支援は、視覚障害に関連する情報を取材し、必要な人に届けるため、下記の用途で活用させていただきます。

・取材、記事制作にかかる諸経費(交通費等)
・Webサイト維持、管理

趣旨に賛同していただける方は、ご協力いただければ幸いです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください